Faculty of Medicine高齢医学教室

教室専任教員

教授
准教授
助教

教室概要

高齢医学教室は老年医学を専門とする講座として1983年に開設されました。高齢医学教室の使命は、(1)永く元気で暮らすこと”健康寿命の延伸”(予防医学)、(2)肺炎、心不全など急病になった際の治療(急性疾患の医療の提供、管理)、(3)生活に介助が必要になった方々に対して介護・福祉(介護保険、地域資源の効率的な利用)を提供するための橋渡し、(4)重病や高度な認知症などのために心身の廃用が進み、遠からず最期を迎えるであろう方々にどのような医療、看護、介護を提供するか(社会学や哲学の要素が入ってきます)を社会に提供することです。このように高齢医学は多くの知識と経験が必要な専門分野です。我々の目標は、高齢者の生活への満足(well-being)を探求することです。

教育の特色

老年医学を専攻する教室は日本の大学のなかで限られており、多くの大学では非専門の教員が老年医学教育に従事しているのが実情です。杏林大学医学部高齢医学教室は東京大学医学部老年病学教室と並ぶ数少ない単独の老年医学教室であり、老年医学教育の重要拠点です。

当教室では鳥羽前教授が普及に尽力した高齢者総合機能評価(CGA)を柱として、多病で心身の機能が衰えた高齢者を「病気だけでなく、人間として見る」教育を最も大切にしています。そのためには、CGAや心身の機能の衰えを評価するサルコペニア・フレイルの概念や対処法、サルコペニア・フレイルに至る過程として重要な摂食嚥下障害、低栄養、認知症などについて教育するよう心がけています。

社会的活動

生活機能低下の予防は重要で、寝たきりに至る三大疾患である、脳血管障害、認知症、転倒・骨折の予防のために、「高齢診療科外来」で先進的な動脈硬化の非侵襲的検査を、また「もの忘れセンター」では認知症の早期発見と治療、地域との医療連携を行っています。転倒については適切な評価と指導に努めています。病棟では主に急性期医療を行っており、肺炎、尿路その他の感染症や心不全などの疾患を治療していますが、認知症や摂食嚥下、生活機能に障害を合併している場合、これらの疾患を管理し、退院後の療養にまで配慮して診療を行っています。

高齢診療科(高齢医学教室の診療部門)の治療のゴールは病気の回復だけでなく、日常生活が自立して行えるようにすることです。そのため、生活機能を総合的に評価する必要があり、日常生活自立度、認知機能、うつ状態、生活意欲などを定量的に評価し、それをもとに診療方針を決めています。

もの忘れ外来では、同じく総合機能評価を行い、認知症の精査と治療、生活上のアドバイスを行っています。もの忘れ外来は東京都認知症疾患医療センターとしても機能しており、北多摩南部6市(三鷹、武蔵野、調布、小金井、府中、狛江各市)と連携して認知症の地域診療を行っています。とりわけ、かかりつけ医対象研修、看護師対応力向上研修を年複数回開催し、認知症支援のための地域力向上に尽力しています。

学会活動としては、日本老年医学会、日本認知症学会、日本サルコペニア・フレイル学会などで様々な活動を行っています。

研究テーマ

当教室ではより良質な高齢者医療を提供するために次の研究を行っています。

「AI を用いたチャットボットによる高齢者に対する情緒的支援に関する研究」、「コグニティブフレイルの臨床的意義解明のための総合研究」、「高齢者肺炎における、DPP-IV阻害剤のpros and cons」、「最新の脳血管機能評価法の認知症への応用」、「フレイル高齢者のレジストリ研究及びロコモ、サルコペニアを含めた病態解明及び予防介入法の確立を目指した臨床ならびに関連研究」などです。

近年の主な業績

  1. 神﨑恒一:COVID-19による認知的フレイルへの対応.日本サルコペニア・フレイル学会誌 5(1):55-59.2021.
  2. Ebihara T, Yamasaki M, Kozaki K, Ebihara S:Medical aromatherapy in geriatric syndrome.Geriatr Gerontol Int 21(5).377-385.2021.
  3. Ebihara T,Miyamoto T,Kozaki K:Prognostic factors of 90-day mortality in older people with healthcare-associated pneumonia.Geriatr Gerontol Int 20(11):1036-1043,2020.
  4. 神﨑恒一:フレイルの定義・診断.日本医師会雑誌 148(8):1471-1473,2019.
  5. Miyamoto T, Ebihara T, Kozaki K:The association between eating difficulties and biliary sludge in the gallbladder in older adults with advanced dementia, at end of life.PLOS ONE 14:e0219538,2019.
  6. 神﨑恒一:認知機能低下とフレイルおよび認知症と転倒.Aging&Health 30(4).10-13.2022.
  7. Ebihara T ,Yamasaki M,Kozaki K, Ebihara S:Medical aromatherapy in geriatric syndrome.Geriatr Gerontol Int.21(5).377-385.2021.
  8. Ebihara T,Gui P,Ooyama C,Kozaki K, Ebihara S:Cough reflex sensitivity and urge-to-cough deterioration in dementia with Lewy bodies.ERJ Open Res,2020.
  9. 神﨑恒一:東京都における認知衣装疾患医療センターの活動と課題 北多摩南部の活動-多彩な専門性と協調性-.老年精神医学雑誌 30(12):1315-1325,2019.
  10. 神﨑恒一:サルコペニアの診断:現時点でどの診断基準を用いるべきか EWGOP2基準.日本サルコペニア・フレイル学会誌 3(1):21-26,2019.