大学ホーム医学研究科教育・研究指導研究室・研究グループ産科婦人科学教室

研究室・研究グループ紹介:産科婦人科学教室

研究サポート体制

  • 当教室専属の実験助手がいます。
  • 大学院生は最低でも半年ずつ交代でベッドフリーの期間を設け、研究の時間を有効活用
  • 大学院卒業後、海外留学も視野に入れ、国内だけでなく国外での研究発表

clinical evidence に立脚したテーマとなるよう心がけており、研究の結果得られた成果を臨床にフィードバックできることを常に念頭において研究を進めています。手技的には細胞生物学または生化学、分子生物学的手法を用いて研究を進めています。

周産期班

  1. 胎盤のIGF/Insulin hybrid receptorの生物学的,生理学的意義の解明
  2. IGF結合タンパクの生物学的意義とその調節機序
  3. 低酸素虚血による脳障害の発症メカニズムの解明と新たな治療法の確立
  4. 胎盤早期剥離における発症機序の解明と新規治療法の開発

婦人科腫瘍班

  1. メラトニンの子宮体癌における意義
  2. 酸化ストレス発生の発癌における意義
  3. 子宮内膜癌の進展におけるIGF結合タンパクの意義
  4. 卵巣癌における癌幹細胞の意義

生殖内分泌・不妊班

  1. 着床機序におけるインテグリンの役割
  2. 卵胞発育におけるインテグリンの役割
  3. 黄体機能の分子学的解析
  4. 排卵および着床におけるCCN familyの機能
  5. TGF-β Superfamilyの女性生殖器官における役割

その他

  1. プラズマによる細胞,組織の活性化・改善・再生医療への応用

※実験室の様子です。

大学院 OB 博士論文

平成17年度 杏林大学院卒業 井澤朋子(講師)
Mochizuki T1, Sakai K, Iwashita M.Effects of insulin-like growth factor (IGF) binding protein-3 (IGFBP-3) on endometrial cancer (HHUA) cell apoptosis and EGF stimulated cell proliferation in vitro.Growth Hormone & IGF Research 16, 202-210.
平成19年度 杏林大学院卒業 嘉治真彦
上皮性卵巣癌におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の発現と機能解析(博士(医学),杏林大学学位論文要旨および審査要旨)Expression and Functional Characterization of L-type Ammo Acid Transporter 1 (LAT-1) in Human Epitherial Ovarian Cancer.杏林医学会雑誌 37, 143, 2006.
平成20年度 杏林大学院卒業 橋本玲子
Hashimoto R, Sakai K, Matsumoto H, Iwashita M:Tumor necrosis factor-alpha (TNF-alpha) inhibits insulin-likegrowth factor-I (IGF-I) activities in human trophoblast cellcultures through IGF-I/insulin hybrid receptors. Endocr J57.193-200. 2010.
平成21年度 杏林大学院卒業 澁谷裕美(助教)
Shibuya H, Sakai K, Kabir-Salmani M, Wachi Y, Iwashita M:Polymerization of insulin-like growth factor-binding protein-1 (IGFBP-1) potentiates IGF-I actions in placenta. J Cell Physiol226 34-9.2011.
平成22年度 杏林大学院卒業 眞山麗子
Mayama R1, Izawa T, Sakai K, Suciu N, Iwashita M:Improvement of insulin sensitivity promotes extravillous trophoblast cell migration stimulated by insulin-like growth factor-I. Endocr J. 6059-68.2012
平成22年度 杏林大学院卒業 上原一朗
博士論文:Circulating levels of uric acid in mother and fetus are not controlled by placental uric acid transporters.
平成22年度杏林大学院卒業 綱脇智法
Tsunawaki T, Sakai K, Momomura M, Wachi Y, Matsuzawa Y, Iwashita M:Hypoxia alters phosphorylation status of insulin-like growth factor (IGF)-binding protein-1 and attenuates biological activities of IGF-I in HepG2 cell cultures. J Obstet Gynaecol Res39.1367-73.2013.
平成28年度杏林大学院卒業 長内喜代乃(助教)
Osanai K, Kobayashi Y,Otsu M, Izawa T, Sakai K. Iwashita M: Ramelteon, a selective MT1/MT2 receptor agonist, suppresses the proliferation and invasiveness of endometrial cancer cells. Hum Cell.(Epub)2017.
平成28年度杏林大学院卒業 松島実穂(助教)
低酸素環境における培養脱落膜細胞のインスリン様成長因子制御系の解析:杏林医学会 Regulation of insulin-like growth factor system in cultured decidual cells under hypoxia
平成28年度杏林大学院卒業 田中啓(助教)
Tanaka K, Sakai K, Matsushima M, Matsuzawa Y, Izawa T, Nagashima T, Furukawa S, Kobayashi Y, Iwashita M: Branched-chain amino acids regulate insulin-like growth factor binding protein (IGFBP)1 production by decidua and influence trophoblast migration through IGFBP-1(分枝鎖アミノ酸は脱落膜細胞からのインスリン様成長因子結合タンパク-1分泌を制御し、絨毛細胞の遊走に影響を与える). Mol Hum Reprod2:890-899,2016.

