大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ総合医療学教室

研究室・研究グループ紹介:総合医療学教室

総合医療学教室は、予防医学グループ、感染症科グループ、総合内科グループの3つのグループで構成されています。

予防医学グループ

がんや動脈硬化性疾患に代表される生活習慣病の発症予防を最終的な目標に、臨床データを多面的に解析することにより各疾患の発症や経過にかかわる因子の同定や新たな活動性マーカーの開発に取り組んでいます。疫学的な解析については公衆衛生学教室と、個々の疾患については専門の科と綿密な連携をとり研究を行っています。また、健康診断や人間ドックを通して健康行動理論をいかに実践できるかにつき医師のみならず保健師・看護師らのスタッフとともに検討を行っています。

教育の特色

当教室では、各種疾患の発症以前をターゲットとした一次予防をテーマに据えています。生活習慣病を互いに関連しあう一つの疾患群としてとらえ、メタボリック症候群を中心に、消化器、呼吸器、眼科、がんなど種々の疾患の病態生理から、臨床診断、治療、予防、それぞれの関連性を横断的に、疫学的な視点からも理解することを目標にしています。個々の疾患知識を関連付けながら整理し、一人一人の病態を包括的に捉えられるよう、各領域の専門科、公衆衛生学教室とも連携しながらの授業を行っています。また、臨床現場に立つ医療者として基本となる生命倫理、医療安全・感染対策などの必須知識、考え方に対する理解を深め、医師の社会的責任について常に考える姿勢を身に着けられるよう、初年次教育を行っています。

社会的活動

地域企業と提携し、従業員の健康診断や結果に基づく精密検査を行っています。地域の個人の方に対しても健康診断の受け入れを行っています。
また、生活習慣病の啓蒙のため市民講座などの講演活動に協力しています。

研究テーマ

  1. 日本学術振興会科学研究費助成事業/学術研究助成基金助成金基盤研究(C)
    「胃MALTリンパ腫におけるH. suisおよび胃内microbiomeの病態解析」(研究開発代表者:徳永健吾)
  2. 日本学術振興会科学研究費助成事業/学術研究助成基金助成金若手研究
    「唾液微生物叢と生活習慣病の関連についての包括的microbiome解析による検討」(研究開発代表者:三好佐和子)

近年の主な業績

  1. Rimbara E, Suzuki M, Matsui H, Nakamura M, Morimoto M, C. Sasakawa, Masuda H, Nomura S, Osaki T, Nagata N, Shibayama K, Tokunaga K:Isolation and characterization of Helicobacter suis from human stomach. Proc. Natl. Acad. Sci.USA. 2021 Mar 30;118(13):e2026337118. doi: 10.1073/pnas.2026337118.
  2. Ohno A, Miyoshi J, Kato A, Miyamoto N, Yatagai T, Hada Y, Kusuhara M, Jimbo Y, Ida Y, Tokunaga K, Okamoto S, Hisamatsu T:Endoscopic severe mucosal atrophy indicates the presence of gastric cancer after Helicobacter pylori eradication -analysis based on the Kyoto classification. BMC Gastroenterol. 2020 Jul 20;20(1):232. doi: 10.1186/s12876-020-01375-z.
  3. 三好佐和子,井田陽介,徳永健吾,山本実,岡本晋(プレナリー演題):ウエスト周囲径正常例における 脂肪肝と高分子量アディポネクチンの関連.第61回日本人間ドック学会学術大会, web開催, 2020年11月26日.
  4. 井田陽介,三好佐和子,徳永健吾,山本実,久松理一,岡本晋:過去の便潜血定量値による 大腸病変存在の予測.第61回日本人間ドック学会学術大会, web開催, 2020年11月26日.
  5. 徳永健吾,井田陽介,三好佐和子,中村英寛,東江咲乃,影山陽子,岡本 晋:人間ドック受診者における血漿中アミノ酸濃度プロファイルと2型糖尿病・メタボリックシンドローム関連指標との関連解析. 第61回日本人間ドック学会学術大会, web開催, 2020年11月26日.

このページのトップへ

感染症科グループ

総合医療学・感染症科は、院内の重症・難治性感染症の診療と院内感染対策活動を主として行っております。前者は、コンサルテーション業務を中心に診療を行っています。また、HIV診療は1996年よりエイズ拠点病院として診療をしています。後者は、Infection control team(ICT)あるいはAntimicrobial stewardship team(AST)として、院内感染対策や抗菌薬の適正使用に対する教育や指導を行っており、これらの臨床的な活動から得られる疑問点や問題点についての臨床研究や症例報告を行っています。

