大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:平形 明人

教員紹介:平形 明人


氏名
 
平形 明人
ヒラカタ アキト HIRAKATA, Akito
職位 教授
学内の役職・委員等 学部長補佐(医学部)
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
その他の所属教室 医学教育室
担当科目(学部) 眼科学
担当科目(大学院) 眼科学
専門分野 眼科学、網膜硝子体疾患、眼病理
研究テーマ 網膜硝子体疾患、眼科手術、眼病理
略歴 1982年 慶應義塾大学医学部卒業
1982年 慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
1984年 国立東京第二病院レジデント
1985年 国立栃木病院眼科医長
1987年 慶應義塾大学医学部助手(眼科学)
1988年 アメリカ合衆国デューク大学留学(Duke大学医学部眼科病理 Research Fellow,Vitreo-Retinal Research Associate)
1992年 慶應義塾大学付属病院
1992年 杏林大学医学部講師(眼科学)
1997年 杏林大学医学部助教授(眼科学)
2005年 杏林大学医学部教授(眼科学)
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 眼科専門医, PDT認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) 平形明人、大鹿哲郎、谷原秀行、岡田アナベルあやめ (共著) : オキュラ-サイエンス:眼科臨床医のための基礎医学と実際統計学. 東京, 医学書院, 1995.
2) 山田昌和, 平形明人, 黒坂大次郎(共著):細隙灯顕微鏡自由自在. 東京, 診断と治療社, 2001.
3) Hirakata A: Congenital optic disc pits, Moning Glory disc anomaly, Optic never coloboma and peripapillarystaphyloma. In: Macular Surgery. Quiroz-Mercado H, Tano Y, de Juan et al (Eds). Philadelphia, Lippincott, 2000. pp.310-324.
4) Hirakata A, Okada AA, Hida T: Long-term results of vitrectomy without laser treatment for macular detachment associated with an optic disc pit. Ophthalmology 112:1430-1435, 2005.
5)Hirakata A, Hida T: Vitrectomy for myopic posterior retinoschisis or foveal detachment. Jpn J Ophthalmol 50: 53-61, 2006.
6)Hirakata A, Inoue M, Oshitari K1, Okada AA, Nagamoto T, Tano Y2(1Oshitari Ganka, 2 Department of Ophthalmology, Osaka University): Histopathological examination of internal limiting membrane surface after scraping with diamond-dusted membrane scraper. Acta Ophthalmol 88: e293- 4, 2010.
7) Hirakata A, Inoue M, Hiraoka T, McCuen BW 2nd 1 (1Department Ophthalmology, Duke Univ, Durham, NC): Vitrectomy without Laser Treatment or Gas Tamponade for Macular Detachment Associated with an Optic Disc Pit. Ophthalmology119:810-818, 2012.
8) Rii T, Hirakata A, Inoue M: Comparative findings in childhood-onset versus adult-onset optic disc pit maculopathy. Acta Ophthalmol 91:429-33, 2013.
9) Taniuchi S1, Hirakata A, Itoh Y, Hirota K, Inoue M(1Juntendo Univ., Department of Ophthalmology): Vitrectomy with or without internal limiting membrane peeling for each stage of myopic traction maculopathy. Retina 33:2018-2025, 2013.
10) Ohno-Matsui K, Hirakata A, Inoue M, Akiba M, Ishibashi T: Evaluation of congenital optic disc pits and optic disc colobomas by swept-source optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci 54:7769-78, 2013.
11) Ando Y, Hirakata A, Ohara A, Yokota R, Orihara T, Hirota K, Koto T, Inoue M: Vitrectomy and scleral imbrication in patients with myopic traction maculopathy and macular hole retinal detachment. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 255:673-680, 2017.
12) Yokota R, Hirakata A, Hayashi N, Hirota K, Rii T, Itoh Y, Orihara T, Inoue M: Ultrastructural analyses of internal limiting membrane excised from highly myopic eyes with myopic traction maculopathy. Jpn J Ophthalmol 62:84-91,2018.
13) Takahashi H, Inoue M, Koto T, Itoh Y, Hirota K, Hirakata A: Inverted internal limiting membrane flap technique for treatment of macular hole retinal detachment in highly myopic eyes. Retina 38:2317-2326. 2018.
14) Kato Y, Inoue M, Hirakata A: Effect of foveal vitreous cortex removal to prevent epiretinal membrane after vitrectomy and scleral buckling. Ophtalmol Retina 4:S2468-6530, 2020.
その他 分担執筆多数
所属学会 日本眼科学会(常務理事)
日本網膜硝子体学会(理事)
日本糖尿病眼学会(監事)
日本近視学会(監事)
American Academy of Ophthalmology
American Society of Retina Specialists
Club Jules Gonin
Club Retina Hall of Fame



ほか
公的な委員会等の役員・委員歴 先進医療会議技術委員(厚生労働省)
付属病院ホームページ ドクター紹介(2008年12月1日公開)
関連サイト 眼科学教室ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP