search

Menu

大学ホーム保健学研究科専攻と分野保健学専攻 保健学 分野研究内容

専攻と分野

研究内容

保健学専攻 保健学 分野

健康教育や環境問題、福祉に関する高度専門職業人及び研究者を養成します。保健および養護の専修免許状取得のための教職課程が含まれています (専修免許状は、入学時に同じ免許科目の一種免許状を取得している必要があります)。

教育研究指導(学位論文指導)

  • 大学院では、研究指導教員(下記参照)が研究活動と学位論文の指導をおこないます。
  • 大学院生は、教授が研究教育の責任者となります。
  • 受験を希望される方は、願書を提出する前に、希望する研究指導教員と研究教育計画についてご相談ください。
  • 一部の准教授(下記参照)は教授に依頼されて研究指導が出来ますが、単独での研究教育指導はできません。

研究指導教員の研究内容(博士前期課程および博士後期課程)

分類 指導教員 研究内容
教 授 大嶺 智子 1)養護教諭養成教育における看護学の位置づけに関する研究
2)児童・生徒の健康問題に関する研究
3)学校保健の課題について
教 授 加藤 英世 1)知的障害児者の保健福祉
2)特別支援学校及び在宅における医療行為
3)幼児の発達生理学的研究
4)養護教諭養成の現状と課題
教 授 亀ア 路子 1)養護教諭の学校救急看護に関する研究
2)養護教諭の健康相談に関する研究
3)養護教諭の地域との連携およびネットワークづくりの方法に関する研究
教 授 照屋 浩司 1)日常生活習慣変容の予防医学的意義に関する研究
2)コホート内症例対照研究を利用した長寿要因の検討
3)超音波骨評価値からみた幼児・児童の発育、発達とその関連要因に関する研究
教 授 出嶋 靖志 1)エコロジーと健康に関する研究
2)健康科学による観光の諸側面の分析
3)健康における栄養と環境との関わりに関する研究
准教授 岡本 博照 1)中高年者の健康増進に関する疫学
2)救急医療従事者の健康とストレス
3)救急医療サービスの疫学(急性アルコール中毒も含む)
4)医療系学生に対するへき地フィールドワークの教育効果
准教授 片桐 朝美 1)高齢者の虐待防止に関する研究
2)生活保護ケースワーカーの支援方法に関する研究
准教授 北林 蒔子 1)労働者における野菜摂取等食習慣と健康について
2)社員食堂における野菜提供プログラムの効果について
3)小学校における食育の実践プログラムの効果と評価について
准教授 下島 裕美 1)自伝的記憶と自己概念
2)時間的展望とwell-being
3)時間的展望とdeath education
4)幼児期健忘と時間概念の発達
准教授 古川 佳子 1)箱庭療法におけるクライエント-セラピスト関係に関する研究

五十音順(2017年4月・更新中)

このページのトップへ

PAGE TOP