大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:川上 貴久

教員紹介:川上 貴久


氏名
 
川上 貴久
カワカミ タカヒサ KAWAKAMI, Takahisa
職位 講師
学内の役職・委員等 腎・透析センター 副センター長,病棟医長補佐,災害対策委員会委員,試験問題作成担当委員
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) M3 腎臓内科学 糸球体疾患とネフローゼ症候群,一次性糸球体疾患各論(1)(2),尿細管間質性腎炎・腎盂腎炎
M6 臨床総合演習I 腎臓内科2,臨床総合演習II 腎臓内科2
担当科目(大学院) 基礎臨床共通講義II「多様なるマクロファージ」
専門分野 腎臓病学,慢性腎臓病,自然免疫・炎症
研究テーマ 「自然免疫・炎症を標的とした慢性腎臓病・急性腎障害の病態解明と新規治療の開発」
慢性腎臓病の腎機能障害はある閾値を超えると進行が不可逆になり,透析などの腎代替療法が必要な状態に至ってしまいます.また,急性腎障害は慢性腎臓病の原因かつ増悪因子です.これらを克服するために,自然免疫・炎症を標的とした,慢性腎臓病・急性腎障害の新規治療の開発を目指す研究をしています.
略歴 2000年 東京大学医学部医学科卒業
2000年 東京大学医学部附属病院 内科研修医
2001年 NTT東日本関東病院 内科レジデント
2002年 昭和大学藤が丘病院 腎臓内科 員外助手
2004年 東京大学医学系研究科内科学専攻(腎臓内科学)博士課程
2008年 同課程修了
2008年 東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科 医員
2009年 医療法人社団欅会 北八王子クリニック 院長
2011年 University of Washington, Institute for Stem Cell and Regenerative Medicine, Visiting Scientist
2013年 東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科 助教
2018年 杏林大学医学部内科学(I) 学内講師
2020年 杏林大学医学部腎臓・リウマチ膠原病内科 講師,腎・透析センター 副センター長

受賞歴
2009年 Travel Grant, World Congress of Nephrology, Milan
2009年 Top 5% Abstract, World Congress of Nephrology, Milan
2011年 持田記念医学薬学振興財団 留学補助金
2014年 第57回日本腎臓学会総会 会長賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 主な論文(欧文)
Miyamoto A, Kawakami T*, Kakinuma M, Sato R, Fukuoka K, Karube M, Komagata Y, Kaname S:Extensive bilateral renal metastases of non-small cell lung carcinoma caused acute kidney injury resulting in end-stage renal disease. CEN Case Rep 10:194, 2021.
*corresponding author

Nasu K, Kawakami T, Shinohara A, Sakamoto T, & Nangaku M:Munc18-1-interacting protein 3 mitigates renal fibrosis through protection of tubular epithelial cells from apoptosis. Nephrol Dial Transplant 35:576, 2020.

Okada A, Nangaku M, Jao TM, Maekawa H, Ishimono Y, Kawakami T, & Inagi R:D-serine, a novel uremic toxin, induces senescence in human renal tubular cells via GCN2 activation. Sci Rep 7:11168, 2017.

Tanaka S, Tanaka T, Kawakami T, Takano H, Sugahara M, Saito H, Higashijima Y, Yamaguchi J, Inagi R, & Nangaku M:Vascular adhesion protein-1 enhances neutrophil infiltration by generation of hydrogen peroxide in renal ischemia/reperfusion injury. Kidney Int 92:154-164.2017.

Sugawara Y, Honda K, Katagiri D, Nakamura M, Kawakami T, Nasu R, Hayashi A, Shintani Y, Tojo A, Noiri E, Kurokawa M, Fukayama M, & Nangaku M:Umbilical Cord Blood Transplantation-associated Nephrotic Syndrome Successfully Treated by Low-density Lipoprotein Apheresis. Intern Med 55:2831-2836,2016.

Kawakami T, Gomez IG, Ren S, Hudkins K, Roach A, Alpers CE, Shankland SJ, D'Agati VD, & Duffield JS:Deficient Autophagy Results in Mitochondrial Dysfunction and FSGS. J Am Soc Nephrol 26:1040-52, 2015.

