search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 松岡 弘芳
フリガナ マツオカ ヒロヨシ
NAME HIROYOSHI MATSUOKA
職 位 教授
役職・委員(大学) 校医
倫理委員会委員
所属研究室 救急救命学科
研究テーマ・分野 (医学部医学科)直腸癌手術後の排便機能障害に関する研究
担当科目(学部) 救急救命学科
担当科目(大学院) 救急救命学科
兼務・兼担 特記事項無
略 歴 1986年 杏林大学医学部医学科入学
1992年 杏林大学医学部医学科卒業
1992年 杏林大学医学部外科学教室 入局(旧・第一外科、現・消化器一般外科)
1995年 東京都多摩老人医療センター外科 医員
1996年 アメリカ クリーブランドクリニックフロリダ大腸肛門外科学 研究員 
(Steven Wexner先生に師事。主にAno-rectal physiologyの研究)
1997年 杏林大学医学部医学科 助教
1998年 東京都多摩老人医療センター外科 医員
2006年 杏林大学医学部医学科外科学 医局長(6年間)
2007年 杏林大学医学部医学科 学内講師
2009年 杏林大学医学部医学科 講師
2014年 杏林大学医学部医学科 准教授
2018年 杏林大学保健学部救急救命学科 准教授
2019年 杏林大学保健学部救急救命学科 教授
所有する学位等 博士(医学)杏林大学 2005年
所有する資格 医師免許
障害者福祉法指定医
過去の会員資格等:
日本外科学会 認定医・専門医・指導医・専門医試験委員
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医・評議員・専門医試験委員
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会 保険委員・広報委員・評議員
アメリカ大腸肛門外科学会(ASCRS) 国際評議員(Fellow of ASCRS)
他所属学会 日本消化器外科学会, 日本内視鏡外科学会,日本腹部救急医学会,日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会
アメリカ内視鏡外科学会(SAGES)
ヨーロッパ大腸肛門病学会 (ESCP) 
国際消化器外科学会 (ICDS)
国際外科学会 (ICS) 
主要研究業績 【賞 罰】
―学園外―
●2002年 Cutait Award Best Podium Presentation (学会賞)
国際結腸直腸外科学会 (ISUCRS), Osaka, Japan.
●2007年 Best Presenter Award. International College of Surgeons (ICS-JS)(学会賞)
●2007年 Young Investigator Award. International College of Surgeons (若手奨励賞)
●2010年 ヨーロッパ・トラベリング・アワード/ヨーロッパ大腸肛門病学会 (ESCP)
コペンハーゲン・デンマーク
●2014年 日本臨床腫瘍グループ(JCOG) Most Contributed Research Award 2013
JCOG大腸がんグループ(研究班奨励賞)
●2015年 Wada Award (和田寿郎アワード), 第33回PPSA-JC
Pan-pacific surgical association Japan chapter, ハワイ, USA.


―学園内―
●2006年度 杏林医学奨励賞
●2008年度 TEACHER OF THE YEAR(杏林大学医学部)
●2011年度 TEACHER OF THE YEAR(杏林大学医学部)
●2013年度 TEACHER OF THE YEAR(杏林大学医学部)
●2014年度 TEACHER OF THE YEAR(杏林大学医学部)
●2015年度 TEACHER OF THE YEAR(杏林大学医学部)


【これまでの世話人】
Colorectal Oncology Conference
東京大腸Oncologyセミナー
大腸肛門機能カンファレンス(事務局)
大腸外科疾患療法研究会

