大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ病態生理学教室

研究室・研究グループ紹介:病態生理学教室

研究グループ及び研究課題

高次神経機能や神経疾患など病態の基礎となるような生理学について、分子神経生物学からヒトにいたるまで広い視点から以下のようなテーマで研究を行っています。

ヒトでは眼球運動計測・脳波などの種々な神経生理学的手法を用いて、大脳皮質、大脳基底核などの生理的機能・高次機能を明らかにする研究を行っています。磁気刺激法により大脳皮質可塑性を誘導する研究や、その治療への応用などを目指しています。

これらを用いて、神経内科疾患、とりわけパーキンソン病などの運動障害疾患に対して様々な動作障害の生理学的基盤を明らかにするとともに、磁気刺激法を用いて症状を改善させる治療法の開発を目指しています。発達障害疾患における運動制御・感覚処理の異常を臨床的に明らかにするとともに、障害のモデル動物を用いて、社会性や感覚処理障害に関わる神経生理学的な病態基盤の理解を目指した研究を行っています。臨床の教室とも密接に協力しながら研究を進めています。

syntaxin 1Aは神経伝達物質の放出を制御しています。当教室で作製したこの遺伝子のノックアウトマウスにおいては電気生理学的に海馬長期増強の低下があり、個体レベルでは、ヒトの自閉症に類似した情動行動異常が誘起されることを見出しました。また、syntaxin 1B遺伝子のノックアウトマウスについても解析を行い、その表現型はsyntaxin 1A遺伝子のノックアウトマウスと異なることを見出しました。更にこれらの遺伝子の障害がヒト精神神経疾患に関連している可能性について研究を進めています。

研究スタッフ

専任教員

教授 寺尾 安生
講師 三嶋 竜弥
助教 中山 高宏  寺田 さとみ  渥美 剛史
特任助教 梅沢 侑実
このページのトップへ

PAGE TOP