Kawakami T, Mimura I, Shoji K, Tanaka T, & Nangaku M:Hypoxia and fibrosis in chronic kidney disease: crossing at pericytes. Kidney Int Suppl 4:107-112, 2014.

Kawakami T*, Lichtnekert J, Thompson LJ, Karna P, Bouabe H, Hohl TM, Heinecke JW, Ziegler SF, Nelson PJ, & Duffield JS:Resident renal mononuclear phagocytes comprise five discrete populations with distinct phenotypes and functions. J Immunol 191:3358-72, 2013.
*co-corresponding author

Lichtnekert J, Kawakami T, Parks WC, & Duffield JS:Changes in macrophage phenotype as the immune response evolves. Curr Opin Pharmacol. 13:555-64, 2013.

Kawakami T, Ren S, & Duffield JS:Wnt signalling in kidney diseases: dual roles in renal injury and repair. J Pathol 229:221-31, 2013.

Kawakami T,Inagi R, Wada T, Tanaka T, Fujita T, & Nangaku M:Indoxyl sulfate inhibits proliferation of human proximal tubular cells via endoplasmic reticulum stress. Am J Physiol Renal Physiol 299:F568-76, 2010.

Palm F, Nangaku M, Fasching A, Tanaka T, Nordquist L, Hansell P, Kawakami T, Nishijima F, & Fujita T:Uremia induces abnormal oxygen consumption in tubules and aggravates chronic hypoxia of the kidney via oxidative stress. Am J Physiol Renal Physiol 299:F380-6, 2010.

Son D, Kanda H, Yamaguchi A, Kawabata K, Kawakami T, Kubo K, Higashihara M, Shimizu J, Uozaki H, Kuramochi S, Misaki Y, Takeuchi F, & Yamamoto K:Myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis with diffuse tubulointerstitial nephritis. J Nephrol 22:417-20, 2009.

Kawakami T, Inagi R, Takano H, Sato S, Ingelfinger JR, Fujita T, & Nangaku M:Endoplasmic reticulum stress induces autophagy in renal proximal tubular cells. Nephrol Dial Transplant 242665-72, 2009.

Inagi R, Kumagai T, Nishi H, Kawakami T, Miyata T, Fujita T, Nangaku M:Preconditioning with endoplasmic reticulum stress ameliorates mesangioproliferative glomerulonephritis. J Am Soc Nephrol 19:915-22, 2008.

主な論文(邦文)
川上 貴久:腎性貧血の治療.Medical Practice 36:1272-1276, 2019.

川上 貴久, 竹村 浩至, 南学 正臣:糖尿病腎症の今後の治療展望 Rapid declinerと新規薬剤開発の視点から.内分泌・糖尿病・代謝内科 44:248-252,2017.

竹村 浩至, 川上 貴久, 南学 正臣:古典的なDiabetic NephropathyとDiabetic kidney disease(DKD)について.内分泌・糖尿病・代謝内科 44:182-184,2017.

那須 かほり, 川上 貴久, 南学 正臣:造血因子欠乏による貧血 腎性貧血 腎性貧血の病態・臨床像.日本臨床 75巻増刊1:186-189,2017.

川上 貴久:Pericyteと線維化.医学のあゆみ 240:283-287,2012.

競争的研究資金
科学研究費 基盤研究(C) 2019-2021年度 研究代表者
科学研究費 基盤研究(C) 2016-2018年度 研究代表者
科学研究費 若手研究(B) 2014-2015年度 研究代表者
所属学会 日本内科学会,日本腎臓学会,日本透析医学会,日本リウマチ学会
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「難治性腎障害に関する調査研究」ネフローゼ症候群ワーキンググループ 研究協力者
学外活動 日本内科学会セルフトレーニング問題作成(2019年-)
ひとことメッセージ 今いらっしゃる患者さん,そして未来の患者さんのために役立つことを,診療・教育・研究を通じてしていきたいと思っています.
このページのトップへ

PAGE TOP