大学ホーム医学部教員紹介里見 介史

教員紹介:里見 介史

氏名
 
里見 介史
サトミ カイシ SATOMI, Kaishi
職位 講師
所属教室 病理学
専門分野 人体病理学
研究テーマ 脳腫瘍の組織形態学的および分子生物学的解析、およびDNAメチル化プロファイルの病理診断への応用
略歴 2006年 筑波大学医学専門学群卒業
2008年 筑波大学附属病院初期研修修了
2012年 筑波大学大学院人間総合科学研究科修了
2013年-2014年 筑波大学医学医療系 助教
2014年-2016年 国際がん研究機関 ポストドクトラルフェロー
2016年-2021年 国立がん研究センター病理診断科 医員
2021年- 杏林大学医学部 病理学教室
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本病理学会病理専門医
日本病理学会分子病理専門医
日本病理学会研修指導医
細胞診専門医
死体解剖資格
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Satomi K, et al. 12p gain is predominantly observed in non-germinomatous germ cell tumors and identifies an unfavorable subgroup of central nervous system germ cell tumors. Neuro Oncol. 2021.
2) Takami H, Satomi K, et al. Low tumor cell content predicts favorable prognosis in germinoma patients. Neurooncol Adv. 2021.
3) Yoshida A, Arai Y, Satomi K, et al. Identification of novel SSX1 fusions in synovial sarcoma. Mod Pathol. 2021.
4) Fujimoto K, Arita H, Satomi K, et al. TERT promoter mutation status is necessary and sufficient to diagnose IDH-wildtype diffuse astrocytic glioma with molecular features of glioblastoma. Acta Neuropathol. 142(2):323-338, 2021.
5) Satomi K, et al. Utility of methylthioadenosine phosphorylase immunohistochemical deficiency as a surrogate for CDKN2A homozygous deletion in the assessment of adult-type infiltrating astrocytoma. Mod Pathol 34(4):688-700, 2021.


2017-20年 科研費若手(B)・代表 計416万円
2013-14年 科研費若手(B)・代表 計364万円
所属学会 日本病理学会(評議員)
日本臨床細胞学会
日本癌学会
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍病理学会
日本神経病理学会
日本小児病理研究会
American Association for Cancer Research
公的な委員会等の役員・委員歴 第31回日本医学会総会学術委員会U40委員(副委員長)
ひとことメッセージ 病理学とは病(やまい)の理(ことわり)を知るための学問です。病気の原因を知ることで、患者の治療へつながるよう、正確な病理診断と病理学研究を両立したいと思います。
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP