search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 久野 新
教員名フリガナ クノ アラタ
担当科目(学部) 経済原論演習、世界経済論、アジア経済論、開発経済学、Critical Thinking、Public Speaking、ゼミナール
担当科目(大学院) 地域圏特論A(Economy in East Asia and the Pacific)、地域圏特論B(Regional Integration in East Asia)
研究テーマ 国際貿易投資の実証分析、通商政策の政治経済学、東アジアにおける地域統合
略歴 【学歴】
慶應義塾大学経済学部 卒業
同大学院政策メディア研究科修士課程 修了
同大学院経済学研究科博士課程 修了
博士(経済学)、慶應義塾大学

【職歴】
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員
経済産業省通商政策局 出向
横浜国立大学経済学部・経営学部 非常勤講師
などを経て現職

【学外活動】
早稲田大学日米研究機構 招聘研究員
環日本海経済研究所(ERINA) 共同研究員
国際貿易投資研究所(ITI) 客員研究員

【その他】
クイーンズランド大学Content and Language Integrated Learning (CLIL) 教授法プログラム修了 (Institute of Continuing & TESOL Education)
米国大使館助成「日本の大学教職員・国際化トレーニングプログラム」参加(於:米フィラデルフィア)
主要研究業績 【ディスカッション・ペーパー、執筆中論文等】
・"Estimating the Impacts of FTA on Foreign Trade: An Analysis of Extensive and Intensive Trade Margins for Japan-Mexico FTA."RIETI-Discussion Paper 16-E-003, (2016).(共著)
・"East Asia Tariff Concession: A CGE Analysis" Conference Paper for the 18th Annual Conference on Global Economic Analysis, Melbourne, Australia, June 17-19, 2015.(共著, presented by co-authors)
・"Framing Business Interests: How Campaigns Affect Firms' Positions on Preferential Trade Agreements" (October 9, 2015). Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=2671986(共著)
・「貿易自由化実現のための補償措置は支持されるのか?―調査実験による実証分析―」RIETI Discussion Paper 15-J-002、2015年。

【論文】
・"The political economy of preferential trade arrangements: The case of Japan.", China Economic Journal, 2017, 10:2, pp. 128-46. (共著)
・「日中韓FTA交渉の戦略的重要性に関する再検討」『季刊 国際貿易と投資』No.106、国際貿易投資研究所、2016年。
・「コンメンタール TPP 2:譲許表」『貿易と関税』第64巻第11号、日本関税協会、2016年。
・「コンメンタール TPP 1:環太平洋パートナーシップ参加国のマクロ経済政策当局間の共同宣言表」『貿易と関税』第64巻第10号、9-14頁、日本関税協会、2016年。
・「韓国における企業向けFTA利用促進政策の現状と日本への示唆」『ERINA REPORT』No.126、環日本海経済研究所、2015年。(共著)
・“Pursuing a Consolidated Tariff Structure in the RCEP: Sensitivity and Inconsistency in ASEAN’s Trade Protection.” In Christopher Findlay ed. ASEAN and Regional Free Trade Agreements. (Routledge-ERIA Studies in Development Economics) , 2015. (共著)
・「メガFTA交渉妥結後の新たな政策課題:FTAの利用促進に向けて」『国際関係の論点:グローバル・ガバナンスの視点から』馬田啓一・小野田欣也・西孝(編)、文眞堂、2015年。
・「TPP締結後の補償・調整支援措置をめぐる考察:日本版貿易調整支援(TAA)導入の意義と課題(1)」『貿易と関税』61 :10、pp.27-32、2013 年。
・「TPP締結後の補償・調整支援措置をめぐる考察:日本版貿易調整支援(TAA)導入の意義と課題(2)」『貿易と関税』61 :11、pp.59-67、2013年。
・通商産業政策史編纂委員会・阿部武司編『通商産業政策史1980-2000 第2巻 通商・貿易政策』財団法人経済産業調査会、2013年(共著)。
・「輸入競争に起因する失業者への救済措置導入をめぐる有権者の選好に関する考察」『杏林社会科学研究』28:3、pp.51-66、2012年。
・「自由貿易に対する選好:その決定要因と国際比較」『国際経済の論点』馬田啓一・木村福成(編)、文眞堂、2012年。
・「TPPをめぐる有権者の選好形成メカニズム」『日本のTPP戦略: 課題と展望』馬田啓一・木村福成・浦田秀次郎(編)、文眞堂、2012年。
・“Constructing the Tariff Dataset for the ERIA FTA Database,” in Lee, Chang Jae and Misa Okabe eds. Comprehensive Mapping of FTAs in ASEAN and East Asia: Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA), 2011.
・"Northeast Asia and FTAs:Issues and Perspectives.”ERINA Report, Vol.82, 2008.(共著)
・「日豪経済連携協定の戦略的重要性と日本経済への影響」『貿易と関税』55 :10、pp.4-16、2007 年。(共著)
・“An Evaluation of Japan’s First Safeguards Actions.” The World Economy, 2006, 29:6, pp. 763-82.
・“Pursuing the Best form of Plurilateral Regional Trade Arrangements in East Asia.” The Journal of the Korean Economy, 2006, 7:2, pp. 1-26.(共著)
・「東アジア・環太平洋地域の経済統合の現状と日本・韓国の国際通商政策」『三田学会雑誌』、99 巻2 号(7 月)pp.5-29、慶應義塾経済学会、2006 年。(共著)
・“How to Measure Non-tariff Barriers? A Critical Examination of the Price-Differential Approach.” In Choong Yong Ahn, Inkyo Cheong, Yukiko Fukagawa, and Takatoshi Ito eds. Korea-Japan FTA: Toward a Model Case for East Asian Economic Integration. Korean Institute for International Economic Policy (KIEP), 2005, pp. 296-340.(共著)
・「WTO 紛争解決制度における対抗措置の法と経済分析 −履行促進の観点からの有効性−」『WTO 紛争解決手続きにおける履行制度(RIETI 経済政策分析シリーズ)』川瀬剛志・荒木一郎(編)、第3章、65-106 頁、三省堂、2005 年。
・「セーフガードと貿易調整支援政策の補完可能性−構造調整促進の観点から―」『WTO体制とセーフガード制度(RIETI 経済政策分析シリーズ)』荒木一郎・川瀬剛志(編)、第8章、183-212頁、東洋経済新報社、2004 年。
・「我が国植物検疫措置の課題と展望」『貿易と関税』52 :2、pp.20-35、2004 年。(共著)
・『WTO入門』、日本評論社、2004年。(共著)
・「貿易保護のコスト試算」『UFJ Institute Report』8:2、pp.31-44、2003 年。(共著)

