大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ脳卒中医学教室

研究室・研究グループ紹介:脳卒中医学教室

脳卒中に特化した脳・神経疾患の臨床系教室です。脳卒中には、脳の血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」、脳血管が詰まる「脳梗塞」があり、包括的な知識が求められます。超高齢社会を迎え日本の国民病として重要性を増している脳卒中をテーマに以下のような臨床研究を行っています。

研究分野

1. 脳梗塞超急性期の組織評価に基づく治療法の開発

脳主幹動脈閉塞症例に対する機械的血栓回収療法は、現在のスタンダード治療となっています。最長24時間まで適応があると言われますが、患者さん個々人で治療に許された時間は異なります(Time Every Brain)。6時間以降でも治療できるslow progressorをいかに救うか、一方でfast progressorを救うべく迅速な治療を行うか、組織評価に基づいたtailor made therapyを開発しています。

2. 次世代薬を用いた脳梗塞急性期血栓溶解療法の開発(T-FLAVOR)

現在、rt-PA静注療法に用いているアルテプラーゼは血栓親和性、投与法、出血リスクについての課題が残されています。改良型rt-PA製剤であるtenecteplaseはボーラス投与が可能でアルテプラーゼよりも閉塞血管を再開通させる効果が高いことが報告されています。AMEDからの資金を得て杏林大学と国立循環器病研究センターを基幹施設とする多施設共同研究を実施しています。

3. 脳梗塞に対する抗血栓療法の最適化に関する研究

脳梗塞の病態に応じた抗血栓療法(抗血小板療法、抗凝固療法)の選択は、予防の重要な柱です。注射薬・内服薬、抗血小板療法の併用/単剤、ビタミンK拮抗薬/非ビタミンK拮抗薬(DOAC)の使い分けについて、血小板凝集能、凝固・線溶マーカー、神経超音波検査、脳血流検査などを用いて病態を解析し、最適な薬剤選択とその効果検証を行っています。

4. 遺伝性脳卒中に関する臨床研究

単一遺伝子異常により発症する脳小血管病(CADASIL、CARASILなど)に関するデータベース構築と臨床情報の解析を行っています。

実施中の臨床研究(多施設共同試験を含む)

杏林大学医学部脳卒中医学教室では臨床研究に力を入れており、国内外の施設とも協力して情報発信に努めています。以下に代表的なものを紹介します。

1. 脳梗塞急性期患者におけるCT灌流画像を用いた国際共同レジストリー研究 [INSPIRE-Japan]

虚血コアとペナンブラの評価は治療選択に重要な役割を果たします。急性期灌流画像の国際レポジトリ研究であるINSPIREは、私たちと関連の深い豪州のMark Parsons教授が研究主任です。灌流画像の評価は患者個々で異なる治療時間枠の判断に欠かせないものであり、このリポジトリから現場にフィードバックできる知見を多く得ています。

2. 脳梗塞患者を対象としたMultiStemの有効性及び安全性を検討するプラセボ対照二重盲検第Ⅱ/Ⅲ相試験 [TREASURE研究]

骨髄由来幹細胞を用いた脳梗塞の細胞治療の研究です。2020年末までに杏林大学脳卒中センターから8例の患者さんにご協力いただきました。関東では登録患者数1位です。2021年に目標症例数を達成し、2022年には解析結果が発表される見込みです。新たな治療法が誕生することを願っています。

3. 非心原性脳梗塞に対する新規活性化第XI因子阻害薬の有効性及び安全性を検討する多施設共同国際第Ⅱ相試験 [PACIFIC-STROKE試験]

McMaster大学を基幹施設とする国際治験で、日本のNational Leaderを平野が務めています。試験薬の作用機序は、外因系には作用せずトロンビンバーストのみを抑えるというものです。つまり止血は保ち、血栓形成は抑えるという理想的な薬剤プロファイルとも言えます。コンセプト通りの結果が得られるか、経過を注目していきたいと思います。

4. 東京多摩地区における急性脳主幹動脈閉塞症に対する血管内治療の実態調査 [TREAT研究]

