search

Menu

大学ホーム保健学研究科専攻と分野看護学専攻 実践看護科学 分野研究内容

専攻と分野

研究内容

看護学専攻 実践看護科学 分野

大学教育を基礎として、さらに高度に専門化した知識と能力を有する実践的な看護の専門家を養成します。

教育研究指導(学位論文指導)

  • 大学院では、研究指導教員(下記参照)が研究活動と学位論文の指導をおこないます。
  • 大学院生は、各研究室に所属し、その研究室の教授が研究教育の責任者となります。
  • 受験を希望される方は、願書を提出する前に、希望する研究指導教員と研究教育計画についてご相談ください。
  • 希望する研究指導教員が准教授の場合は、所属研究室の教授にもご相談ください。

研究指導教員の研究内容

分類 指導教員 研究内容
精神看護学 浅沼 奈美 1)精神障害者の地域リハビリテーションに関する研究
2)地域職業リハビリテーションの促進要因に関する研究
3)処置入院を繰り返す精神障害者の職業レディネスの形成
4)神経症性障害者の当事者活動における日記指導に関する研究
地域看護学 大木 幸子 1)地域看護活動における支援技法に関する研究
2)コミュニティ・エンパワメントに関する研究
3)公共哲学における公衆衛生看護の位置づけに関する研究
4)HIV感染症に関する公衆衛生看護の支援機能に関する研究
母子看護学 太田 ひろみ 1)地域のソーシャルキャピタルと子育て中の母親の健康・育児不安の関係に関する研究
2)発達障がい児に対する余暇活動支援に関する研究
3)多胎育児中の保護者への継続支援に関する研究
成人看護学 加賀谷 聡子 1)虚血性心疾患患者のリスク認識とセルフマネジメントに関する研究
2)糖尿病を合併した虚血性心疾患患者に対する教育プログラムの開発
3)心室性不整脈患者の心理的適応に関する研究
4)クリティカル領域における家族支援に関する研究
成人看護学 中島 恵美子 1)集学的治療を受けるがん患者の支援に関する研究
2)がん患者の教育支援に関する研究
3)乳がん患者の看護支援に関する研究
4)緩和ケアを必要とする患者の看護支援に関する研究
母子看護学 松岡 惠 1)助産ケアの開発と効果の検証
2)出産後の女性と家族に対する育児支援
3)性と生殖に関わる健康問題に対するセルフケア支援
小児看護学 吉野 純 1)子育て支援に関する研究
2)子どもの健康についての親の判断と対処に関する
3)病児・病後児保育に関する研究
成人看護学 吉井 真美* 1)造血幹細胞移植患者の闘病意欲を支える看護に関する研究
2)隔離環境におかれるがん患者の活動促進のための看護プログラムの開発
3)がん看護に携わる看護師に関する研究

五十音順、*は准教授(2017年4月・更新中)

このページのトップへ

PAGE TOP