Faculty of Medicine教員紹介:竹内 弘久

氏名
竹内 弘久
タケウチ ヒロヒサ
職位講師
所属教室消化器・一般外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 外科学分野(消化器・一般外科学)
専門分野上部消化管内視鏡・腹腔鏡治療
研究テーマ・内視鏡治療器具の開発
・早期胃癌における未分化型混在比率の病理学的定量測定法の確立
略歴1997年5月杏林大学医学部 外科学教室(消化器・一般) 研修医
1999年4月杏林大学医学部 外科学教室(消化器・一般) 専攻医
2015年4月杏林大学大学院医学研究科(外科系外科学 専攻)卒業
2016年4月杏林大学医学部 外科学教室(消化器・一般) 任期助教
2020年4月杏林大学医学部 消化器・一般外科学教室 学内講師
2020年4月杏林大学医学部 消化器・一般外科学教室 学内講師
2020年4月杏林大学医学部 消化器・一般外科学教室 学内講師
2021年4月杏林大学医学部 消化器・一般外科学教室 講師
所有する学位博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医 消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医 
日本消化器病学会専門医
日本腹部救急医学会認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1)特許取得:着脱可能な内視鏡用処置フード 登録番号5385079 (2013.10)
2)Takeuchi H,Abe N,Hashimoto Y,et at :Establishment of Pathological Quantitative Method for Determining Undifferentiated Component Ratio in Patients with Differentiated/Undifferentiated Mixed―Type Early Gastric Cancer and Clinical Significance of This Ratio. Gastric Cancer.2018;21:661―671
3)Takeuchi H, Abe N,Kondou E,Tsurumi M,Hashimoto Y, Ooki A, Nagao G, MasakiT, Mori T, Sugiyama M: Endoscopic self-expandable metal stent placement for malignant afferent loop obstruction caused by peritoneal recurrence after ttal gastrectomy.Int Canc Conf J. 2018;7:98―102
4)竹内 弘久, 小島 洋平, 鶴見 賢直, 橋本 佳和, 大木 亜津子, 長尾 玄, 阪本 良弘, 須並 英二, 阿部 展次:胃癌・十二指腸癌に対する金属ステント留置術の適応と成績. 外科 83:881―886, 2021.
所属学会日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本胸部外科学会
日本腹部救急医学会
日本食道学会
日本胃癌学会
日本ヘルニア学会
ひとことメッセージ低侵襲な治療と医療器具の開発を含め、追求しています。

TEST