Faculty of Medicine病理学教室

教室専任教員

教授
教授(特任)
講師
助教

教室概要

病理学教室は基礎医学と臨床医学の2つの領域を担当し、教室員全員で教育、研究及び病院での病理診断業務を行っています。

病理学は、基礎医学の中でも比較的長い歴史をもつ学問分野で、身体に生じる様々な変化について、その特徴や原因を解き明かすことを目的としています。従来からの形態学に基盤を置きつつ、分子生物学的手法も駆使して様々な病気の病因・病態の解明を目指しています。

病院では、患者さんの病気の「病理診断」を行っています。患者さんから採取された組織や細胞を対象に、主に顕微鏡を通して得られる形態所見に基づいて、病気の確定診断をくだし、治療に関わる重要な情報を臨床医に提供しています。

学生教育では基礎・臨床を含む病理学分野の教育に携わっています。

教育の特色

3年生から6年生までの学生教育を担当しています。3年生は病理学総論・各論の講義や実習を通して、様々な病気の成り立ちや形態について学びます。4年生から5年生にかけてのベッドサイド教育では、病院で診断された実際の症例を検討しながら、病理診断の実践について理解を深めます。5・6年生の希望者を対象としたクリニカルクラークシップでは、研修医と同等の内容で集中的に病理診断を学びます。

また、学年を問わず希望者を対象として、病理診断や病理学分野の研究についての「自由研究プログラム」を提供しており、個々の希望に応じた課題に取り組んでもらっています。

社会的活動

教室員全員が日本病理学会等の学会に所属し、様々な学術成果の発信を通して基礎医学の発展に貢献しています。また、質の高い病理診断の提供を通して医療面でも社会に貢献を行っており、他施設からのコンサルテーションにも積極的に対応しています。

研究テーマ

中枢神経系腫瘍の分子病理学

柴原純二、里見介史
中枢神経系腫瘍の診療に寄与するため、ゲノム・エピゲノムの両側面から研究に取り組んでいます。他施設との共同研究も行っています。

消化器領域

林玲匡、北濱圭一郎(大学院生)、柴原純二
消化器腫瘍(膵癌、胃癌など)の臨床病理学的・分子病理学的研究に取り組んでいます。膵癌については、病理形態学的な不均一性と分子遺伝学的な不均一性の関連について、最近開発された技術(空間的遺伝子発現解析)などを用いて研究を進めています。

内分泌腫瘍領域

菅間博
内分泌腫瘍(甲状腺腫瘍、副甲状腺腫瘍、神経内分泌腫瘍)の分化増殖制御機構についての分子病理学的解析、ならびに臨床病理学的研究

呼吸器科領域

藤原正親、菅間博
肺癌を中心とする呼吸器疾患の分子病理学的解析

腎臓領域

長濱清隆
糸球体腎炎の質量分析、超微形態の解析、分子病理学的解析

近年の主な業績

  1. Satomi K, Yoshida A, Matsushita Y, Sugino H, Fujimoto K, Honda-Kitahara M, Takahashi M, Ohno M, Miyakita Y, Narita Y, Yatabe Y, Shibahara J, Ichimura K. Clinical application of a highly sensitive digital PCR assay to detect a small fraction of IDH1 R132H-mutant alleles in diffuse gliomas. Brain Tumor Pathol. 2022 in press
  2. Satomi K, Ohno M, Kubo T, Honda-Kitahara M, Matsushita Y, Ichimura K, Narita Y, Ichikawa H, Yoshida A. Central nervous system sarcoma with ATXN1::DUX4 fusion expands the concept of CIC-rearranged sarcoma. Genes Chromosomes Cancer. 2022 in press
  3. Todo T, Ito H, Ino Y, Ohtsu H, Ota Y, Shibahara J, Tanaka M. Intratumoral oncolytic herpes virus G47∆ for residual or recurrent glioblastoma: a phase 2 trial. Nat Med. 2022 in press.
  4. Todo T, Ino Y, Ohtsu H, Shibahara J, Tanaka M. A phase I/II study of triple-mutated oncolytic herpes virus G47∆ in patients with progressive glioblastoma. Nat Commun. 2022;13(1):4119.
  5. Satomi K, Takami H, Fukushima S, Yamashita S, Matsushita Y, Nakazato Y, Suzuki T, Tanaka S, Mukasa A, Saito N, Kanamori M, Kumabe T, Tominaga T, Kobayashi K, Nagane M, Iuchi T, Yoshimoto K, Tamura K, Maehara T, Sakai K, Sugiyama K, Yokogami K, Takeshima H, Nonaka M, Asai A, Ushijima T, Matsutani M, Nishikawa R, Ichimura K. 12p gain is predominantly observed in non-germinomatous germ cell tumors and identifies an unfavorable subgroup of central nervous system germ cell tumors. Neuro Oncol. 2022;24(5):834-846.
  6. Hayashi A, Hong J, Iacobuzio-Donahue CA. The pancreatic cancer genome revisited. Nat Rev Gastroenterol Hepatol. 2021;18(7):469-481
  7. Yorozu T, Nagahama K, Morii T, Maeda D, Yoshida A, Mori T, Hayashi A, Shibahara J. Myoepithelioma-like Hyalinizing Epithelioid Tumor of the Foot Harboring an OGT-FOXO1 Fusion. Am J Surg Pathol. 2021;45(2):287-290.
  8. Kitahama K, Iijima S, Sumiishi A, Hayashi A, Nagahama K, Saito K, Sasaki N, Kobayashi K, Shimizu S, Nagane M, Shibahara J. Reduced H3K27me3 levels in diffuse gliomas: association with 1p/19q codeletion and difference from H3K27me3 loss in malignant peripheral nerve sheath tumors. Brain Tumor Pathol. 2021;38(1):23-29.
  9. Bechard ME, Smalling R, Hayashi A, Zhong Y, Word AE, Campbell SL, Tran AV, Weiss VL, Iacobuzio-Donahue C, Wellen KE, McDonald OG. Pancreatic cancers suppress negative feedback of glucose transport to reprogram chromatin for metastasis. Nat Commun. 2020;11(1):4055.
  10. Hayashi A, Yavas A, McIntyre CA, Ho YJ, Erakky A, Wong W, Varghese AM, Melchor JP, Overholtzer M, O’Reilly EM, Klimstra DS, Basturk O, Iacobuzio-Donahue CA. Genetic and clinical correlates of entosis in pancreatic ductal adenocarcinoma. Mod Pathol. 2020;33(9):1822-1831.
  11. Hirokawa T, Arimasu Y, Nakazato Y, Chiba T, Fujiwara M, Kamma H. Effect of single-nucleotide polymorphism in TERT promoter on follicular thyroid tumor development. Pathol Int. 2020;70(4):210-216.
  12. Ishii J, Suzuki A, Kimura T, Tateyama M, Tanaka T, Yazawa T, Arimasu Y, Chen IS, Aoyama K, Kubo Y, Saitoh S, Mizuno H, Kamma H. Congenital goitrous hypothyroidism is caused by dysfunction of the iodide transporter SLC26A7. Commun Biol. 2019;2:270.