Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 原島 敬一郎
フリガナ ハラシマ ケイイチロウ
NAME HARASHIMA KEIICHIRO
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 講師
研究テーマ・分野 動脈硬化(脈波)、超音波検査
担当科目(学部) 生理機能検査学2(分担)、臨床生理学、特別演習[腹部超音波検査(技術)]、 総合医療演習(分担)、医療学概論(分担)、診療画像検査技術学4(分担)、生理機能検査学実習、臨床生理学実習、臨床検査基礎実習(分担)、卒業研究
担当科目(大学院) 臨床生理学、臨床生理学特論
略 歴 1995年 杏林大学保健学部臨床検査技術学科卒業
2004年 学位取得,修士(保健学)
2008年 学位取得,博士(医学)
2012年 杏林大学保健学部講師
所有する学位 博士(医学)(杏林大学)
所有する資格 臨床検査技師
超音波検査士(消化器)
超音波検査士(体表臓器)
消化器内視鏡技師
主要研究業績 論文
1. Shibasaki S, Kishino T, Fujiwara Y, Suzuki Y, Harashima K, Nakajima S, Ohnishi H1, Watanabe T1 (1Kyorin University School of Medicine): Influence of resting before sonographic examination on Doppler measurements of renal blood flow. Clin Physiol Funct Imaging 40(3): 190-195, 2020.
2. Shibasaki S, Kishino T, Yokoyama T, Sunahara S, Harashima K, Nakajima S, Ohnishi H1, Watanabe T1 (1Kyorin University School of Medicine): Sonographic detection of physiological lower leg oedema in the late afternoon in healthy young women. Clin Physiol Funct Imaging 40 (6): 381-384, 2020.
3. Aikawa R, Kishino T, Shibasaki S, Harashima K, Nakajima S, Ohnishi H1, Watanabe T1 (1Kyorin University School of Medicine): Relationship between trapezius muscle hardness and transverse cervical artery flow in association with neck and upper-back stiffness. Clin Physiol Funct Imaging 40 (6): 385-389, 2020.
4. Kishino T, Harashima K, Hashimoto S, Fukuta N, Seki M, Ohnishi H1, Watanabe T1, Otaki J (1Department of Laboratory Medicine, Kyorin University School of Medicine): Meal ingestion and hemodynamic interactions regarding renal blood flow on duplex sonography: potential diagnostic implications. Ultrasound Med Biol 44(9): 2050-2054, 2018. doi: 10.1016/j.ultrasmedbio.2018.05.016.
5. Ishizeki A, Kishino T, Ogura S, Kuga H, Masai Y, Harashima K, Nakajima S, Otaki J, Ohnishi H1, Watanabe T1 (1Department of Laboratory Medicine, Kyorin University School of Medicine): Influence of breakfast on hemodynamics after lunch - a sonographic evaluation of mesenteric and cervical blood flows. Clin Physiol Funct Imaging 39(3): 226-229, 2019. doi: 10.1111/cpf.12556.
6. Aoto Y,Kishino T,Harashima K,Ohnishi H1,2,Fukuta N,Hashimoto S,Seki M,Shimo Y,Sekiguchi K2,Takagi Y2,Otaki J,Watanabe T1,2(1Department of Laboratory Medicine, Kyorin University School of Medicine,2Department of Clinical Laboratory, Kyorin University Hospital):Influence of eating breakfast on sonographic examination of the gallbladder.臨床病理 65(11):1177-1181,2017.
7. 小野川傑,山本寛,原島敬一郎,東克巳:臨床検査学教育における「学生の考える力」をどうやって引き出すか 入学後早期教育の場合.臨床検査学教育 9(2):169-176,2017.


発表
1. 青柳幸恵,鈴木息吹,高橋美彩,斎藤奨大,芝輔ト平,原島敬一郎,岸野智則,中島哲:若年成人女性を対象とした冷水負荷試験による冷え症の検討.第44回日本超音波検査学会学術集会,横浜,2019年4月27-29日.
2. 芝輔ト平,鈴木佑香,藤原弓香子,原島敬一郎,中島哲,岸野智則:腎血流超音波検査における検査前安静について.第44回日本超音波検査学会学術集会,横浜,2019年4月27-29日.
3. 相川律,原島敬一郎,芝輔ト平,中島哲,岸野智則:肩こりを筋硬度および超音波計測値で科学する.第19回日本血管血流学会学術集会,東京,2019年11月3日.
4. 田中彩乃,原島敬一郎,大場千紘,真柄綾乃,芝輔ト平,中島哲,岸野智則:超高感度スマート圧電振動センサーの動脈硬化検査法としての可能性.第19回日本血管血流学会学術集会,東京,2019年11月3日.
5. 岩崎源,三輪隆,奥村貴子,伊賀千夏,坂倉圭一,佐野晃士,伊藤真理子,永井義幸,高田晴子,原島敬一郎,林潤一,志熊淳平,伊藤禄郎,田辺節,高木知子,添田仁,金澤真雄,小田原雅人:インスリン使用患者へのデュラグルチド追加効果の検討.第61回日本糖尿病学会年次学術集会,東京,2018年5月24-26日.
6. 原島敬一郎,大崎佳海,長瀬恵,設楽佑介,中村英明,芝輔ト平,中島哲,岸野智則:超高感度スマート圧電振動センサーの専用ソフトウェアAYA-P Multiの試用経験.第55回日本臨床生理学会総会,福岡,2018年11月3-4日.