東京多摩地区(人口約430万人)で急性期に脳梗塞血栓回収療法を実施した症例の登録研究です。事務局を多摩総合医療センター(脳外科:太田部長)におき、杏林からは平野(研究代表)、天野助教(コアメンバー)、顧問を塩川教授と松丸教授(筑波大学)が務めます。2020年はCOVID-19感染拡大に伴う脳卒中診療機能の変化を前向きに調査し、TREAT COVID-19対策プロジェクトとして英文誌 (Front Neurol, 2020)に報告しました。

5. 脳梗塞の既往を有する非弁膜症性心房細動患者に対するカテーテルアブレーションの有効性及び安全性を評価する多施設共同前向きランダム化比較研究 [STABLED study]

日本医科大学の木村教授と清水教授を主任研究者とする研究です。杏林循環器内科の協力を得て、抗凝固療法単独治療かアブレーション治療を追加するかをランダムに割り付けます。心房細動を止めることが果たして患者さんの予後を良くするのか? 結果が注目されます。

6. がんと脳卒中を合併する症例の診療実態と意識に関する全国調査 [Stroke Oncology]

日本脳卒中学会で2020年に組織されたStroke Oncologyに関するプロジェクトチーム(PT)です。PT座長は脳外科:塩川教授であり、メンバーに平野教授、事務局を河野講師が担当しています。がんと脳卒中はともに頻度の高い国民病ですが、治療の進歩により余命が延長しています。しかし、がん・脳卒中各々の治療者はお互いの最新知見を把握しておらず、両疾患が並存する患者において適切な治療が行われていない懸念があります。この問題をSTROKE 2020で取り上げたところ反響は大きく、継続した調査研究に発展しました。

近年の主たる業績

論文

  1. Kishi T1, Hirano T, Mizuno A2, Matsumoto C3, Fukuda M4, Sanada S5, Ishida M6, Node K7, Miyamoto S8, Komuro I9 on behalf of Directors of the Japan Stroke and Japanese Circulation Societies (1International University of Health and Welfare, 2St.Luke's International Hospital, 3Tokyo Medical University, 4Keio University, 5Osaka City University, 6Hiroshima University, 7Saga University, 8Kyoto University, 9The University of Tokyo): Joint Declaration on COVID-19 by the Japan Stroke and Japanese Circulation Societies. Circ Rep 2(6): 343-344, 2020.
  2. Kawano H, Ebisawa S, Ayano M, Kono Y, Saito M, Johno T, Maruoka H, Ryoji N, Yamashita H, Nakanishi K, Honda Y, Amano T, Unno Y, Komatsu Y, Ogawa Y, Shiokawa Y, Hirano T: Improving Acute In-Hospital Stroke Care by Reorganization of an In-Hospital Stroke Code Protocol. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2021 Epub 2020 Nov 4.
  3. Ota T1, Shiokawa Y, Hirano T (1Tokyo Metropolitan Tama Medical Center): Impact of COVID-19 on stroke admissions and the medical care system in the Tokyo metropolitan area. Front Neurol 11: 601652, 2020.
  4. Johno T, Kawano H, Hirokawa T, Shibahara J, Hirano T: Intracerebral hemorrhage due to coagulopathy caused by latent advanced prostate cancer. Intern Med, December 29 th, 2020. Online ahead of print.
  5. Saito M, Kawano H, Amano T, Hirano T: Acute Stroke Caused by Progressive Intracranial Artery Stenosis due to Varicella Zoster Virus Vasculopathy After Chemotherapy for Malignant Lymphoma. Intern Med, December 29th, 2020. Online ahead of print.
  6. Kawano H,Honda Y,Amano T,Okano H,Suzuki R,Torii M,Unno Y,Shiokawa Y,Hirano T:Subcutaneous heparin therapy for patients with cancer-associated stroke.J Stroke Cerebrovasc Dis.28(2):399-404,2019.DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.10.012.
  7. 井口保之1,岩間亨2,大木宏一3,片岡大治4,河野浩之,山上宏5,河村朗夫6,福井重文7,赤木禎治8,金澤英明9,原英彦10,日本脳卒中学会,日本循環器学会,日本心血管インターベンション治療学会,三学会合同手引き作成委員会(1東京慈恵会医科大・神経内科,2岐阜大・脳神経外科,3東京都済生会中央病院・神経内科,4京都大・脳神経外科,5国立循環器病研究センター・脳卒中集中治療科,6国際医療福祉大・循環器内科,7国立循環器病研究センター肺循環科,8岡山大・循環器内科,9慶應義塾大・循環器内科,10東邦大学医療センター大橋病院循環器内科):潜因性脳梗塞に対する経皮的卵円孔開存閉鎖術の手引き.脳卒中 41:417-441,2019.
  8. 平野照之:アルテプラーゼ静注療法の現状と課題.日本臨牀 77(6):987-992,2019.
  9. 齋藤幹人,河野浩之,天野達雄,岩本敏彦,平野照之:3T MRIと脳血管造影検査のfusion画像による分枝粥腫病の確診例.臨床神経 59(8):525-529,2019.DOI:10.5692/clinicalneurol.cn-001297.
  10. 平野照之:機械的血栓回収療法と血栓溶解療法の治療時間枠はどこまで拡大するのか?.脳血管病TREND REVIEW 1(1):12-16,2019.
  11. 中西郁,河野浩之,天野達雄,大森嘉彦,菅間博,平野照之:回収した血栓より診断した感染性心内膜炎の1例.臨床神経 58(1):35-40,2018.
  12. Ota T, Shigeta K, Amano T, Ueda M, Hirano T, Matsumaru Y, Shiokawa Y: Regionwide retrospective survey of acute mechanical thrombectomy in Tama,suburban Tokyo:a preliminary report.J Stroke Cerebrovasc Dis 27(11):3350-3355, 2018.
  13. 天野達雄,松本淑恵,本田有子,中西郁,笹森寛生,佐藤栄志,塩川芳昭,平野照之:脳底動脈閉塞に対する経上腕動脈アプローチでガイディングカテーテルを用いず吸引カテーテルとStent Retrieverを組み合わせた血栓回収療法.脳血管内治療 3(2):80-86,2018.

