Faculty of Medicine教員紹介:菅原 大介

氏名 菅原 大介
スガハラ ダイスケ SUGAHARA, Daisuke
職位助教
所属教室顕微解剖学
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 器官構築学分野(顕微解剖学)
専門分野組織細胞化学、糖鎖生物学、グライコプロテオミクス
研究テーマ糖鎖関連分子の組織細胞化学的解析
腸管上皮細胞の分化制御機構に関する研究
略歴1999年3月 東京大学薬学部薬学科卒業
2004年3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了、学位取得
所有する学位博士(薬学)
論文・著書等を含む主要研究業績 【原著論文】
1. Daisuke Sugahara, Yuka Kobayashi, Yoshihiro Akimoto, Hayato Kawakami: Mouse intestinal niche cells express a distinct {alpha}1,2-fucosylated glycan recognized by a lectin from Burkholderia cenocepacia, Glycobiology, 27, 246-253, 2017. doi: 10.1093/glycob/cww116

2. Daisuke Sugahara, Azusa Tomioka, Takashi Sato, Hisashi Narimatsu, Hiroyuki Kaji: Large-scale identification of secretome glycoproteins recognized by Wisteria floribunda agglutinin: A glycoproteomic approach to biomarker discovery. Proteomics, 15, 2921-2933, 2015.

3, Daisuke Sugahara, Hiroyuki Kaji, Kazushi Sugihara, Masahide Asano & Hisashi Narimatsu: Large-scale identification of target proteins of a glycosyltransferase isozyme by Lectin-IGOT-LC/MS, an LC/MS-based glycoproteomic approach. Scientific Reports, 2, 680, 2012.

4, Hiroyuki Kaji, Toshihide Shikanai, Akiko Sasaki-Sawa, Honglin Wen, Mika Fujita, Yoshinori Suzuki, Daisuke Sugahara, Hiromichi Sawaki, Yoshio Yamauchi, Takashi Shinkawa, Masato Taoka, Nobuhiro Takahashi, Toshiaki Isobe & Hisashi Narimatsu: Large-scale identification of N-glycosylated proteins of mouse tissues and construction of a glycoprotein database, GlycoProtDB. Journal of Proteome Research, 11, 4553-4566, 2012.

5, Junko Amano, Daisuke Sugahara, Kenji Osumi & Koichi Tanaka: Negative-ion MALDI-QIT-TOFMSn for structural determination of fucosylated & sialylated oligosaccharides labeled with a pyrene derivative. Glycobiology, 19, 592-600, 2009.

6, Junko Amano, Minako Osanai, Takahiro Orita, Daisuke Sugahara & Kenji Osumi: Structural determination by negative-ion MALDI-QIT-TOFMSn after pyrene derivatization of variously fucosylated oligosaccharides with branched decaose cores from human milk. Glycobiology, 19, 601-614, 2009.

7, Daisuke Sugahara, Junko Amano & Tatsuro Irimura: Fluorescence labeling of oligosaccharides useful in the determination of molecular interactions. Analytical Sciences, 19, 167-169, 2003.

【著書】
「ガードナー/ハイアット組織学 アトラスとテキスト 第3 版」(2014)(翻訳)
第5章 血液と造血
第9章 リンパ組織
(メディカル・サイエンス・インターナショナル社)

【最近の競争的資金獲得】
1, 令和元年-令和4年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤C)採択(研究代表)
「幹細胞制御におけるニッチ細胞の糖鎖多様性に関する研究(研究課題番号19K07275)」

2, 平成27-29年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(若手B)採択(研究代表)
「腸管における糖タンパク質の多様性と機能に関する組織化学的研究(研究課題番号15K18959)」

3 , 平成27年度地神芳文記念研究助成金 採択(研究代表)

【特許】
特許5331293 号
「多様性を表現するオリゴ糖又はその誘導体」
発明者:天野純子、菅原大介
所属学会日本解剖学会、日本組織細胞化学会、日本生化学会、日本糖質学会、日本薬学会、日本顕微鏡学会
ひとことメッセージ顕微解剖学部門のウェブサイトをご覧下さい
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/anat2/

TEST