Faculty of Medicine教員紹介:慶野 博

氏名 慶野 博
ケイノ ヒロシ
職位教授
所属教室眼科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 眼科学分野
担当科目(学部)眼科学
担当科目(大学院)眼科学
専門分野眼炎症性疾患
研究テーマぶどう膜炎の病因解明と新規治療法の開発
略歴1995年 東京医科大学卒業
1999年 東京医科大学大学院修了
2007年 杏林大学医学部眼科学教室講師
2011年 杏林大学医学部眼科学教室准教授
2021年 杏林大学医学部眼科学教室臨床教授
所有する学位博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等日本眼科学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 Ando Y, Keino H, Inoue M, Hirota K, Takahashi H, Sano K, Koto T, Sato T1, Takeuchi M1, Hirakata A (1 National Defense Medical College):Circulating Vitreous microRNA as Possible Biomarker in High Myopic Eyes with Macular Hole. Int J Mol Sci. 2022. doi: 10.3390/ijms23073647.

Nakayama M, Keino H, Watanabe T, Okada AA: Prognostic value of subfoveal choroidal thickness in new-onset acute Vogt-Koyanagi-Harada disease. Clin Exp Ophthalmol. 2022 doi: 10.1111/ceo.14088. ( Web公開)

Keino H, Watanabe T, Nakayama M, Komagata Y, Fukuoka K, Okada AA:Long-term efficacy of early infliximab-induced remission for refractory uveoretinitis associated with Behçet's disease. Br J Ophthalmol. 105(11):1525-1533, 2021. doi: 10.1136/bjophthalmol-2020-316892.

Sato Y, Keino H, Nakayama M, Kano M, Okada AA:Effect of In Vivo Expansion of Regulatory T Cells with IL-2/anti-IL-2 Antibody Complex Plus Rapamycin on Experimental Autoimmune Uveoretinitis. Ocul Immunol Inflamm. 29(7-8):1520-1529, 2021. doi: 10.1080/09273948.2020.1757119.
所属学会日本眼科学会、日本眼炎症学会(理事)、
日本網膜硝子体学会、日本臨床免疫学会
ひとことメッセージ現在の情報化社会では、これまで以上に視覚から大量の情報を入手するようになっています。
眼を通じて患者さんのQOL維持、改善のお役に立ちたいと考えています。

TEST