大学ホーム医学部教員紹介土岐 真朗

教員紹介:土岐 真朗

氏名
 
土岐 真朗
トキ マサオ TOKI, Masao
職位 講師
学内の役職・委員等 消化器内科 病棟医長
2-5病棟 病棟医長
がんセンター運営委員
内視鏡室運営委員
医学教育室PBL室担当委員
M5医学部生副担任
内視鏡センター設立運営委員会委員
所属教室 消化器内科学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 内科学分野(消化器内科学)
担当科目(学部) 医学部3年 消化器病学 膵炎
医学部6年 消化器病学 胆道疾患、膵疾患
専門分野 胆膵疾患の診断・治療
研究テーマ 膵癌早期発見
胆道3Dナビゲーションを用いたERCP関連手技
略歴 1999年杏林大学医学部付属病院研修医、2001年社会福祉法人浅草寺病院内科出向、2002年NTT東日本関東病院消化器内科出向、2003年杏林大学医学部 第三内科学教室にて研究に従事し、現在に至る。
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化管学会胃腸科指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝臓学会専門医
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会指導医
日本消化器内視鏡学会 関東支部例会評議員
日本消化器内視鏡学会 学術評議員
日本消化器病学会 関東支部例会評議員
日本消化器病学会 学会評議員
日本高齢消化器病学会 社員評議員
日本胆道学会 評議員
論文・著書等を含む主要研究業績 Masao Toki, Hidekatsu Tateishi, Tsubasa Yoshida, Koichi Gondo, Shunsuke Watanabe and Tadakazu Hisamatsu: Utilization of a new technology of 3D biliary CT for ERCP-related procedures: a case report, BMC Gastroenterology 20, 158, 2020.https://doi.org/10.1186/s12876-020-01304-0

Pharmacokinetic-pharmacodynamic comparison of ceftriaxone regimens in acute cholangitis.
Toki M, Yamaguchi Y, Goto T, Yoshida T, Ota H, Ochiai K, Gondo K, Watanabe S, Kurata I, Hisamatsu T. J Infect Chemother. 2019 May 23. pii: S1341-321X(19)30098-4.

土岐真朗、山口康晴、高橋信一:午後施行する上部消化管内視鏡検査の可能性、日本消化器病学会雑誌、52:1、21-27

土岐真朗、古瀬純司、倉田勇、内田康仁、田部井弘一、畑英行、蓮江智彦、平野和彦、中村健二、鈴木裕、山口康晴、阿部展次、大倉康男、杉山政則、石田均、高橋信一:膵癌のリスクファクターとしての糖尿病、膵臓、27:153-157、2012

土岐真朗、山口康晴、楠原光謹、太田博崇、落合一成、権藤興一、新井健介、渡邉俊介、神保陽子、大野亜希子、倉田勇、畑英行、蓮江智彦、中村健二、徳永健吾、両角克朗、森秀明、久松理一、高橋信一:後期高齢者におけるERCP関連手技の腸管蠕動抑制薬投与法の検討、日本高齢消化器病学会誌、18:2、19-24、2016
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本膵臓学会、日本胆道学会、日本肝臓学会、日本高齢消化器病学会、日本消化管学会
学外活動 佐賀大学医学部 非常勤講師
高齢消化器病学会 胆石症ガイドライン作成委員
関連サイト http://kyorin-gastro.com/
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP