大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:内堀 歩

教員紹介:内堀 歩


項目名 内容
氏名 内堀 歩
フリガナ ウチボリ アユミ
職位 助教
学内の役職・委員等 医局長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 内科学I
専門分野 臨床神経学、神経免疫
研究テーマ 専門は神経免疫で、免疫性神経疾患における自己抗体の検索などを行っています。ギラン・バレー症候群における抗糖脂質抗体・傍腫瘍性神経症候群関連抗体・脱瑞性ニューロパチーにおける抗MAG抗体・急性小脳炎における抗TPI抗体などの抗神経抗体を測定しています。
略歴 1998年 杏林大学医学部卒
2005年 杏林大学大学院修了、医博
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 神経内科専門医、指導医
内科総合専門医、指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Uchibori A, Gyohda A, Chiba A. Ca2+-dependent anti-GQ1b antibody in GQ1b-seronegative Fisher syndrome and related disorders.J Neuroimmunol 2016; 298:172-177.
2. 内堀 歩,千葉厚郎:ギラン・バレー症候群の自己抗体.BRAIN and NERVE 神経研究の進歩 67: 1347-1357, 2015.
3. 内堀 歩,千葉厚郎:免疫性神経疾患と免疫系.日本臨床増刊号「免疫性神経疾患」,大阪,日本臨床社,2015.p.42-49.
4. 内堀 歩, 千葉 厚郎:ギラン・バレー症候群の治療と予後予測.日本臨床 71:845-849,2013.
5. Uchibori A, Sakuta M, Kusunoki S, Chiba A. Autoantibodies in postinfectious acute cerebellar ataxia. Neurology. 2005 Oct 11;65:1114-6.
所属学会 日本神経学会
神経免疫学会
末梢神経学会
関連サイト 杏林大学神経免疫実験室
電子メール neurokyrn-ikyoku@umin.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP