search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 田中 浩輔
フリガナ タナカコウスケ
NAME TANAKA Kosuke
職 位 教授
役職・委員(大学) 就職委員
所属研究室 基礎生理学
研究テーマ・分野 無脊椎動物心臓循環器系支配の中枢神経機構の研究
担当科目(学部) 生理学、基礎生物学
兼務・兼担(学部・研究科) 医学部
略 歴 平成3年3月 東京都立大学大学院 理学研究科
      博士課程修了(理学博士 取得)
平成3年4月 杏林大学助手(医学部)
平成8年4月 杏林大学講師(医学部)
   この間、カナダ・カルガリー大生物科学教室 博士研究員
   および香港中文大学海洋研究所 博士研究員
平成23年4月 杏林大学准教授(医学部)
平成24年4月より 現職
所有する学位等 理学博士(東京都立大学)
主要研究業績 Tanaka K, Ito S and Kurokawa M:
Central pathways of the hindgut movement in the penaeid shrimp, Marsupenaeus japonicus.
Kyorin J. of Arts and Sciences, 33, 1-8, 2016

Tanaka K, Kuwasawa K and Kurokawa M:
Neural pathways to cardioaccelerator neurons in the isopod crustacean Bathynomus doederleini: cholinergic activation by somatic movements., Comp. Biochem. Physiol. 159A, 66-74, 2011.

田中 浩輔:
甲殻類の心臓拍動調節と血液分配調節、
「昆虫のミメティックス−昆虫の設計に学ぶ−」下澤楯夫、針山孝彦編. 東京、NTS、2008. p.408-414.

Mayrat A, McMahon BR, and Tanaka K:
The circulatory system. In:, Treatise on Zoology -The Crustacea -, Forest, J., and von Vaupel Klein, J.C. (Eds.), vol. 2, Brill, Leiden and Boston, 2006. p. 3-84.

McMahon BR, Tanaka K, Doyle JE, and Chu K-H:
 A change of heart: cardiovascular development in the shrimp Metapenaeus ensis., Comp. Biochem. Physiol. A, 133, 577-587, 2002.

Tanaka K, F.-Tsukamoto Y, and Kuwasawa K:
 Central neuronal pathways of the cardioinhibitory reflex in the isopod crustacean Bathynomus doederleini., Comp. Biochem. Physiol. A, 124, 591-596, 1999.
所属学会 日本比較生理生化学会、日本動物学会、Society for Experimental Biology
学外活動 日本比較生理生学会幹事、評議員
居室・研究室 A棟 408号室
メールアドレス ktanak2@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月、木、金 12時〜13時30分 A棟408号室
学生・受験生へのメッセージ オフィスアワー以外でも、在室中は、いつでも訪問可です。

このページのトップへ

PAGE TOP