臨床心理学科 カリキュラム

確かな基礎力・知識を身につけ、
専門性への学びへとステップアップ。

4年間の学び

実習および資格取得スケジュール

1年次

「心理学概論」ほかの心理学の基礎知識に加え、「人体の構造と機能」などの基礎医学や、人文・自然科学等幅広い教養と知識を身につけます。

講義科目

  • 哲学
  • 生命倫理学
  • 日本国憲法
  • 法学
  • 社会学
  • 芸術
  • 職業適性論
  • 日本語学概論
  • ことばと社会
  • 地域と大学
  • 基礎生物学
  • 基礎化学
  • 基礎数学
  • 日本語表現法
  • 英語T
  • 英語U
  • 公衆衛生学
  • 医学概論
  • 人体の構造と機能及び疾病
    (人体の構造と機能T)★
  • 人体の構造と機能及び疾病
    (人体の構造と機能U)★
  • 人体の構造と機能及び疾病
    (疾病)★
  • 病態病理学
  • 看護学
  • 心理学概論★
  • 心理学研究法★
  • 心理学統計法★
  • 臨床心理学概論★
  • 知覚・認知心理学★
  • 発達心理学★
  • 健康・医療心理学★
  • 学校教育学
  • 臨床心理学特別講義T
  • 臨床心理学特別講義U

実験・実習・演習科目

  • 救命救助法CLOSE UPCLOSE UP
  • 知覚・認知心理学入門
  • 心理基礎実習
  • 心理特別演習T
  • 心理特別演習U

太字= 必修科目 ★=「公認心理師」国家試験の受験資格に関する講義科目

2年次

「心理的アセスメント」「心理学的支援法」等の心理学的支援の基礎となる科目をはじめ、「心理学実験」のほか、「精神疾患とその治療」、「精神看護学、精神科リハビリテーション学」などを学びます。

講義科目

  • 情報処理論
  • 英語V
  • 英語W
  • 医学英語
  • 英会話
  • 精神疾患とその治療T★
  • 精神疾患とその治療U★
  • 救急医療
  • 精神看護学(精神科リハビリテーション学を含む)
  • 学習・言語心理学★
  • 神経・生理心理学★
  • 社会・集団・家族心理学T★
  • 心理的アセスメント★
  • 心理学的支援法★
  • 福祉心理学★
  • 教育・学校心理学★
  • 発達臨床心理学
  • 乳幼児・児童心理学
  • 社会福祉学
  • 児童福祉学
  • 老人福祉学
  • 高齢保健学
  • 医療福祉学

実験・実習・演習科目

  • 心理学実験T★CLOSE UPCLOSE UP
  • 心理学実験U★
  • 心理実習T★
  • 精神看護学・精神科リハビリテーション学演習

太字= 必修科目 ★=「公認心理師」国家試験の受験資格に関する講義科目

3年次

「心理演習」において心理検査や心理面接を体験するとともに、「認知行動療法」などを実践的に学び、臨床チームの一員として付属病院などでの実習を体験します。

講義科目

  • 感情・人格心理学★
  • 社会・集団・家族心理学U★
  • 障害者・障害児心理学★
  • 司法・犯罪心理学★
  • 産業・組織心理学★
  • 認知行動療法
  • 思春期・青年期心理学
  • 公的扶助学
  • 障害者福祉学
  • 社会福祉政策学
  • 公認心理師の職責★

実験・実習・演習科目

  • 緩和医療学(演習を含む)CLOSE UPCLOSE UP
  • 心理演習★
  • 心理実習U★CLOSE UPCLOSE UP
  • 基礎ゼミ

太字= 必修科目 ★=「公認心理師」国家試験の受験資格に関する講義科目

4年次

4年間の集大成として、総合実習やボランティア活動・インターンシップ等に取り組みながら、自ら定めたテーマの卒業研究を行います。

講義科目

  • 関係行政論★

実験・実習・演習科目

  • インターンシップ
  • ボランティア活動
  • 卒業研究
  • 総合実習

太字= 必修科目 ★=「公認心理師」国家試験の受験資格に関する講義科目

授業科目と配当年次

授業科目と配当年次についての詳細は、下記をご参照ください。
授業科目のナンバリング:基礎科目 100番台、専門基礎科目 200番台、専門科目 300番台

履修系統図

講義科目のつながりや体系については、履修系統図をご参照ください。

履修モデル