search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 木村 雅彦
フリガナ キムラ マサヒコ
NAME Masahiko Kimura
職 位 准教授
役職・委員(大学) 教務委員
略 歴 平成元年 杏林大学医学部附属病院リハビリテーション室
平成19年 北里大学医療衛生学部 講師
平成29年より 現職
所有する学位等 博士(保健科学)(東京都立保健科学大学)
所有する資格 理学療法士
専門理学療法士(内部障害)
認定理学療法士(呼吸)(循環)
3学会合同呼吸療法認定士
心臓リハビリテーション指導士
呼吸ケア指導士
主要研究業績 Ichikawa T, et al:Genioglossus Muscle Activity during Sniff and Reverse Sniff in Healthy Men. 
Exp Physiol. 2018 Sep 22. doi: 10.1113/EP086995.

木村雅彦 他:熱傷患者に対するリハビリテーションに関する診療ガイドラインの現状.熱傷 2018;44:109-119

木村雅彦 他:公益社団法人日本理学療法士協会による台湾粉塵爆発事故に対する国際支援.熱傷 2017;43:22-28

澁谷真香,木村雅彦 他: 大動脈瘤人工血管置換術後患者における術前身体機能が術後パス逸脱に及ぼす影響. 心臓リハ2017 23:147-151.

Abe Y,et al:Evaluating the Association Between Walking Speed and Reduced Cardio-Cerebrovascular Events in Hemodialysis Patients: A Seven-Year Cohort Study. Ren Replace Ther 2016;2:54-60

木村雅彦 他:最大換気量検査が呼吸循環応答および眩暈症状に与える影響.臨床理学療法研究2016;32:29-33

高橋祐太 他:安定期慢性閉塞性肺疾患患者における最大歩行速度の規定因子と予後予測指標との関連.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌2015;25:218-221

Ichikawa T,et al: Expiratory muscle activity and nasal expiratory pressure during reverse sniff. Kitasato Med J.2015;45:53-61.

Yamamoto S,et al:Effect of balance training on walking speed and cardiac events in elderly patients with ischemic heart disease.Int Heart J.2014;55:397-403.

高橋祐太 他:安定期COPD患者におけるincremental shuttle walking testの制限因子の評価.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2014;24:258-262.

野崎康平 他:慢性心不全患者の退院時における6 分間歩行距離を規定する因子の検討.臨床理学療法研究2014;31:25-29

山本周平 他:高齢虚血性心疾患患者の入院期における最大歩行速度は再入院を予測する強力な因子である.臨床理学療法研究2013,30:15-19

Yamamoto S,et al: Walking speed in patients with first acute myocardial infarction who participated in a supervised cardiac rehabilitation program after coronary intervention. Int Heart J.2012, 53:347-352.


澁谷真香 他:慢性呼吸器疾患者に対する身体活動持続時間測定の信頼性に関する検討.臨床理学療法研究2012,29:15-19

伊東真理 他:健常若年者における最大換気量検査後の呼気終末二酸化炭素分圧の変化.臨床理学療法研究29:11-14

根本慎司 他:高齢虚血性心疾患患者の退院後の身体活動強度は下肢筋力だけでなくバランス機能の影響を受けている.心臓リハ2012,17:98-102

加藤倫卓 他:急性心筋梗塞患者に対する禁煙指導後の体重増加が冠危険因子に与える影響.心臓2011,43:174-180

多田実加 他:スプリンギング手技で得られる吸気量と吸気流速は呼気介助時の圧迫強度に影響を受ける.臨床理学療法研究2010,27:75-79.

市川毅 他:立位姿勢の違いが呼吸筋活動,胸郭運動および呼吸機能に及ぼす影響.臨床理学療法研究2009,26:39-42

神谷健太郎 他:筋力ならびにバランス機能のエクササイズを主体とした心臓リハビリテーションにより運動耐容能の向上が得られた重症心不全の一症例.心臓リハ2009,14:358-362

堀田一樹 他:間歇的運動における回復期時間の違いが心循環応答および自律神経活動に及ぼす影響について.日本私立医科大学理学療法学会誌2008,25:33-36

Kimura M, et al : Rehabilitation outcomes of elderly patients with severe burn injuries.Nesshou 2007,33:1-7

木村雅彦 他:前壁中隔心筋梗塞の心肺運動負荷試験における病変部位の臨床的意義について.心臓リハ2006,11:172-175

Kimura M, et al :Rehabilitation of pulmonary function. Proceedings of International Symposium on “The criticality Accident in Tokaimura” medical Aspects of Radiation Emergency:266-270

木村雅彦 他:急性期熱傷治療におけるリハビリテーションの取り組み.熱傷1999,25:35-79
所属学会 日本理学療法士学会(日本心血管理学療法学会、日本呼吸理学療法学会)、日本熱傷学会、日本呼吸療法医学会、日本呼吸ケアリハビリテーション学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本集中治療医学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本体力医学会その他
公的な委員会等の役員・委員歴 日本心血管理学療法学会 運営幹事
日本呼吸理学療法学会 運営幹事
日本熱傷学会 評議員 広報委員
日本心臓リハビリテーション学会 評議員、災害対策部会員
日本呼吸療法医学会 代議員
三鷹市障がい支援区分等判定審査員(平成27年まで)
学外活動 杉並息吹きの会 顧問
神奈川内部障害リハビリテーション研究会 相談役
居室・研究室 B棟402准教授室
メールアドレス ptkimura@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜日13-14時

このページのトップへ

PAGE TOP