【公的助成金受給】
文部省科学研究費補助金 (若手研究B):
自動吻合器における術後排便機能の臨床生理・神経学的検討

【これまでの学会・研究会・講習会の開催・主催】
2016年 第27回当番世話人 東京ストーマリハビリテーション講習会. 於:杏林大学三鷹キャンパス

英論文のみ
●Matsuoka H, Desai MB, Wexner SD, Adami C, Mavrantonis C, Nogueras JJ,
Weiss EG, Billotti VL, Nakamura T: A pilot assessment of whether external coil MRI
is useful to assess evacuatory disorders. Int J Colorectal Dis 15:91-95, 1999.
●Matsuoka H, Mavrantonis C, Wexner SD, Oliveira L, Gilliland R, Pikarsky A: Postanal repair for fecal incontinence: Is it worthwhile? Dis Colon Rectum 43:1561-1567, 2000.
●Matsuoka H, Wexner SD, Desai MB, Nakamura T, Nogueras JJ, Weiss EG, CAdami C,
Billotti VL: A comparison between dynamic pelvic magnetic resonance imaging and videoproctography in patients with constipation. Dis Colon Rectum 44:571-576, 2001.
●Matsuoka H, Takahara T, Masaki T, Sugiyama M, Hachiya J, Atomi Y:
Preoperative evaluation by magnetic resonance imaging in patients with bowel obstruction. Am J Surg 183:614-617, 2002.
●Matsuoka H, Nakamura A, Masaki T, Sugiyama M, Takahara T Hachiya J, Atomi Y: 
Preoperative staging by multidetector-row computed tomography in patients with rectal carcinoma., Am J Surg 184:131-135, 2002.
●Matsuoka H, Nakamura A, Masaki T, Sugiyama M, Takahara T Hachiya J, Atomi Y:
Comparison between endorectal coil and pelvic phased-array coil magnetic resonance imaging in patients with anorectal tumor. Am J Surg 185:328-332, 2003.
●Matsuoka H, Nakamura A, Masaki T, Sugiyama M, Takahara T, Hachiya J, Atomi Y: 
A prospective comparison between multidetector-row computed tomography and magnetic resonance imaging in the preoperative evaluation of rectal carcinoma. Am J Surg 185:556-559, 2003.
●Matsuoka H, Masaki T, Sugiyama M, Nakamura A, Takahara T, Hachiya J, Atomi Y:
Gadolinium enhanced endorectal coil and air enema magnetic resonance imaging as a useful tool in the preoperative examination of patients with rectal carcinoma.
Hepatogastroenterology 51:131-135, 2004.
●Matsuoka H, Masaki T, Mori T, Nakashima M, Sugiyama M, Atomi Y:
Laparoscopy-assisted surgery for colorectal neoplasm is justifiable regardless of advanced age. Hepatogastroenterology. 51:152-155, 2004.
●Matsuoka H, Masaki T, Sugiyama M, Atomi Y: Large contractions in the colonic J-pouch as a possible cause of incomplete evacuation. Langenbecks Arch Surg 389:391-395, 2004.
●Matsuoka H, Nakamura A, Sugiyama M, Hachiya J, Atomi Y, Masaki T: MRI diagnosis of mesorectal lymph node metastasis in patients with rectal carcinoma. What is the optimal criterion? Anticancer Research 24: 4097-4102, 2004.
●Matsuoka H, Nakamura A, Iwamoto K, Sugiyama M, Hachiya J, Atomi Y, Masaki T:
Anorectal malignant melanoma: preoperative usefulness of magnetic resonance imaging. J Gastroenterol 40:836-42, 2005.
●Matsuoka H, Masaki T, Sugiyama M, Atomi Y: Impact of lateral pelvic lymph node dissection on evacuatory and urinary functions following low anterior resection for advanced rectal carcinoma. Langenbecks Arch Surg 390:517-522,2005.
●Matsuoka H, Nakamura A, Masaki T, Sugiyama M, Nitatori T, Ohkura Y, Sakamoto A, Atomi Y: Optimal diagnostic criteria for lateral pelvic lymph node metastasis in rectal carcinoma. Anticancer Res 27:3529-33,2007.
●Matsuoka H, Masaki T, Sugiyama M, Atomi Y: Pudendal nerve terminal motor latency in evaluation of evacuatory disorder following low anterior resection for rectal carcinoma. Hepatogastroenterology 54:1426-9,2007.
●Matsuoka H, Masaki T, Sugiyama M, Atomi Y, Ohkura Y, Sakamoto A:
Morphological characteristics of lateral pelvic lymph nodes in rectal carcinoma.
Langenbecks Arch Surg 392:543-7, 2007.
●Matsuoka H, Masaki T, Kobayashi T, Sato K, Sugiyama M, Atomi Y, Ohkura Y. Morphological criteria for metastatic mesorectal lymph nodes in rectal cancer. Hepatogastroenterology 56:1661-4, 2009.
●Matsuoka H, Masaki T, Takayama M, Tonari A, Sato K, Kobayashi T, Sugiyama M, Atomi Y. Impact of intra-operative radiotherapy on evacuatory function following ultra-low anterior resection. Result of prospective randomized trial. Hepatogastroenterology 56:1656-60, 2009.
●Matsuoka H, Masaki T, Takayama M, Tonari A, Sato K, Kobayashi T, Sugiyama M, Atomi Y. Comparison of functional and clinical outcomes: colonic J-pouch vs. coloplasty in patients with low rectal cancer. Hepatogastroenterology 2010;57:70-72.
●Matsuoka H, Masaki T, Kobayashi T, Sato K, Mori T, Sugiyama M, Atomi Y.
Neurophysiologic investigation of anal function following double stapling anastomosis.
Dig Surg 2010;27:320-323.
●Matsuoka H, Masaki T, Kobayashi T, Sato K, Mori T, Sugiyama M, Atomi Y.
Which is the preference of choice either life with a stoma or evacuatory disorder following rectal cancer surgery? Hepatogastroenterology. 2011;58:749-51.
●Matsuoka H, Maeda K, Katsuno H, Tsunoda A, Koda K, Ohge H, Oya M, Yoshioka K, Imazu Y, Masaki T. Recovery of upper gastrointestinal bowel movement following recto-sigmoid cancer dissection - a pilot transit analysis. Int Surg. 2011:96:281-5.
所属学会 上述
公的な委員会等の役員・委員歴 過去の委員歴
杏林大学医学部付属病院 DPC保険委員会委員長 
杏林大学医学部付属病院 病院管理部副部長
杏林大学医学部付属病院 保険診療適正会副委員長
学外活動 過去の社会活動 
社会保険診療報酬支払基金 東京支部 主任審査員
一般社団法人 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)処置委員会委員
居室・研究室 A309
メールアドレス hmatsu@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 木曜日 12:10-13:00
学生・受験生へのメッセージ 三鷹から世界へ!特に保健学部の学生さんにはカナダ・バンクーバー ランガラ大学ホームステイ語学研修&医療施設視察プログラムがおススメ!
関連サイト ヨーロッパ大腸肛門病学会 (ESCP)

このページのトップへ

PAGE TOP