看護学科・看護学専攻カリキュラム

確かな基礎力・知識を身につけ、
専門性への学びへとステップアップ。

4年間の学び

実習および資格取得スケジュール

1年次

特定分野の知識・技術のみに偏ることのない多彩な講義科目を履修しながら、看護のプロフェッショナルとして必要な人間性を育てます。

講義科目

  • 哲学
  • 生命倫理学
  • 日本国憲法
  • 心理学
  • 発達心理学
  • 福祉・地域と大学
  • 健康スポーツ科学
  • 統計学
  • 物理学概論
  • 化学概論
  • 生命科学概論
  • 情報処理論
  • 英語T
  • 英語U
  • 英語V
  • 日本語表現法
  • 形態・機能学
  • 代謝・栄養学
  • 薬理学
  • 感染症・免疫学
  • 病態治療論T
  • 病態治療論U
  • 健康支援と法律
  • 公衆衛生学
  • 看護学概論
  • 看護援助論
  • 成人看護学概論

実験・実習・演習科目

  • 基礎看護学実習T
  • ヘルスアセスメント技術
  • 生活行動援助技術T

太字= 必修科目 ★=「保健師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ☆=「助産師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ◎=応用看護学実習(看護師課程)の学生は、◎の科目から2科目以上の授業科目選択が必要

2年次

1年次に修得した看護の基本を踏まえ、人への思いやりを有する看護実践に必要な基礎的知識、技術、態度を学びます。

講義科目

  • 現代教育論
  • 人類遺伝学
  • 英会話
  • 医学英語
  • 病態治療論V
  • 病態治療論W
  • 病態治療論X
  • 保健福祉行政論T
  • 保健福祉行政論U
  • 健康教育学
  • 疫学
  • 公衆衛生看護学概論
  • 公衆衛生看護活動論T
  • 成人看護学T
  • 成人看護学U
  • 高齢者看護学概論
  • 高齢者看護学
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 在宅看護学
  • 家族相談支援論

実験・実習・演習科目

  • 看護過程
  • 治療・処置の技術
  • 公衆衛生看護学実習T
  • 基礎看護学実習U
  • 生活行動援助技術UCLOSE UPCLOSE UP

太字= 必修科目 ★=「保健師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ☆=「助産師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ◎=応用看護学実習(看護師課程)の学生は、◎の科目から2科目以上の授業科目選択が必要

3年次

前期の専門看護学の講義・演習の後、後期は、地域の中核病院であり、専門医療センターを備えた医学部付属病院で臨床実習を行い、看護実践を学びます。

講義科目

  • ホスピタリティ論
  • 国際協力論
  • 学校保健学概論
  • 保健統計
  • 小児看護学
  • 母性看護学
  • 精神看護学
  • 公衆衛生看護活動方法論T
  • 公衆衛生看護活動論U
  • 助産学概論

実験・実習・演習科目

  • 成人看護学演習
  • 高齢者看護学演習
  • 小児看護学演習
  • 母性看護学演習
  • 精神看護学演習
  • 成人看護学実習T
  • 成人看護学実習U
  • 高齢者看護学実習T
  • 高齢者看護学実習U
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護学演習
  • 在宅看護学実習

太字= 必修科目 ★=「保健師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ☆=「助産師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ◎=応用看護学実習(看護師課程)の学生は、◎の科目から2科目以上の授業科目選択が必要

4年次

3年次までの学習を統合し、専門職業人としての的確な問題解決能力を養うとともに、看護師・保健師・助産師課程での学びを深め、看護学の専門性を追求します。

講義科目

  • 看護研究
  • 看護管理
  • 家族看護
  • クリティカルケア
  • がん看護CLOSE UPCLOSE UP
  • 特別講義
  • 産業保健学概論
  • 公衆衛生看護活動方法論U
  • 公衆衛生看護管理
  • 周産期医学T
  • 周産期医学U
  • 助産管理学
  • 助産学特別講義
  • 助産診断・技術学X

実験・実習・演習科目

  • 応用看護学実習
  • 地域診断演習
  • 地域助産活動論
  • 公衆衛生看護学実習U
  • 公衆衛生看護学実習V
  • 助産学実習T
  • 助産学実習U
  • 助産学実習V
  • 助産学実習W
  • 助産診断・技術学T
  • 助産診断・技術学U
  • 助産診断・技術学V
  • 助産診断・技術学W

太字= 必修科目 ★=「保健師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ☆=「助産師」国家試験の受験資格に関する講義科目 ◎=応用看護学実習(看護師課程)の学生は、◎の科目から2科目以上の授業科目選択が必要

授業科目と配当年次

授業科目と配当年次についての詳細は、下記をご参照ください。 授業科目のナンバリング:基礎科目 100番台、専門基礎科目 200番台、専門科目 300番台

履修系統図

講義科目のつながりや体系については、履修系統図をご参照ください。

履修モデル