【その他執筆物】
・「あなたは貿易自由化を支持しますか?貿易政策に対する選好の決定要因分析(リレー連載:百花繚乱:国際経済学における実証研究)」『世界経済評論』、2016年。
・"Beyond TPP negotiation: policy proposals for promoting FTA utilization." Social Science Japan, 2015, March Vol. 52, pp. 25-27, Institute of Social Science, University of Tokyo.
・“Policy issues regarding the promotion of FTA utilization in Japan.” Japan Spotlight, 2014, July/August, pp. 16-20, Japan Economic Foundation.
・"Toward a Consolidated Preferential Tariff Structure in East Asia: Going beyond ASEAN+1 FTAs."ERIA Policy Brief, 2012-03.(共著)

【科研費プロジェクトへの参加】
・「日中韓の制度的経済統合とTPP」
(研究分担者、基盤研究C、2013〜2015年度)
・「日本人の外交に関する選好形成メカニズムの研究」
(連携研究者、基盤研究A、2011〜2013年度)
・「貿易政策に対する選好の決定要因分析」
(研究代表者、研究活動スタート支援、2010〜2011年度)

【その他研究助成プロジェクトへの参加】
・早稲田大学特定課題研究助成「地域統合参加決定の比較研究」
(研究メンバー、2014年度〜)
・サントリー文化財団「アジア太平洋地域における地域統合の進行」
(研究メンバー、2014年度〜)

【その他研究会への参加など:抜粋】
・日本関税協会「TPPと21世紀の関税・貿易政策研究会」委員
・日本国際問題研究所「ポストTPPにおけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」委員
・独立行政法人経済産業研究所「FTAの経済的影響に関する研究」研究会メンバー
・世界平和研究所「日韓国交正常化50周年共同研究プロジェクト」メンバー
・明治大学国際総合研究所「東アジア経済統合の展開および進化に向けた政策のあり方」研究会メンバー
・Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) "FTA Mapping Study"研究会メンバー

【国際会議での登壇など:抜粋】
・"Japan's Role in the Asia Pacific Regional Economic Integration" presented at "2016 ROC-US-Japan and Asia-Pacific Regional Partners Security Dialogue" co-organized by The Prospect Foundation, Center for a New American Security (CNAS), and Institute for International Policy Studies, (Taipei, 14 December 2016)
・"Enlarging the Boundaries of Economic and Business Cooperation" presented at "the 6th Seoul-Tokyo Forum: Common Vision for the Next 50 Years of Korea-Japan Ties" organized by the Seoul Forum for International Affairs and Institute for International Policy Studies (IIPS), (Seoul, 19-21 June 2015)
・"Policy Issues regarding the Promotion of FTA Utilization in Japan", presented at the 26th GSDM platform seminar "Mega-FTAs and Global Trade Governance" organized by University of Tokyo, (Tokyo, 8 December 2014)
・"Impacts of TPP on Economic Integration and Production Linkage in Asia Pacific", presented at "2014 ROC (Taiwan)-US-Japan Trilateral Dialogue" co-organized by The Chung-Hua Institution for Economic Research, Center for Strategic and International Studies, and Institute for International Policy Studies, (Taipei, 1 July 2014)
・"Determinants of Voters' Attitudes toward the TPP in Japan and the Possible Direction of Short-Term Domestic Countermeasures", presented at "2014 Northeast Asia International Conference for Economic Development (NICE) in Niigata" organized by Economic Research Institute for Northeast Asia, (Niigata, 29 January 2014)
・"Trade in Goods under the CJK FTA", presented at "CJK FTA Seminar" organized by Trilateral Cooperation Secretariat, (Weihai, 18 June 2013)
・"Tariff Liberalization and Non-Tariff Barriers in Cambodia", presented at "Major Issues and Challenges in Cambodia: Towards the Phnom Penh Framework" organized by ERIA and the Ministry of Commerce of Cambodia, (Phnom Penh, 29 May 2012)
所属学会 日本国際経済学会、アジア政経学会、American Economic Association
研究室の場所 G棟-572
このページのトップへ

PAGE TOP