大学ホーム医学部教室紹介呼吸器・甲状腺外科学教室

呼吸器・甲状腺外科学教室

教室専任教員

教授 近藤 晴彦 平野 浩一 宮 敏路
准教授 田中 良太
講師 長島 鎮 橘 啓盛 須田 一晴
助教 中里 陽子 三ツ間 智也 吉田 勤
  渋谷 幸見

教室概要

当教室は1993年より呉屋朝幸教授のもと、外科学(呼吸器・消化器・乳腺・甲状腺)として始まり、現在の呼吸器・甲状腺外科学教室に至ります。また、2012年には近藤晴彦教授(呼吸器外科)が赴任致しました。2014年には平野浩一教授が赴任し、甲状腺外科にも力を入れるようになりました。

診療

呼吸器分野では原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患の診療が中心となっています。とくに原発性肺癌では、従来のCTによる画像診断や一般的な気管支鏡の検査に加え、超音波気管支鏡(EBUS)による低侵襲かつ確実なリンパ節転移診断を行い、適切な治療方針の決定に努力しています。外科治療分野では、小型・早期発見症例には胸腔鏡を使用した低侵襲手術を適応し、進行した症例には術前化学療法の併用、拡大切除の技術を有し、経験も豊富です。
甲状腺外科においては、病理部との密な連携により的確な初期診断を可能とし、甲状腺腫瘍や副甲状腺腫瘍はもとよりバセドー病などの非腫瘍性疾患の手術治療も手がけております。また、頭頚部領域の腫瘍に対しても対応が可能です。縦隔進展型の甲状腺腫瘍に対しては、呼吸器外科的な技術を生かした外科治療を実践しております。
また、癌症例の終末期医療にも力をいれており、緩和ケアチーム・地域医療連携室などとの連携により、患者様のQOLの向上・維持、また高度なケアに重点を置いています。

臨床研究

呼吸器:当教室は日本肺癌学会・日本呼吸器外科学会・日本呼吸器学会合同で設立された全国肺癌登録合同委員会の初代の事務局であり、全国の肺癌切除例の成績調査を実行して参りました(現在は大阪大学に事務局が移転)。そして、超音波気管支鏡(Endobronchial Ultrasonography: EBUS)による縦隔リンパ転移の研究、肺末梢小型肺癌病変に対する早期診断の研究、開胸手術後の侵襲度を定量的に評価する血中サイトカインの変動に関する研究、再発・進行肺癌に対する分子標的治療を的確に行うための遺伝子変異に関する研究、自然気胸手術の再発を減少させるための新しい病巣確認法の研究、原発性肺腺癌術後症例に対する新たな病理学的予後因子研究、気管支鏡下生検とCT下生検における迅速細胞診の有用性に関する研究、各種生検によりえられた検体(材料)を用いた遺伝子解析の研究など多数の研究を行っています。

教育

学生教育には通常の講義の他、5年生のベッドサイド教育、6年生のクリニカルクラークシップに力を入れています。また、学生や研修医を対象とした呼吸器外科サマースクールやドライラボ、ウエットラボ、アニマルラボなどの学外活動も行っております。初期研修教育では、呼吸器甲状腺・一般外科領域における外科的な基礎知識と手技の修得、腫瘍学の基礎を経験させ、後期研修(3年目以降)では外科(消化器・呼吸器甲状腺・乳腺)レジデントとして、より高度な内容(自然気胸、早期肺癌、小型縦隔腫瘍の外科治療の実践)を修得させます。また、国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院、静岡がんセンター、群馬県立がんセンターをはじめとする高度な技術を習得するための専門医療機関への出張研修や、外科専門医を取得するための一般病院への出張も可能です。

近年の主な業績

  1. Kawachi R, Matsuwaki R, Tachibana K, Karita S, Nakazato Y, Tanaka R, Nagashima Y, Takei H, Kondo H: Thoracoscopic modified pleural tent for spontaneous pneumothorax. Interact Cardiovasc Thorac Surg 23. 190-194, 2016.
  2. Takei H, Kondo H, Miyaoka E, Asamura H, Yoshino I, Date H, Okumura M, Tada H,Fujii Y, Nakanishi Y, Eguchi K, Dosaka-Akita H, Kobayashi H, Sawabata N, Yokoi K. Surgery for small cell lung cancer: a retrospective analysis of 243 patients from Japanese Lung Cancer Registry in 2004. J Thorac Oncol. 2014;9:1140-1145.
  3. Matsuwaki R, Ishii G, Zenke Y, Neri S, Aokage K, Hishida T, Yoshida J, Fujii S, KondoH, Goya T, Nagai K, Ochiai A. Immunophenotypic features of metastatic lymph node tumors to predict recurrence in N2 lung squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2014;105:905-911.
  4. Tanaka R, Nakazato Y, Horikoshi H, Tsuchida S, Yoshida T, Nakazato Y, Tachibana K,Kondo H, Goya T. Diffusion-weighted imaging and positron emission tomography in various cytological subtypes of primary lung adenocarcinoma. Clin Imaging. 2013;37:876-883.
  5. Tachibana K, Nakazato Y, Tsuchida S, Kazama T, Minato K, Yoshida T, Fujita A,Horikoshi H, Tanaka R, Iijima M, Goya T. Immediate cytology improves accuracy and decreases complication rate in real-time computed tomography-guided needle lung biopsy. Diagn Cytopathol. 2013;41:1063-1068.
このページのトップへ

PAGE TOP