大学ホーム医学部教員紹介神崎 恒一

教員紹介:神崎 恒一

氏名
 
神崎 恒一
コウザキ コウイチ KOZAKI, Koichi
職位 教授
所属教室 高齢医学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 加齢医学分野
担当科目(学部) 高齢医学
担当科目(大学院) 加齢医学
専門分野 老年医学、認知症、循環器
研究テーマ 老年医学、認知症、動脈硬化
略歴 1986年 東京大学医学部卒業
1988年 東京大学医学部老年病学教室入局
2002年 東京大学医学部付属病院老年病科講師
2005年 杏林大学医学部高齢医学助教授
2010年 杏林大学医学部高齢医学主任教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本老年医学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本動脈硬化学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.T Obara,K Nagai,A Hirasawa,S Shibata,H Koshiba,H Hasegawa,T Ebihara,K Kozaki:Relationship between cerebral White Matter Hyperintensities and Sympathetic Nervous Activity in elderly:GGI in press.
2.K Nagai,H Koshiba,S Shibata,A Hirasawa,T Ebihara,K Kozaki:Relationdhip of serum carnitine level with falls and gait disturbance in the elderly.The Journal of Frailty and Aging 6:178-182,2017.
3.神崎恒一:高齢者のフレイルとサルコペニア,東京都医師会雑誌 70(5):11-19,2017.
4. 田中政道、永井久美子、小柴ひとみ、松井敏史、神崎恒一:杏林大学病院高齢診療科、もの忘れセンターに通院中の患者におけるサルコペニアの実態調査ならびに転倒との関連についての検討.日本老年医学会雑誌 54(1):63-74,2017.
5. Kumiko Nagai,Hitomi Koshiba,Masamichi Tanaka,Toshifumi Matsui,Koichi Kozaki:Unsteady gait is a determinant for progression in frailty among the elderly.Geriatr Gerontol Int 16(5): 655-657,2016.
所属学会 日本老年医学会(理事)、日本動脈硬化学会(理事、評議員)、日本認知症学会(理事、評議員)、日本サルコペニア・フレイル学会(理事)、日本脳血管・認知症学会(理事)、日本内科学会
学外活動 「三鷹・武蔵野認知症連携を考える会」ワーキンググループ長
三鷹市健康福祉審議会委員
三鷹市在宅医療・介護連携推進協議会委員
ひとことメッセージ 臨床研究として、高齢者の医療(急性期から慢性期への円滑な移行、在宅医療)、認知症の医療と介護の連携、フレイル・サルコペニアの研究、基礎研究として「人は血管とともに老いる」の言葉にあるように、血管老化、動脈硬化、脳血流動態に関するメカニズムの解明、治療法、予防法の構築に取り組んでいます。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2011年02月04日公開)
関連サイト 杏林大学医学部高齢医学教室
このページのトップへ

PAGE TOP