Faculty of Medicine教員紹介:神崎 恒一

氏名
神崎 恒一
コウザキ コウイチ KOZAKI, Koichi
職位教授
所属教室高齢医学
専攻・専門分野
 (大学院)
内科系専攻 加齢医学分野
担当科目(学部)高齢医学
担当科目(大学院)加齢医学
専門分野老年医学、認知症、循環器
研究テーマ老年医学、認知症、動脈硬化
略歴1986年 東京大学医学部卒業
1988年 東京大学医学部老年病学教室入局
2002年 東京大学医学部付属病院老年病科講師
2005年 杏林大学医学部高齢医学助教授
2010年 杏林大学医学部高齢医学主任教授
所有する学位博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等日本老年医学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本動脈硬化学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.神崎恒一:COVID-19による認知的フレイルへの対応.日本サルコペニア・フレイル学会誌 5(1):55-59.2021.
2.Ebihara T, Yamasaki M, Kozaki K, Ebihara S:Medical aromatherapy in geriatric syndrome.Geriatr Gerontol Int 21(5).377-385.2021.
3.Ebihara T,Miyamoto T,Kozaki K:Prognostic factors of 90-day mortality in older people with healthcare-associated pneumonia.Geriatr Gerontol Int 20(11):1036-1043,2020.
4.神崎恒一:東京都における認知衣装疾患医療センターの活動と課題 北多摩南部の活動-多彩な専門性と協調性-.老年精神医学雑誌 30(12):1315-1325,2019.
5.神崎恒一:フレイルの定義・診断.日本医師会雑誌 148(8):1471-1473,2019.
6.Takahide Miyamoto, Takae Ebihara, Koichi Kozaki:The association between eating difficulties and biliary sludge in the gallbladder in older adults with advanced dementia, at end of life.PLOS ONE 14:e0219538,2019.
7.Miyazawa T,Shibata S,Nagai K,Hirasawa A,Kobayashi Y,KoshibaH,Kozaki K: Relationship between cerebral blood flow estimated by transcranial Doppler ultrasound and single photon emission computed tomography in elderly with dementia..J Appl Physiology 125:1576-1584,2018.
8.神崎恒一:コグニティブフレイルの臨床的意義解明のための総合研究.令和2年度~令和4年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))
所属学会日本老年医学会(理事)、日本動脈硬化学会(理事、評議員)、日本認知症学会(理事、評議員)、日本サルコペニア・フレイル学会(理事)、日本脳血管・認知症学会(理事)、日本内科学会
学外活動三鷹市認知症地域支援ネットワーク会議委員長
三鷹市健康福祉審議会委員
三鷹市在宅医療・介護連携推進協議会委員
三鷹市介護保険事業検討市民会議委員
ひとことメッセージ臨床研究として、高齢者の医療(急性期から慢性期への円滑な移行、在宅医療)、認知症の医療と介護の連携、フレイル・サルコペニアの研究、基礎研究として「人は血管とともに老いる」の言葉にあるように、血管老化、動脈硬化、脳血流動態に関するメカニズムの解明、治療法、予防法の構築に取り組んでいます。
関連サイト 杏林大学医学部高齢医学教室

TEST