大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:花輪 智子

教員紹介:花輪 智子


氏名
 
花輪 智子
ハナワ トモコ HANAWA, Tomoko
職位 教授
学内の役職・委員等 医学教育センターアクティブラーニング室担当
病原体等安全管理委員会委員
遺伝子組換え実験安全管理委員会委員
病原体等取扱い主任者
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 感染症・免疫学
兼務・兼担 杏林大学大学院国際協力研究科(博士前期課程)
専門分野 感染症学、分子微生物学、感染免疫学
研究テーマ バクテリオファージに対する宿主免疫応答と病態への影響
多剤耐性菌に対するファージ療法の開発
百日咳菌を中心とした環境因子による病原性発現制御機構の解明
略歴 1990年 4月 日清製粉株式会社 医薬部門 生化学研究室 研究員
1991年12月 杏林大学医学部 助手
2005年 4月 ミネソタ大学医学部 博士研究員
2006年 4月 杏林大学医学部 助教
2007年 4月 杏林大学医学部 学内講師
2010年 4月 杏林大学医学部 講師
2017年 4月 杏林大学医学部 准教授
2020年 4月 杏林大学医学部 教授
所有する学位 博士(薬学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 インフェクションコントロールドクター
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Goto M, Hanawa T, Abe A, Kuwae A.: Transcriptional Downregulation of a Type III Secretion System under Reducing Conditions in Bordetella pertussis. J Bacteriol. 202:e00400-20. 2020. doi: 10.1128/JB.00400-20.
2) Wada H, Nakamura M, Inoue SI, Kudo A, Hanawa T, Iwakura Y, Kobayashi F, Kamma H, Kamiya S, Ito K, Barnes PJ, Takizawa H.: Dual interleukin-17A/F deficiency protects against acute and chronic response to cigarette smoke exposure in mice. Sci Rep. 11:11508. 2021 doi: 10.1038/s41598-021-90853-9.
3) Hojo F, Osaki T, Yonezawa H, Hanawa T, Kurata S, Kamiya S.: Acanthamoeba castellanii supports extracellular survival of Helicobacter pylori in co-culture. J Infect Chemother. 2020 Sep;26(9):946-954. doi: 10.1016/j.jiac.2020.04.016. Epub 2020 May 21. PMID: 32448734
4) Hanawa T, Shimoda-Komatsu Y, Araki K, Ohyama M, Ohnishi H, Kamiya S, Matsuda T. :Skin and Soft Tissue Infections Caused by Different Genotypes of PVL-Positive Community-Acquired Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Strains. Jpn J Infect Dis. 2020 73:72-75. doi: 10.7883/yoken.JJID.2019.162.
5) Peng C, Hanawa T, Azam AH, LeBlanc C, Ung P, Matsuda T, Onishi H, Miyanaga K, Tanji Y. :Silviavirus phage ɸMR003 displays a broad host range against methicillin-resistant Staphylococcus aureus of human origin. Appl Microbiol Biotechnol. 103:7751-7765. 2019. doi: 10.1007/s00253-019-10039-2.
6) Zaman C, Osaki T, Furuta Y, Hojo F, Yonezawa H, Konno M, Kurata S, Hanawa T, Kamiya S. :Enhanced infectivity of strains of Helicobacter pylori isolated from children compared with parental strains. J Med Microbiol. 68:633-641. 2019. doi: 10.1099/jmm.0.000918.
7) Hanawa T, Kamachi K, Yonezawa H, Fukutomi T, Kawakami H, Kamiya S. :Glutamate Limitation, BvgAS Activation, and (p)ppGpp Regulate the Expression of the Bordetella pertussis Type 3 Secretion System. J Bacteriol. 198:343-51. 2015. doi: 10.1128/JB.00596-15.
8) Hanawa T, Yonezawa H, Kawakami H, Kamiya S, Armstrong SK.: Role of Bordetella pertussis RseA in the cell envelope stress response and adenylate cyclase toxin release. Pathog Dis. 69: 7-20, 2013.
9) Sugisaki K, Hanawa T, Yonezawa H, Osaki T, Fukutomi T, Kawakami H, Yamamoto T, Kamiya S.: Role of (p)ppGpp in biofilm formation and expression of filamentous structures in Bordetella pertussis.Microbiology. 159(Pt 7):1379-89, 2013.
5) Brickman TJ, Hanawa T, Anderson MT, Suhadolc RJ, Armstrong SK. Differential expression of Bordetella pertussis iron transport system genes during infection. Mol Microbiol. 70(1):3-14.2008. 
所属学会 日本細菌学会、日本感染症学会、米国微生物学会、日本バイオフィルム学会(理事)、日本ファージセラピー研究会(運営委員)
このページのトップへ

PAGE TOP