近年の主な業績

  1. Miyagawa-Kanno H, Fukuyama M, Saito M, Kurai D, Ohyama M. Perianal amebiasis cutis masked by giant condyloma acuminatum in a HIV-seropositive patient. J Dermatol. 2021 Apr 22. doi: 10.1111/1346-8138.15906.
  2. Nakamoto K, Saraya T Sr, Kurai D, Fukukawa N, Taneoka T, Shimasaki T, Ishii H. Reusing N95 Respirators at Weekly Intervals During the COVID-19 Pandemic.Cureus. 2021 Feb 24;13(2):e13542. doi: 10.7759/cureus.13542.
  3. Noda A, Saraya T, Morita K, Saito M, Shimasaki T, Kurai D, Nakamoto K, Ishii H. Evidence of the Sequential Changes of Lung Sounds in COVID-19 Pneumonia Using a Novel Wireless Stethoscope with the Telemedicine System.Intern Med. 2020 Dec 15;59(24):3213-3216. doi: 10.2169/internalmedicine.5565-20. Epub 2020 Nov 2.
  4. Ono K, Kishimoto M, Shimasaki T, Uchida H, Kurai D, Deshpande GA, Komagata Y, Kaname S. Reactive arthritis after COVID-19 infection.RMD Open. 2020 Aug;6(2):e001350. doi: 10.1136/rmdopen-2020-001350.
  5. Kimura H, Kurusu H, Sada M, Kurai D, Murakami K, Kamitani W, Tomita H, Katayama K, Ryo A. Molecular pharmacology of ciclesonide against SARS-CoV-2. J Allergy Clin Immunol. 2020;146:330-331.
  6. Nishizawa T, Niikura Y, Akasaka K, Watanabe M, Kurai D, Amano M, Ishii H, Matsushima H, Yamashita N, Takizawa H. Pilot study for risk assessment of aspiration pneumonia based on oral bacteria levels and serum biomarkers. BMC Infect Dis 19: 761, 2019.
  7. Saraya T, Kimura H, Kurai D, Tamura M, Ogawa Y, Mikura S, Sada M, Oda M, Watanabe T, Ohkuma K, Inoue M, Honda K, Watanabe M, Yokoyama T, Fujiwara M, Ishii H, Takizawa H.Clinical significance of respiratory virus detection in patients with acute exacerbation of interstitial lung diseases.Respir Med.136:88-92,2018.
  8. Kurai D, Sasaki Y, Saraya T, Ishii H, Tsukagoshi H, Kozawa K, Ryo A, Ishioka T, Kuroda M, Oishi K, Takizawa H, Kimura H. Pathogen profiles and molecular epidemiology of respiratory viruses in Japanese inpatients with community-acquired pneumonia. Respir Investig. 54:255-63. 2016
  9. Saraya T, Kurai D, Ishii H, Ito A, Sasaki Y, Niwa S, Kiyota N, Tsukagoshi H, Kozawa K, Goto H, Takizawa H.Epidemiology of virus-induced asthma exacerbations: with special reference to the role of human rhinovirus. Front Microbiol. 5:226. 2014
  10. Kurai D, Saraya T, Ishii H, Takizawa H. Virus-induced exacerbations in asthma and COPD. Front Microbiol. 4:293.2013

このページのトップへ

総合内科グループ

総合内科領域における臨床疫学研究、根拠に基づく医療(EBM)の普及に関する研究・教育、および、医のプロフェッショナリズムに関する研究を行っています。失神、運動・循環生理学(心機能、脳循環)、感染症(バクテリオファージ)、高齢者救急に関する論文発表・海外での学会発表等を積極的に行っています。

近年の主な業績

  1. 長谷川 浩:傷病者別のポイント 高齢者の場合.救急医学 44巻13号.1836-1840. 2020.
  2. 長谷川 浩:【高齢者救急の諸問題】高齢者救急診療の諸問題. 老年内科 1巻6号. 665-676. 2020
  3. Higuchi S, Kabeya Y1,2, Nishina Y3, Miura Y3, Yoshino H3 (1Tokai University; 2Sowa Hospital; 3Department of Cardiology, Kyorin University School of Medicine): Feasibility and safety of noncontrast percutaneous coronary intervention in patients with complicated acute coronary syndrome. 96(7):E666-E673. 2020.
  4. 長谷川 浩:【高齢者の救急診療トピックス】高齢者の救急医療について.日本老年医学会雑誌 57巻2号. 114-118. 2020年4月
  5. Higuchi S, Hata N1, Shibata S1, Hirabuki K1, Suda T1, Honda K1, Hasegawa H1, Matsuda T2 (1Department of Emergency and General Medicine, Kyorin University School of Medicine; 2Department of Traumatology and Critical Care Medicine, Kyorin University School of Medicine): Clinical impact of red blood cell transfusion on adverse clinical events in acute heart failure patients with anemia. 324:102-107. 2021.
このページのトップへ

PAGE TOP