作業療法学科在校生の声

生徒A

どうしてOTを目指したのですか?
自分の怪我をきっかけに、同じように怪我をした人をサポートしたいと思いました。
将来どんなOTになりたいですか?
どんな患者さんでも笑顔にできるような、人間味あふれるOTになりたいです。
どうして杏林大学を選んだのですか?
医学部付属病院がある為、充実した環境で実践力を学ぶことができると思いました。

生徒B

どうしてOTを目指したのですか?
自分がリハビリで辛い思いをしました。そんな中でもOTは患者さんに楽しみを与えながら能力の回復や維持をサポートしている印象が強く、魅力的に感じました
将来どんなOTになりたいですか?
患者さんが楽しく、笑顔で日常生活を過ごせるようにサポートできるOTになりたいです。
どうして杏林大学を選んだのですか?
様々な医療系の学科や大学病院が併設されているため、幅広い視点を持ち、充実した環境で勉強ができると考えたからです。

生徒C

どうしてOTを目指したのですか?
もともと高齢期領域のリハビリに興味がありました。日常生活や余暇を充実させるリハビリをしたくてOTを目指しました。
将来どんなOTになりたいですか?
知識・技術があるのは勿論ですが、患者さん自身と患者さんの笑顔を大切にできるOTになりたいです。
どうして杏林大学を選んだのですか?
一期生ということもあり、先生方と自分たちで学科の伝統を一ら築いていけることがとても魅力的でした。先生方とも話しやすくより多くの事を学べると思いました。

生徒D

どうしてOTを目指したのですか?
もともと福祉に興味がありました。怪我をした時にOTを知り、自分も楽しみながら、責任を持ってできる仕事だと思いました。
将来どんなOTになりたいですか?
患者さんと真正面から向き合えて、患者さんの声をしっかりと聞くことができるOTになりたいです。
どうして杏林大学を選んだのですか?
杏林の学園祭でOTの先生の話を聞いて興味を持ちました。環境が整っている事に魅力を感じ、杏林で勉強したいと思いました。