Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 飯島 淳子
フリガナ イイジマ ジュンコ
NAME IIJIMA JUNKO
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 講師
委員(保健学部) 細胞検査士養成課程委員会
顕微鏡整備委員会
ワクチン委員会
臨地実習小委員会
研究テーマ・分野 ハイリスク型HPV発癌遺伝子の分子進化学的解析
担当科目(学部) 細胞診断学 病理検査学実習(細胞診分野) 細胞診断学実習 臨床検査基礎実習 乳腺細胞診断学演習 総合細胞診断学演習
略 歴 1984年 杏林大学保健学部卒業
1987年 杏林大学大学院保健学研究科修士課程修了
1987年 杏林大学保健学部入織
所有する学位 修士(保健学)
主要研究業績 ○受賞
・2018年度, 第57回日本臨床細胞学会秋期大会 優秀演題賞
・2002年 日本臨床細胞学会東京都支部会功労賞
・1989年 ボリビア・日本両国友好親善表彰
○論文・著書
1. Iijima J, Okayama K, Teruya K, Hata H, Shiina N, Yabusaki H, Okodo M.
A study of the relationship between nuclear contour thickening, nuclear enlargement and human papillomavirus infection in squamous cells. Cytopathology. 30:644–649, 2019
2. Hata H, Okayama K, Iijima J, Teruya K, Shiina N, Caniz T, Okodo M.
A Comparison of Cytomorphological Features of ASC-H Cells Based on Histopathological Results Obtained from a Colposcopic Target Biopsy Immediately after Pap smear Sampling. Asian Pac J Cancer Prev. 20(7):2139–2143, 2019
3.飯島淳子,堀江沙和,安井英明,高見茂. ラット胃内グルタミン酸シグナリング機構に関わる細胞の形態学的特徴.日本味匂学会誌. 16:305-308.2009.
4.Iijima J, Horie S, Hasegawa R, Yasui H & Takami S. Immunohistochemical and morphologic basis for glutamate signaling in the rat stomach. Biol Pharm Bull. 31:1838-1840, 2008
5. Iijima J , Shiina Y, Ohkoudo M, Sakuma K. Usefulness of Auto Cyto Fix (membrane filter method) for the application of immunohisto-chemistry. Diagn Cytopathol. 26:56-60, 2002
6. 飯島淳子,服部学,吉田朋美,尾野緑.4年生大学における細胞検査士教育.日本臨細胞学誌. 43:410-414, 2004
7. 飯島淳子,椎名義雄.体腔液細胞診におけるモノクロナール抗体AD117mの応用-Papanicolaou脱色標本への応用-.杏林医学会雑誌. 29:177-185, 1998
8. 飯島淳子,佐和弘基,椎名義雄,星野孝夫.PCR を用いたp53 遺伝子のcodon 72部位におけるポリモルフィズムの検索と脳腫瘍への応用.BRAIN AND NERVE, 45:43-47, 1993
9. 飯島淳子,椎名義雄.自動固定標本作製装置.臨床検査. 医学書院. 46:655-658, 2002.
○口演(過去3年分)
1. 飯島淳子, 岡山香里, 籏ひろみ, 福井正, 藪崎宏美, 椎名奈津子, 尾野緑, 藤井雅彦, 大河戸光章. 子宮頸部細胞診における核縁肥厚を伴う核肥大細胞へのp16INK4a免疫染色の検討:第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
2.籏ひろみ, 岡山香里, 飯島淳子, 栗原達哲, 石井保吉, 小田瑞恵, 大河戸光章. 子宮頸部擦過細胞診直後の組織生検結果に基づいたASC-H判定細胞の形態学的特徴:第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
3. 飯島淳子, 岡山香里, 籏ひろみ, 福井正, 藪崎宏美, 椎名奈津子, Caniz Timothy, 尾野緑, 藤井雅彦, 大河戸光章: 子宮頸部細胞診における核肥大細胞の核膜肥厚とHPV感染に関する研究: 第57回日本臨床細胞学会秋期大会, 横浜, 2018年11月
4. 籏ひろみ, 岡山香里, 飯島淳子, 栗原達哲, 石井保吉, 小田瑞恵, 大河戸光章: LBC標本におけるASC-HのHPV感染率と細胞所見の後方的検討: 第57回日本臨床細胞学会秋期大会, 横浜, 2018年11月
所属学会 日本臨床細胞学会 日本組織細胞化学会 日本病理学会 日本解剖学会 
居室・研究室 B棟101室
メールアドレス iijimaj@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月・火・水・金曜日の午後1〜5時 B棟401室
学生・受験生へのメッセージ 訪問の場合、予めメールにてご連絡下さい。