大学ホーム医学部教室紹介フローサイトメトリー部門

フローサイトメトリー部門

部門専任教員

部門長 大山 学(皮膚科学教室教授)
講師 高橋 良

部門概要

フローサイトメトリー部門は、蛍光標識した細胞をレーザー光線を使用して超高速に解析・分取する「フローサイトメトリーフローサイトメトリー部門は、蛍光標識した細胞をレーザー光線を使用して超高速に解析・分取する「フローサイトメトリー (Flowcytometry)」を扱う大学院医学研究科所属の共同利用施設で、1990年に設立されました。当部門には、日本BD社製FACSAria Cell Sorter、FACSCalibur Flow Cytometry System、そして最新機種のFACSCanto2 Flow Cytometry Systemの3台で運用しています。また、磁気細胞ソーター QuadroMacs Separatorの運用も開始いたしました。


フローサイトメトリー(Flowcytometry: FCM)とは

微細な細胞を流体中に分散させその流体を細く流し、レーザー光を照射して個々の細胞を光学的に分析する装置です。細胞の分析と同時に個々の細胞を一個単位で分取する装置がセルソーターと呼ばれ、最大4種類の分画を30,000/secで処理することが可能です。当部門ではFCMが3台稼働しており、そのうちFACSAriaはセルソーター機能を有しています。


フローサイトメトリーの役割

フローサイトメトリーは、分子生物学をはじめ病理学、免疫学、海洋生物学などで用いられています。さらに分子生物学的な手法である蛍光で標識した抗体を用いることで標的細胞を特定する方法は、細胞分化の研究だけでなく医学分野でも利用価値が高く移植、腫瘍免疫学、化学療法、遺伝学、再生医学などで用いられています。


独自運営しているFCM WEB Siteでは、フローサイトメトリー部門のインフォメーション・利用方法・蛍光染色のTipsやテクニック・測定時の注意点・学外への情報提供などの提供を目的としています。


研究課題

皮膚科学教室と共同研究を行い、ヒトリンパ球の皮膚ホーミング機序の解明、アトピー性皮膚炎や重症薬疹の病態解明について研究を行っており、その研究成果はThe Journal of Immunology等の著名な科学雑誌で発表しています。


近年の主な業績

  1. Matsumoto T, Fujimori K, AndohNodaT, Ando T, Kuzumaki N, Toyoshima M,Tada H, Imaizumi K, Ishikawa M, Yamaguchi R, Isoda M, Zhou Z, Sato S,Kobayashi T, Ohtaka M, Nishimura K, Kurosawa H, Yoshikawa T, Takahashi T,Nakanishi M, Ohyama M, Hattori N, Akamatsu W, and Okano H: Functionalneurons generated from T cellderivediPSCs for neurological disease modeling.Stem Cell Reports 6: 42235,2016
  2. Ohyama M: Pump up the hair follicle. Br J Dermatol 172: 14791480,2015.
  3. Ise M, Funakoshi T, Furuichi Y, Honda H, Fujio Y, Amagai M, Ohyama M: Acase of angiosarcoma on the abdominal wall, an extremely rare variant,putatively shared the pathogenesis with StewartTravessyndrome. J Dermatol42: 42627,2015
  4. Takahashi R, Sato Y, Kurata M, Yamazaki Y, Kimishima M, and Shiohara T:Pathological role of regulatory T cells in the initiation and maintenance ofeczema herpeticum lesions. The Journal of Immunology 192: 96978.2014.
  5. Defective regulatory T cells in patients with severe drug eruptions: timing of thedysfunction is associated with the pathological phenotype and outcome:Takahashi R., Kano Y ,Yamazaki Y, Kimishima M, Mizukawa Y, and ShioharaT. The Journal of Immunology 182:807179,2009.
このページのトップへ

PAGE TOP