search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 塚本 慶一
教員名フリガナ ツカモト ケイイチ
所属 中国語学科
担当科目(学部) 中国語通訳法、中国語翻訳法、中国語ビジネスコミュニケーション論
担当科目(大学院) 日中逐次・同時通訳特論、 論文指導、国際言語コミュニケーション演習
研究テーマ 中国語通訳論・翻訳論、 中国語ビジネスコミュニケーション論
略歴 北里大学・早稲田大学を経て、東京外国語大学中国語学科卒業。
在学中から通訳・翻訳の実務に従事。卒業後、フリーになり、商談・文化交流・政府間交渉まで、幅広い分野で活躍する。この間、日本英語検定協会委員、NHK中国語講座講師、日本輸出入銀行(現・日本国際協力銀行)参事役、神田外語大学中国語学科教授などを歴任。2007年4月より、杏林大学教授。
主要研究業績 『中国語通訳への道』2003(大修館書店)
『中国語通訳』1987(サイマル出版会)
『実戦ビジネス中国語会話』1995(白水社)
『ビジネス中国語キーワード600』2000(語研)
『塚本式仕事術・ビジネス中国語フレーズ集』2005(アスク)
『中国語新語ビジネス用語辞典』2006(大修館書店) など
ほか、講演・論文・その他 多数
所属学会 日本中国語学会、中国語教育学会、日本ビジネス中国語学会、世界漢語教学学会(北京)、外国語教育メディア学会、日本通訳翻訳学会、など
研究室の場所 D517
関連サイト 講義の特徴等
ひとことメッセージ 過去30年間、日本輸出入銀行(現・日本国際協力銀行)にて政府間の金融協力業務に携わり、またその後、新設の神田外語大学には立ち上げから係りました。その間、通訳者・翻訳者養成の仕事を、日本ではサイマル・アカデミーで、中国では大学・大学院・政府機関にて行なってきました。今後はこうして得られた実績や考え方を後進に伝えたいと思っています。そして、中国との関わりというこのエキサイティングでしかも奥の深い尽きることのない楽しさを、存分に学生諸君に伝え、共有できるように努めて参りたいと思っております。
このページのトップへ

PAGE TOP