看護学科・看護学専攻看護を活かす職業

近年の少子・高齢化社会の進展に伴い、保健・医療・福祉に対するニーズは年々高まり、かつ多様化しています。医療専門職には様々な種類がありますが、高度な専門的知識や技術を活かして、病気をもつ人々のケアをしたり、健康の維持・増進の指導をするには、看護師の資格(国家資格)が必要です。

さらに、地域の人々を対象に、疾病予防と健康管理を行うためには 保健師(国家資格)、出産にかかわる援助をするためには助産師(国家資格)の資格が必要となります。

杏林大学保健学部看護学科・看護学専攻では、看護師の国家試験受験資格を得るために必要な知識をはじめ、高度先進医療の現場や地域・在宅での実習を通して、幅広い学習の機会を提供しています。 さらに、入学後の選考試験を経て選択科目を履修することにより、保健師や助産師の国家試験受験資格の取得も可能です。

看護学科は、看護専攻(三鷹キャンパス)と看護養護教育学専攻(井の頭キャンパス)で構成されています。