大学ホーム医学部教員紹介今泉 美佳

教員紹介:今泉 美佳

氏名
 
今泉 美佳
イマイズミ ミカ OHARA-IMAIZUMI, Mica
職位 教授
学内の役職・委員等 学生主任、教育評価委員、利益相反委員会委員、動物実験に関する委員会委員、私立医科大学協会委員会委員(研究体制)
所属教室 生化学
専攻・専門分野
 (大学院)
生理系専攻 病態生化学分野(分子細胞生物学)
担当科目(学部) 分子生物学、細胞生物学
担当科目(大学院) 病態生化学(分子細胞生物学)
専門分野 細胞生物学・細胞内物質輸送
研究テーマ 1. 細胞生物学
2. 開口放出機構の分子機構
略歴 1989年 上智大学理工学研究科博士課程修了
      日本学術振興会特別研究員
      国立衛生試験所流動研究員
      上智大学生命科学研究所助手
2000年10月 杏林大学医学部第2生化学助手
2002年4月 同教室講師
2006年4月 同教室助教授
2008年4月 同教室准教授
2014年4月 同教室研究教授
所有する学位 理学博士
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Ohara-Imaizumi, M. Aoyagi, K. and Ohtsuka, T. (2019) Molecular Metabolism (review) in press
2. Ohara-Imaizumi, M. et al. (2019) Cell Reports 26, 1213-1226.
3. Aoyagi K., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2018) Endocrinology 159, 3674-3688.
4. Kunii, M., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2016) J Cell Biol. 215, 121-138.
5. Aoyagi K., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2016) Diabetes 65, 1648-1659.
6. Ohara-Imaizumi, M. et al. (2013) Proc Natl Acad Sci U S A. 110, 19420-19425.
7. Ohara-Imaizumi, M. , Aoyagi K, Nagamatsu S. (2013) Exocytosis Methods. Neuromethods 83. Springer Protocols. Humana Press. pp55-74
8. Zhao, A., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2010) Diabetes 59, 2522-2529
9. Aoyagi, K., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2010) Biochem J. 432, 375-386
10. Nagamatsu S and Ohara-Imaizumi, M. (2008) Pancreatic beta cell in health and disease. Springer Verlag, Berlin Germany pp177-194.
11. Ohara-Imaizumi, M. et al. (2007) J Cell Biol. 177, 695-705.
12. Nagamatsu, S. and Ohara-Imaizumi, M. (2007) Science 318, 1249-1250
13. Konstantinova, I., Nikolova, G., Ohara-Imaizumi, M. et al. (2007) Cell 129, 359-370
14. Ohara-Imaizumi, M. et al. (1997) Proc Natl Acad Sci U S A. 94, 287-291.
15. 今泉美佳 ポスター発表はチャンスの宝庫! 東京,羊土社,2003
所属学会 日本生化学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本神経化学会(評議員)、日本細胞生物学会(評議員)
関連サイト 杏林大学医学部細胞生化学教室ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP