大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:近藤 晴彦

教員紹介:近藤 晴彦


氏名
 
近藤 晴彦
コンドウ ハルヒコ
職位 教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 外科学(呼吸器)
担当科目(大学院) 呼吸器・甲状腺外科
専門分野 外科腫瘍学、呼吸器外科学、胸部画像診断学
研究テーマ 外科腫瘍学、呼吸器外科学、肺癌の集学的治療、転移性肺腫瘍の外科治療
略歴 1981年3月 東京大学医学部卒業
1981年6月 東京大学医学部附属病院研修医
1982年12月 三井記念病院 外科レジデント
1986年6月  東京大学医学部附属病院 部外科医員
1987年6月  国立がんセンタ-病院肺外科シニアレジデント
1988年6月  国立がんセンタ-病院 肺外科医員
1995年4月  国立がんセンタ-中央病院 医長
2002年4月 静岡県立静岡がんセンター呼吸器外科部長
2011年1月  同 副院長(兼任)
2012年4月  杏林大学医学部外科学教室(呼吸器・甲状腺)教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会 専門医、指導医、呼吸器外科専門医、日本呼吸器外科学会指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本胸部外科学会終身指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 近藤晴彦:監修 多職種チーム医療のための周術期マニュアル1.肺癌、2.肝・胆・膵癌、3.食道癌、4.頭頸部癌、5.大腸癌、メヂカルフレンド社(2004(1~3)、2006(4~5))。
Kondo H, Okumura T, Ohde Y, Nakagawa K. Surgical treatment for metastatic melignancies. Pulmonary metastasis: indications and outcomes.
 Int J Clin Oncol 10: 81-85;2005.
Kondo H, Asamura H, Suemasu K, Goya T, Tsuchiya R, Naruke T, Yamagishi K, Uei Y. Prognositic significance of pleural lavage cytology immediately after thoracotomy in patients with lung Cancer. J Thorac Cardiovasc Surg 106: 1092-1097; 1993.
Okumura S, Kondo H, Tsuboi M, Nakayama H, Asamura H, Tsuchiya R, Naruke T. Pulmonary resection for metastatic colorectal cancer: Experiences with 159 patients. J Thorac Cardiovasc Surg 112: 867-74; 1996.
近藤晴彦,末舛恵一.16A:肺・気管・気管支の外科I;手術適応と術前管理.新外科学大系 p.227-254 中山書店 東京 1991.
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会(評議員)、日本呼吸器外科学会(理事、評議員、総合診療対策委員会委員長、診療報酬検討部会部員、学術委員会委員、学術調査部会部員、外保連手術委員)、日本肺癌学会(理事、評議員、手術記載検討委員会委員長、TNM分類委員)、日本内視鏡外科学会(評議員)、
Society of Thoracic Surgeons、European Society of Thoracic Surgeons、世界肺癌会議(IASLC) (International Staging Committee委員)、日本臨床外科学会、日本癌学会(評議員)、日本癌治療学会(評議員)、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会
公的な委員会等の役員・委員歴 2004年 静岡県成人病検診管理指導協議会委員、2010年 静岡県治験ネットワーク支援倫理委員会委員(静岡県)
ひとことメッセージ 当たり前のことですが、我々は今、患者さんのために何ができるか、そして、我々がどのようになればより患者さんのためになるか考えて努力していく、ということが医療において一番大事なことです。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2012年09月28日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP