作業療法学科実習

おもな実習科目

講義で得た知識を実習で確かめ、理解を深めます。臨床実習では、付属病院スタッフの指導による、臨床現場に即した実践的な実習をおこないます。また、他学科と合同で行われる実習もあります。

臨床実習は、本学付属病院をはじめ、都内の大学付属病院や近郊の実績ある病院でもおこないます。

基礎医学関係の実習

医学の基礎を固めます。

  • 生理学実習、解剖学実習 など

作業療法関係(基礎系)の実習

作業療法の基礎的な実習

  • 運動学実習、基礎作業学実習、作業療法評価学実習
  • 身体障害作業療法学演習、義肢装具学実習 など
基礎作業学実習

作業療法関係(臨床系)の実習

臨床現場に即した実践的な実習

  • 評価実習、総合臨床実習(約3ヶ月間の臨地実習) など
杏林大学医学部付属病院 作業療法室

履修モデルや講義科目の概要・目標・授業計画(シラバス)、配当年次などは、下記をご参照ください。