7. 石関綾乃,岸野智則,原島敬一郎,中島哲,小椋さわの,久我春奈,政井悠希,浦田毅,山崎聡子,大塚弘毅,関口久美子,高城靖志,大西宏明,渡邊卓:昼食後血流動態への朝食摂取の影響: 超音波による上腸間膜動脈と総頸動脈血流の評価.第65回日本臨床検査医学会学術集会,東京,2018年11月15-18日.
8. 浦田毅,岸野智則,原島敬一郎,関昌世,福田直也,橋本茂樹,嶌森直子,山崎聡子,大塚弘毅,関口久美子,高城靖志,大西宏明,渡邊卓:腎動脈超音波血流計測値に対する食事摂取の影響.第65回日本臨床検査医学会学術集会,東京,2018年11月15-18日.
9. 設楽佑介,原島敬一郎,石黒隆,中村英明,大崎佳海,長瀬恵,芝輔ト平,中島哲,岸野智則:超高感度スマート圧電振動センサーの試用経験.第5回日本血管血流学会学術集会,横浜,2018年11月17日.
10. 中村英明,原島敬一郎,設楽佑介,大崎佳海,長瀬恵,芝輔ト平,中島哲,岸野智則:RH-PAT検査前の血圧測定が検査結果に及ぼす影響.第5回日本血管血流学会学術集会,横浜,2018年11月17日.
11. 竹内茉里奈1,三輪隆1,佐野晃士1,末盛敦子1,高田晴子1,藤原真梨子1,奥村貴子2,原島敬一郎,秋本孝行3,久米雅彦3,志熊淳平1,伊藤禄郎1,添田仁4,林潤一3,金澤真雄5,小田原雅人1(1東京医科大学糖尿病代謝内分泌内科,2東京医科大学分子糖尿病学寄附講座(萬田記念講座),3新都心十二社クリニック,4東京都総合組合保健施設振興協会多摩健康管理センター,5佐々総合病院健診センター):他の持効型製剤からインスリングラルギンU-300への変更が朝食前血糖値変動(バラツキ)に与える影響.第60回日本糖尿病学会年次学術集会,名古屋,2017年5月18-20日.
12. 雨宮諒,原島敬一郎,鈴木菜穂,高橋里奈,松島里穂渚,横山加奈,政井悠希,小林昌永,中島哲,岸野智則:食事摂取が血管内皮機能検査RH-PATにおよぼす影響.第4回日本血管血流学会学術集会,東京,2017年11月26日.
13. 関根彩華,原島敬一郎,中島哲,小林昌永,木暮英輝,渡辺篤志,嶋津秀昭,岸野智則:圧力と時間の可変機能つき持続加圧装置の開発.第4回日本血管血流学会学術集会,東京,2017年11月26日.
15. 政井悠希,原島敬一郎,久我春菜,小椋さわの,石関彩乃,小林昌永,中島哲,岸野智則:朝食が昼食後の血流動態におよぼす影響 - 超音波検査による検討 -.第4回日本血管血流学会学術集会,東京,2017年11月26日.
16. 東茉里奈,三輪 隆,高橋 悟,鈴木尚子,佐野晃士,末盛敦子,奥村貴子,久米雅彦,原島敬一郎,秋本孝行,加藤紀和,志熊淳平,伊藤禄郎,上道文昭,添田 仁,林 潤一,金澤真雄,福武勝幸,小田原雅人:腎症前期に止まる糖尿病患者における尿中肝型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)の意義.第59回日本糖尿病学会年次学術集会,京都,2016年5月19日-21日.
17. 青戸依子,岸野智則,原島敬一郎,司茂幸英,石本翔,住吉彩,須藤恵美,浦田毅,関口久美子,高城靖志,大塚弘毅,大瀧純一,大西宏明,渡邊卓:腹部超音波検査前に朝食を摂取したときの胆嚢画像の変化.第63回日本臨床検査医学会学術集会,神戸,2016年9月1-4日.
18. 小林昌永,柿崎明日香,宮島彩,西墻周平,福田直也,橋本茂樹,関昌世,仁隼人,原島敬一郎,岸野智則:下肢arterial stiffness index (ASI) の臨床応用への可能性.第45回杏林医学会総会,三鷹,2016年11月19日.
19. 西墻周平,原島敬一郎,小林昌永,柿崎明日香,関昌世,橋本茂樹,福田直也,宮島彩,仁隼人,岸野智則:経皮的心肺補助装置(percutaneous cadio-pulmonary support, PCPS)における異物の発生を早期かつ簡便に検出する装置の開発を目指して.第3回日本血管血流学会学術集会,東京,2016年12月3日.
20.小林昌永,原島敬一郎,柿崎明日香,宮島彩,西墻周平,橋本茂樹,福田直也,関昌世,仁隼人,岸野智則:下肢arterial stiffness index (ASI):新たな動脈硬化検査法としての可能性.第3回日本血管血流学会学術集会,東京,2016年12月3日.

その他
1. 原島敬一郎:第19回日本血管血流学会学術集会 主催,東京,2019年11月3日.
所属学会 日本超音波医学会,日本脈管学会,日本臨床生理医学会,日本消化器内視鏡技師学会,日本人間ドック学会
居室・研究室 井の頭キャンパス A棟4階 A417、A棟2階 A204
メールアドレス kharashima@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 水曜日 14:30〜16:30、木曜日 13:00〜16:00 ※事前に連絡をいただけると助かります。