大学ホーム医学研究科教育・研究指導共同研究施設蛋白質・核酸解析部門

共同研究施設紹介:蛋白質・核酸解析部門

施設の概要

杏林大学医学部共同研究施設タンパク質核酸解析部門(以後、当施設)は、1992年4月に発足し、プロテインシークェンサー、ペプチド合成機、DNAシークエンサー、DNA合成装置などタンパク質と核酸の解析の施設として運用されてきた。規制や実験手法の進歩に合わせ、近年、ホルムアルデヒド使用のためのラミナーフローテーブル、発光イメージング機器LAS4000、最新鋭の質量分析計 Orbitrap Velos、イオントレント次世代シークエンサーなどが導入された。

発光イメージング機器 LAS4000
質量分析計 Orbitrap Velos
イオントレント シークエンサー

施設の設置場所

当施設は医学部臨床研究棟3階316号室に位置している。なお質量分析計のみ医学部基礎研究棟5階501号室に設置されている。

担当教員

部門長 櫻井 裕之 教授

現在、当施設を管理する常任の担当教員は置かず、運営のための諸事は部門長が担当している。

設置機器

当施設固有の機器に加え、本学部各教室に所属する機器が共同利用を目的として設置されている。(別表1)

利用について

(1) 申請方法

現在設置している機器の使用に関しては、その機器が所属する講座の担当者に直接申請する方法をとっている。当施設に所属する機器に関しては、特段の申請方法は設けておらず、口頭で連絡するのみでよしとしている。

質量分析計に関しては、教室単位で年間利用登録をしてもらう。

(2) 利用可能な時間帯

当施設は、利用者の便宜を図る目的で24時間開放している。なお、当施設の施錠は利用者の責任であり、鍵は本学施設課で申請して借り出すことができる。

(3) 利用料金等

消耗品に関わる経費は利用者が負担することとし、機器の整備が必要となった時は、当施設の運営費の一部を充てることにしている。質量分析計の運営費用の一部は登録教室からの利用料でまかなう。共同研究者を除き、学外からの利用は想定していない。

(4) その他

当施設では毒物劇物及び危険物の保管は想定しておらず、施錠が可能な安全キャビネットなどは設置していない。利用者は、当該試薬類の使用に際しては、各試薬の種類や危険等級等に対応したドラフト内での取り扱いが求められる。

共同利用施設に共通して一般的な注意事項として、飲食・喫煙は禁止している。また、バーナーなど火炎の取り扱いは、細心の注意を払うこと。

2015年3月時点で蛋白質核酸解析部門に設置されている機器

(これらの機器は、原則として共同利用に用いられるものであり、使用に際しては所属教室に連絡するものとしている。)

当部門:
  • 低温室(3.5 - 4.5 ℃ 制御)
  • ラミナーテーブル、HD-01 〈ホルムアルデヒド対策)
  • 超純水精製装置 Direct-Q 、ミリポア
  • HANSEN 電子天秤
  • 液体窒素タンク2台
  • Yamato SG82 乾熱滅菌器
  • Daltonドラフト
  • Tomy LC-121 低速遠心機
  • Waters LC module I plus HPLC装置
  • Pharmacia FPLC 液体クロマトグラフィー装置
  • ImageQuant LAS-4000、GEヘルスケア
  • QuantStudio 3DデジタルPCRシステム、ABI
薬理学教室:
  • LABOCONCO 凍結乾燥機
臨床検査医学教室:
  • Gene Chip Fluidics station 450
  • Gene Chip Hybridization Oven 640
  • Microtome、Microm HM 550
  • 縦型ディープフリーザー、三洋 
腫瘍内科学教室:
  • Biomedical freezer、三洋
  • Eppendorff 遠心機
第一外科学教室:
  • イオントレント一式 、ABI Systems
  • IonPGMシークエンサー本体
  • IonOneTouch2システム
  • IonOneTouchESシステム
  • Trentサーバー、ABI Systems
  • ピピンプレップ、日本ジーン
  • CO2インキュベーター
  • O2インキュベーター
  • 倒立顕微鏡

質量分析計一式は5階501号室に設置。

このページのトップへ

PAGE TOP