search

Menu

大学ホーム保健学研究科専攻と分野保健学専攻 臨床工学 分野研究内容

専攻と分野

研究内容

保健学専攻 臨床工学 分野

臨床工学の学部教育を基礎に、より高度で幅広い実務能力を持つ高度専門職業人の養成、および将来の臨床工学領域を創造できる研究能力を持つ人材を養成します。

教育研究指導(学位論文指導)

大学院では、研究指導教員(下記参照)が研究活動と学位論文の指導をおこないます。

  • 大学院生は、教授が研究教育の責任者となります。
  • 受験を希望される方は、願書を提出する前に、希望する研究指導教員と研究教育計画についてご相談ください。
  • 一部の准教授(下記参照)は教授に依頼されて研究指導が出来ますが、単独での研究教育指導はできません。

研究指導教員の研究内容(博士前期課程および博士後期課程)

職位 指導教員 研究内容
教 授 岸野 智則 1)超音波検査による様々な生理現象の解析 (浮腫、肩こり、昼寝など)
2)腎動脈狭窄症の超音波診断における影響要因 (食事、安静など)
3)超音波検査を用いた生活習慣病の病勢把握
教 授 福長 一義 1)次世代血液ポンプの開発と全人工心臓への応用に関する研究
2)左心および右心補助人工心臓の開発に関する研究
3)体外循環関連装置(ローラーポンプ、膜型人工肺、バブルトラップなど)に関する研究
4)血液粘性の計測に関する研究
5)NIRSを用いたニューロフィードバックに関する研究
教授 中島 章夫 1)電気メス・除細動器等各種チェッカ制作に関する研究
2)組織凝固装置の開発に関する研究
3)Er:YAGを用いた脳組織レーザ蒸散システムの開発に関する研究
4)医療機器管理データベース開発・システム構築に関する研究
5)医療機器電磁波対策関連
6)電気・電子、医療機器など実習教材製作の研究 (実習機材制作、PC制御システムの構築など)
准教授 小林 博子 1)間接的血圧測定法の理論的考察と新技術の開発
2)感覚情報の計測と評価に関する研究
3)皮膚における発汗量、蒸泄量の計測

五十音順(2020年4月更新中)

このページのトップへ

PAGE TOP