大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ呼吸器・甲状腺外科学教室

研究室・研究グループ紹介:呼吸器・甲状腺外科学教室

当教室において専門的に取り組んでいる肺癌診療では、その罹患者数や死亡者数の明らかな増加により、予防・診断・治療、そのための研究は国家的課題といえます。そういった中で我々は肺癌の予防・診断・治療に関する臨床研究・基礎研究を積極的に取り組んでいます。また高度な臨床研究を進める上では臨床力の質の高さが求められます。通常の診療活動の中においても常に質の高い教育を実践し、教室員の臨床・研究能力の向上に努めています。当大学付属病院では初期臨床研修を修了したのち、さらに入局後は3年間の大学内外での臨床実績を積んだ後に、6年目以降で大学院進学を考慮することを期待します。

呼吸器グループ

当科は全国レベルの臨床研究を行うJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)やWJOG(西日本がん研究機構)などに所属し、数多くの医師主導型臨床研究や臨床治験などに参加し、それらの成果を上げてきました。今日、肺癌の腫瘍増殖の分子メカニズムを標的とする治療(分子標的治療)や、免疫本来の力を回復させることによる治療(免疫療法)などが主流となり、これらに関連したがん診療の質の向上に大きな期待が寄せられています。そこで我々、基礎研究チームは、①病理・細胞形態学的な解析と予後因子の解明や各種遺伝子異常との関連を網羅的に解析する研究、②気管支鏡検査で採取した細胞検体を用いた遺伝子解析と臨床病理学的な諸因子との関連性に関する研究、③液状化細胞診材料(Liquid-based Cytology: LBC法)を用いた遺伝子解析と最適な核酸の保存条件に関する研究、④肺腺癌の多段階発癌機構に関与するエピジェネティクス解析などを行っています。臨床研究では診療面で患者さんへの医療の質の向上を目的としたテーマに取り組んでいます。具体的には、①3T(テスラ)のMRIや超高精細CT装置(Quarter-pixel Detector CT: QDCT)を中心とした各種最新のモダリティーを駆使し、肺癌の画像診断と病理組織学的な所見との対比に関する研究、②X線動画撮影システムから得られるX線動画像及び動的機能評価により、肺・縦隔などの胸部疾患、甲状腺などの頸部疾患に対する臨床的有用性を明らかにする研究、③胸腔鏡手術やロボット支援手術などの低侵襲手術を積極的に導入する研究などを行っています。以上の取り組みが今後の医療の発展に大きく寄与し、さらに貢献することを信じて賢明に取り組んでいます。

甲状腺グループ

甲状腺癌の罹患率は世界的に上昇しています。甲状腺癌の進行は一般的に緩徐ですが甲状腺癌においては、がん遺伝子(BRAF、RAS遺伝子等)が高齢者・大きな腫瘍・高度な浸潤・進行がんに多く見られることもわかってきています。当科では現在、甲状腺癌の遺伝子学的背景とバイオマーカーの探索、特にTERTプロモーター変異と多型が腫瘍の増大・進行に影響しているかを臨床病理学的ならびに実験病理学的に明らかにするべく病理学教室と共同で研究を行っています。内分泌腫瘍はしばしばホルモン産生能をもち、腫瘍の増殖とホルモンの調節系の間にはクロストークがみられます。このクロストークは内分泌腫瘍の分化度や増殖速度とも関連し、そのメカニズムの解明は内分泌腫瘍の分子標的治療へ発展することが期待されます。甲状腺腫瘍の個々の症例における特有の腫瘍関連遺伝子の異常、およびホルモン調節遺伝子の変化を明らかにすることを目的とし、腫瘍の増殖とホルモン機能に関る受容体や調節因子等の発現や役割を調査し、腫瘍の悪性度を予測する情報を得る。そして遺伝子異常と腫瘍の病理組織、分類との関係を明らかにするべく研究を進めています。

「大学院生の声」

私は2020年度に大学院へ入学し、外科学分野(呼吸器・甲状腺外科学コース)を専攻しました。私の現在行っている研究を踏まえ、大学院生活について紹介したいと思います。私の大学院入学の理由は、大学でできることをするという単純なものでした。そのため、大学院に入学したものの、「興味があるもの」を見つけられずにいました。そのような時、X線動画像とういう"動くレントゲン"が当院に新しく導入されました。肺癌と言えば、病理学や分子生物学、遺伝子解析等の研究が盛んに行われてきましたが、X線動画像という今までにない装置であり、研究してみたら面白いのではと思いました。どんなことでも新しいものを始めるときは、前例がないゆえに、初めは上手くいかないことや、壁にぶち当たることがあります。しかし、当教室の先生方は非常に協力的で、こうした方が良いのではといつもアドバイスをくださり、定期的に進捗状況を確認し、軌道修正をしてくださいます。入学前は手術や病棟業務に追われ、研究というものを考えたことすらありませんでしたが、実際に入学してみて、研究の大変さを実感するとともに、面白さも実感しています。一時的であっても臨床の現場を離れることに不安はありましたが、同じ疾患でもいつもとは違う角度から研究・分析するということは大学院生の今しかできず、長い医者人生の中で今後の糧になるのではと思っています。当教室では必要であれば病棟フリーの取得や、他施設への短期留学など臨機応変に対応していただけるので、非常に恵まれた環境で研究に取り組むことができます。これから大学院への入学を考えている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。外科学分野(呼吸器・甲状腺外科学コース)はいつでも同志を求めています。

近年の業績

  1. Tanaka R,Ohtsuka K,Ogura W,Arai N,Yoshida T,Nakazato Y,Tachibana K,Takata S,Fujiwara M,Kamma H,Shibahara J,Kondo H: Subtyping and EGFR mutation testing from blocks of cytological materials, based on liquid-based cytology for lung cancer at bronchoscopic examinations.Diagn Cytopathol.48(6).516-523. 2020. DOI: 10.1002/dc.24397
  2. Tanaka R, Sakamoto N, Suzuki H, Tachibana K, Ohtsuka K, Kishimoto K, Fujiwara M, Kamma H, Shibahara J, Kondo H: Genotyping and Cytomorphological Subtyping of Lung Adenocarcinoma based on Liquid-based Cytology. Diagn Cytopathol.47:564-570,2019.DOI:10.1002/dc.24154.
  3. Tanaka R, DeAsis F, Vigneswaran Y, Linn J, Carbray J, Denham W, Haggerty S, Ujiki M: Video review program enhances resident training in laparoscopic inguinal hernia: a randomized blinded controlled trial. Surg Endosc 32:2847-2851, 2018. DOI: 10.1007/s00464-017-5992-0.
  4. Tanaka R, Tachibana K, Suda K, Kondo H, Noguchi M: A severe combined immunodeficiency disease mouse model of human adenocarcinoma with lepidic-predominant growth. Pathol Res Pract 214:2000-2003, 2018. DOI: 10.1016/j.prp.2018.09.021.
  5. Miya T, Kondo H, Gemma A: Serum iron levels increased by cancer chemotherapy correlate the chemotherapy-induced nausea and vomiting. Int J Clin Onco 23: 1196-1200, 2018 doi: 10.1007/s10147-018-1321-4.
このページのトップへ

PAGE TOP