大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:大山 学

教員紹介:大山 学


氏名
 
大山 学
オオヤマ マナブ OHYAMA, Manabu
職位 教授
学内の役職・委員等 皮膚科診療科長
フローサイトメトリー部門長
大学院共同研究施設運営委員
動物実験施設部門運営委員
教務委員
薬事委員
男女共同参画室委員(オブザーバー)
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
その他の所属教室 大学院共同利用施設フローサイトメトリー部門(部門長)
担当科目(学部) 皮膚科学
担当科目(大学院) 内科系専攻 皮膚科学分野
専門分野 毛髪疾患、自己免疫性疾患、再生医学、幹細胞生物学
研究テーマ 1)脱毛症の診断・治療技術の向上
主として重症円形脱毛症に対する診断・治療技術のさらなる向上のための臨床研究。
2)ヒト皮膚・付属器の再生の試み
組織幹細胞・iPS細胞を用いた皮膚・付属器の再生。
3)薬疹の病態解明
厚生労働省やAMEDの研究班班員として重症薬疹のデータの集積や臨床研究を遂行。
4)発汗・保湿と皮膚疾患の関連性の追求
塩原哲夫名誉教授が確立されたアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の病態と発汗異常との関連性を明らかにする研究のさらなる推進。
略歴 1993年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1993年4月 慶應義塾大学助手(医学部解剖学)
1994年5月 慶應義塾大学医学部研修医(皮膚科)
1996年7月 国立霞ヶ浦病院皮膚科レジデント
1998年4月 慶應義塾大学助手(医学部皮膚科学)
2000年7月 東京電力病院皮膚科副科長
2002年7月 米国NIH、National Cancer Institute皮膚科訪問研究員
2005年7月 慶應義塾大学助手(医学部皮膚科学)
2006年4月 慶應義塾大学専任講師(医学部皮膚科学)
2014年4月 慶應義塾大学准教授(医学部皮膚科学)
2015年4月 杏林大学医学部皮膚科学教室専任教授
2016年4月 杏林大学医学部皮膚科学教室主任教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本再生医療学会再生医療認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. O(h)yama M, Shimizu H, Ohata Y, Tajima S, Nishikawa T.  Dyschromatosis symmetrica hereditaria (reticulate acropigmentation of Dohi): report of a Japanese family with the condition and a literature review of 185 cases. Br J Dermatol 140 (3): 491-496 (1999.3)

2. Ohyama M*, Amagai M, Tsunoda K, Ota T, Koyasu S, Hata J, Umezawa A, Nishikawa T. Immunologic and histopathologic characterization of an active disease mouse model for pemphigus vulgaris. J Invest Dermatol 118 (1): 199-204 (2002.1)

3. Ohyama M, Ota T, Aoki M, Tsunoda K, Harada R, Koyasu S, Nishikawa T, Amagai M. Suppression of the immune response against exogenous desmoglein 3 in desmoglein 3 knockout mice: An implication for gene therapy. J Invest Dermatol 120 (4): 610-5 (2003.4)

4. Ohyama M, Terunuma A, Tock CL, Radonovich MF, Pise-Masison CA Hopping SB, Brady JN, Udey MC Vogel JC. Characterization and isolation of stem cell enriched human hair follicle bulge cells. J Clin Invest 116 (1): 249-60 (2006.1)

5. Kobayashi T, Iwasaki T, Amagai M, Ohyama M.* Canine follicle stem cell candidates reside in the bulge and share characteristic features with human bulge cells. J Invest Dermatol 130 (8): 1988-95 (2010.8)

6. Ohyama M*, Kobayashi T, Sasaki T, Shimizu A, Amagai M. Restoration of the intrinsic properties of human dermal papilla in vitro. J Cell Sci 125 (Pt 17): 4114-25 (2012.9)

7. Veraitch O, Kobayashi T, Imaizumi Y, Akamatsu W, Sasaki T, Yamanaka S, Amagai M, Okano H, Ohyama M.* Human induced pluripotent stem cell-derived ectodermal precursor cells contribute to hair follicle morphogenesis in vivo. J Invest Dermatol 133 (6):1479-88 (2013.1)

8. Kinoshita-Ise M, Kubo A, Sasaki T, Umegaki-Arao N, Amagai M, Ohyama M*. Identification of factors contributing to phenotypic divergence via quantitative image analyses of autosomal recessive woolly hair/hypotrichosis with homozygous c.736T >A LIPH mutation. Br J Dermatol 176(10): 138-144 (2017.1)

9. Veraitch O, Mabuchi Y, Matsuzaki Y, Sasaki T, Okuno H, Tsukashima A, Amagai M, Okano H and Ohyama M. * Induction of hair follicle dermal papilla cell properties in human induced pluripotent stem cell-derived multipotent LNGFR(+)THY-1(+) mesenchymal cells. Sci Rep 21;7: 42777 (2017.2)

10. Endo Y, Obayashi Y, Ono T, Serizawa T, Murakoshi M, Ohyama M.* Reversal of the hair loss phenotype by modulating the estradiol-ANGPT2 axis in the mouse model of female pattern hair loss. J Dermatol Sci E-pub ahead of print
所属学会 ・日本皮膚科学会(代議員、学術委員、ガイドライン委員)
・日本研究皮膚科学会(理事)
・日本再生医療学会(代議員)
・毛髪科学研究会(世話人)
・日本乾癬学会(評議員)
・日本皮膚免疫アレルギー学会(代議員)
・皮膚かたち研究学会(理事)
・The Society for Investigative Dermatology
・European Society for Investigative Dermatology
・American Hair Research Society
・日本サイトメトリー学会
・日本皮膚悪性腫瘍学会
・日本臨床毛髪学会
・日本炎症・再生医学会
・日本臨床皮膚科医会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本学術振興会専門委員
学外活動 ・慶應義塾大学非常勤講師(医学部皮膚科学)
・NPO法人円形脱毛症の患者会(理事)
・British Journal of Dermatology (Specialist Associate Editor)
・Journal of Investigative Dermatology (Editorial Consultant)
・Journal of Dermatological Science (Section Editor)
・Experimental Dermatology (Editorial Board)
・Journal of Dermatology (Editor)
・臨床皮膚科(編集人)
・Monthly Book Derma(編集主幹)
・Visual Dermatology(編集協力者)
ひとことメッセージ 東京にありながら、緑豊かな武蔵野の地で「皮膚に生じた疾患はすべて診る」という信念のもと湿疹、白癬から自己免疫性疾患、皮膚悪性腫瘍まで幅広い疾患を対象に診療しています。卒前卒後教育は教育をうけるものの目線を意識しながら取り組むよう努めています。また、難治性疾患の診断・治療技術の向上、ていねいな診療を通じて感じた臨床上の疑問の解決を目指して再生医学・臨床免疫学を2本の柱とし研究活動を行っています。
 皮膚科学は内科学、外科学、病理学、再生医学、美容医学など様々な要素をもつ魅力的な学問です。その本質へと誘う水先案内人でありたいと思います。
関連サイト 杏林大学医学部皮膚科学教室
このページのトップへ

PAGE TOP