Faculty of Medicine教員紹介:井本 滋

氏名
井本 滋
イモト シゲル IMOTO, Shigaru
職位教授
学内の役職・委員等診療情報管理室長 高難度新規医療技術評価室長
所属教室乳腺外科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 外科学分野(乳腺外科学)
担当科目(学部)乳腺外科学
担当科目(大学院)乳腺外科学
専門分野腫瘍外科学 腫瘍免疫学
研究テーマセンチネルリンパ節生検の臨床試験 
宿主癌免疫動態の解明 
バイオマーカーによる乳癌治療の個別化 
ラジオ波焼灼治療による非切除治療の開発  
希少転移乳癌の局所及び全身療法に関する国際共同後向きコホート研究
略歴1985年 慶應義塾大学医学部卒
1985年 慶應義塾大学病院外科
1986年 日本鋼管病院外科
1987年 国立大蔵病院外科
1988年 慶應義塾大学病院外科
1991年 足利赤十字病院外科
1992年 医学博士取得
1992年 国立がんセンター東病院乳腺科
2001年 同乳腺科医長
2007年 現職
所有する学位博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等日本外科学会専門医・指導医 日本乳癌学会専門医・指導医 日本がん治療認定医  
論文・著書等を含む主要研究業績 論文
1.Imoto S, Mitani F, Enomoto K, Fujiwara K, Ikeda T, Kitajima M, Ishimura Y: Influence of estrogen metabolism on proliferation of human breast cancer. Breast Cancer Res Treat 1997; 42(1):57-64.
2.Imoto S, Hasebe T: Initial experience with sentinel node biopsy in breast cancer at the National Cancer Center Hospital East. Jpn J Clin Oncol 1999; 29(1):11-15.
3.Imoto S, Wada N, Hasebe T, Ochiai A, Kitoh T: Serum c-erbB-2 protein (ErbB-2) is a useful marker for monitoring tumor recurrence of the breast. Int J Cancer 2007;120(2):357-361.
4.Imoto S, Wada N, Sakemura N, Hasebe T, Murata Y: Feasibility study on radiofrequency ablation followed by partial mastectomy for stage I breast cancer patients. The Breast 2009;18(2):130-134.
5.Imoto S, Yamauchi C, Komoike Y, Tsugawa K, Yotsumoto D, Wada N, Ueno T, Oba MS, Shien T, Sugae S, Tsuda H, Yoneyama K: Trends in axillary treatment for breast cancer patients undergoing sentinel lymph node biopsy as determined by a questionnaire from the Japanese Breast Cancer Society. Breast Cancer. 2017;24(3):427-432.

著書
「乳がん」と向き合う(土屋書店)
「乳がん予防・治療・再発防止がよくわかる本」(土屋書店)
「乳がんがよくわかる本」(つちや書店)
所属学会日本外科学会(理事)日本乳癌学会(理事長) 日本癌治療学会(理事)日本がん治療認定医機構(理事)日本臨床外科学会(評議員)Sentinel Node Navigation Surgery研究会(代表世話人)Federation of Asian Clinical Oncology(理事)Breast Surgery International(理事) Senologic International Society(理事)
公的な委員会等の役員・委員歴社会保障審議会統計分科会傷害及び死因分類専門委員会(2016年~)
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(2018年~)
ひとことメッセージ乳癌は日本人女性の悪性疾患の第1位であり、9人に1人がその生涯で罹患するとされます。当教室は平成19年度に開設され、理念として真「腫瘍学の真理の探求」、善「謙虚な人材の育成」、美「アートとしてのがん治療の創造」を掲げ活動しています。乳がんの診断から治療まで興味のある医学生、研修生、若手医師の方は、乳がん克服のため是非一緒に働きましょう。

TEST