著書

  1. 平野照之:脳卒中患者が来院したら-診断,鑑別診断,治療方針の決定,検査計画法-.マスター脳卒中学.田川皓一,橋本洋一郎,稲富雄一郎編.東京,西村書店,2019年2月.3-10.
  2. 平野照之:虚血コアのMR imaging.Annual Review神経2019.鈴木則宏,荒木信夫,宇川義一,桑原聡,塩川芳昭編.東京,中外医学社,2019年3月.133-140.
  3. 平野照之:静注血栓溶解療法.脳梗塞診療読本第3版.豊田一則編.東京,中外医学社,2019年3月.69-89.

学会発表

  1. 平野照之:テネクテプラーゼに対する期待.STROKE 2019 合同シンポジウム,横浜,2019年3月22日.
  2. Kawano H, Johno T, Torii M, Kamiyama H, Amano T, Honda Y, Suzuki R, Okano H, Unno Y, Yamada S, Okajima Y, Shiokawa Y, Hirano T: Functional Independence Scores of Acute Stroke Patients is Associated with Discharge Directly to Home.International Stroke Conference 2018,USA,January 24th,2018.
  3. Johno T, Kawano H, Torii M, Kamiyama H, Amano T, Honda Y, Suzuki R, Okano H, Unno Y, Yamada S, Okajima Y, Shiokawa Y, Hirano T: Functional Independence Score of Acute Stroke Patients can Predict Favorable Clinical Outcome at 3 Months after Stroke Onset.International Stroke Conference 2018,USA,January 24th,2018.
  4. Saito M, Kawano H, Suzuki R, Amano T, Torii M, Okano H, Unno Y, Shiokawa Y, Hirano T: 3D-CTA is useful to identify underlying cause of embolic stroke of undetermined source.11th World Stroke Congress,Canada,October 17th,2018.

その他

  1. 平野照之:「きょうの健康」脳卒中を経験した方へ 新型コロナウィルスについて医師が伝えたいこと,NHK総合テレビ,www.nhk.or.jp/kenko/atc_1201.html,2020年4月25日.
  2. 平野照之監修:「季刊こまど No.64」脳梗塞,こまど社,東京,4-7,2020年9月.
このページのトップへ

PAGE TOP