大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ麻酔科学教室

研究室・研究グループ紹介:麻酔科学教室

当教室では、臨床研究、基礎研究を行っています。

臨床研究

中心静脈カテーテル挿入における安全性の確立(萬教授)

中心静脈カテーテル挿入による機械的合併症およびカテーテル関連感染症は、臨床上の予後悪化および医療費の増大を招く。組織的な安全管理および感染管理を確立することによる臨床的恩恵は大きいと考えられる。Johns Hopkins 大学集中治療医 Peter Provonost の業績を見本とし、国内においても最大限の効果を発揮する安全対策を構築することが目的である。

糖尿病治療薬SGLT2阻害薬に関連した術後ケトアシドーシスに関する多施設共同前向き観察研究〜SAPKA Study〜)

糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬は最近処方数が急速に増加している。本研究は、SGLT2阻害薬の副作用であるケトアシドーシス (SGLT2 inhibitor-associated postoperative ketoacidosis: SAPKA) の周術期における発生率を明らかにするための世界初の前向き研究で、当院麻酔科を中心として国内の17大学病院が共同で行っている。本研究により今後さらなる増加が予想されるSGLT2阻害薬服用患者の周術期の安全性向上が見込まれる。

超音波ガイド下血管確保に関する臨床およびシミュレーション研究(徳嶺教授)

気道エコーの臨床およびシミュレーション研究(徳嶺教授)

糖尿病治療と術後ケトアシドーシスに関する研究(関准教授)

消化管穿孔術後患者における緑膿菌抗PcrV療法の可能性(森山准教授)

高機能シミュレーターを用いた酸素療法の評価(森山准教授)

パルスオキシメーターの低酸素血症検出精度の検討(森山准教授)

基礎研究

敗血症の新たな治療薬の開発;骨格筋におけるタンパク質のファルネシル化に着眼して(中澤准教授)

重症病態における内皮細胞機能変化の時間空間的イメージング手法による病態生理の解明(鵜澤助教)

体外循環によるミトコンドリア機能障害とプレニル化タンパク質の関与(辻助教)

アスコルビン酸合成酵素ノックアウトマウスを用いた重症病態下、内皮細胞構造・機能の観察(安藤助教)

このページのトップへ

PAGE TOP