Faculty of Health Sciences学部長挨拶

保健学部長 神谷 茂

保健学部 学部長
神谷 茂

 杏林大学の建学の精神は「眞・善・美の探究」です。自ら進んで学び、研究することにより科学における真実(眞)を追究し、他人に対して優しく、思いやる心を持った人格を築き上げ(善)、美しい立派な風格のある人間へと成長していく(美)という非常に素晴らしい理念が示されています。この理念を基に健康をテーマとする本学部では、基礎的な学力と技術を身につけ、応用できる柔軟な思考ができ、高い倫理観を持って行動し、問題を解決する能力と、社会の要請に応えられる人材の養成を目指しています。

 保健学は健康に関する実践の科学であり、保健学を学修した者は医療機関を含む様々な分野での活躍が期待されています。極めて多数の本学部卒業生は社会から温かく迎えられており、医療機関のみならず官公庁や一般企業において、高い評価を受けています。このような状況において、社会のニーズに積極的に応えるため、昨年度、保健学部に臨床心理学科が新設されました。これにより、本学部は臨床検査技術学科、健康福祉学科、看護学科(看護学専攻、看護養護教育学専攻)、臨床工学科、救急救命学科、理学療法学科、作業療法学科、診療放射線技術学科、臨床心理学科の9学科(2専攻)体制になりました。これほど保健学および健康科学領域のほとんど全ての学科を擁した学部は他にあまりありません。すなわち、本学部は積極的に幅広く保健学を学ぼうとする学生にとってベストな環境を整えております。

 本学部の所在地である井の頭地区は都心から程よい距離をおきながらも、大都市の魅力と恵まれた自然の両方を兼ね備えております。保健学の学修に、そしてまたスポーツを含む課外活動にと青春を謳歌するのに十分な環境があります。このホームページでは保健学部での教育と研究の詳細が紹介されるとともに、本学部の拡がり、希望に満ちた将来への可能性の一部についても紹介されています。皆さんの将来への期待・可能性が見えてくるものと思います。