大学院在学中(社会人大学院生:産婦人科医局に医員として在籍中/平成28年4月現在)

医員 松澤由紀子
研究テーマ: 子宮内膜の脱落膜化に与える因子の研究
医員 渡邉百恵
研究テーマ:子宮内膜症の癌化に関連する新規バイオマーカーの検索

近年の主な業績

  1. Tanaka K, Sakai K, Matsushima M, Matsuzawa Y,Izawa I,Nagashima T, Furukawa S, Kobayashi Y, Iwashita M:Branched-chain amino acids regulate insulin-like growth factor binding protein 1 (IGFBP1) production by decidua and influence trophpblast migration through IGFBP1. Mol Hum Reprod 22:890-9, 2016.
  2. Kobayashi Y, Osanai K, Tanaka K, Nishigaya Y, Matsumoto H,Momomura M,Hashiba M, Mita S, Kyo S, Iwashita M:Endometriotic cyst fluid induces of reactive oxygen species (ROS) in human immortalized epithelial cells derived from ovarian endometrioma. Redox Rep 2016 Nov 20:1-6. doi: 10.1080/13510002.2016.1258448.
  3. Tanaka K, Kobayashi Y, Sugiyama J, Yamazaki T, Dozono K, Watanabe M, Shibuya H, Nishigaya Y, Momomura M, Matsumoto H, Umezawa S, Takamatsu K, Iwashita M. Histological grade and peritoneal cytology asa prognostic factors in type 1 endometrial cancer. Int J Clin Oncol, 2017 Jan 12. doi: 10.1007/s10147-016-1079-5.
  4. Osanai K, Kobayashi Y, Ostu M,Izawa T, Sakai K, Iwashita M: Ramelteon, a selective MT1/2 receptor angonist, suppresses the proliferation and invasiveness of endometrial cancer cells. Hum Cell, 2017 in press.
  5. Matsumoto H, Kobayashi Y, Dozono K, Nishigaya Y, Shibuya S, Momomura M, Iwashita M:Utility of the maximum standardized uptake value (SUVmax) on positron emission tomography for predicting therapeutic effect in recurrent gynecological malignancies-A preliminary study- J Obstet Gynaecol Res 2017, in press.

当教室の詳細は、産科婦人科学教室のホームページを御覧下さい。

※常駐実験助手1名在中(=Ishida M. (Saito T. Asada A , Hisanaga S ): DOWN-REGULATION OF CYCLIN-DEPENDENT KINASE 5 ACTIVITY BY MOOD STABILIZER VALPROIC ACID.WE04-13. Journal of Neurochemistry118.213, 2011.)

関連する内容が「科目の特長」ページにあります。

このページのトップへ

PAGE TOP