search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 小山 三郎
教員名フリガナ コヤマ サブロウ
所属 中国語学科
専門分野(大学院) 現代中国政治論
担当科目(学部) 中国経済概論、比較文化論、ゼミナール・卒業論文
担当科目(大学院) 現代中国文化社会特論、言語と文化交流、現代中国政治論演習
研究テーマ 近現代中国研究 台湾研究
略歴 慶應義塾大学法学研究科政治学専攻博士課程修了
法学博士
主要研究業績  著書(学術書)のみ掲載。
(1)『現代中国における政治と文学』アジア政経学会、1988年
(2)『現代中国の政治と文学』東方書店、1993年
(3)『中国近代文学史年表』同学社、1997年
(4)『文学現象から見た現代中国』晃洋書房、2000年
(5)『毛沢東の秘められた講話』上下、共訳、岩波書店、1993年
(6)『台湾現代文学の考察』知泉書館、2008年
(7)『台湾映画』晃洋書房、2008年
(8)『中国現代文学』晃洋書房、2010年
(9)『魯迅』明石書店、2011年
(10)『文学現象から見た現代中国』(電子書籍)、2013年
(11)『新編台湾映画』晃洋書房、2014年
所属学会 アジア政経学会等
研究室の場所 D棟501室
電子メールアドレス skoyama@ks.kyorin-u.ac.jp
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
ひとことメッセージ  1987年制作の台湾映画「稲草人」をDVDで見ました。日本が台湾を植民地としていたころの日本の軍人と現地の台湾人の姿が描かれていました。日本の軍人を批判する意図があるわけでもなく、台湾人の日本批判が描かれているわけでもないこの映画は、見終わった後でため息がでるほどに植民地時代の日本と台湾の現実の姿がそのまま描かれていたと思います。教科書では語ることのできない歴史は、このように学ぶことができるものなのです。どうですか。一緒に映画を鑑賞しませんか。そして歴史を考えませんか。
このページのトップへ

PAGE TOP