Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 小林 治
フリガナ コバヤシ オサム
NAME Osamu Kobayashi
職 位 教授
役職・委員(大学) 保健学部臨床検査技術学科 教授
医学部 医学教育センター学生支援室担当
医学部付属病院病院管理部 副部長
保健学部研究倫理審査委員会 委員長
医学部付属病院保険診療適正化委員会 委員長
所属研究室 保健学部臨床検査技術学科
研究テーマ・分野 ウイルス感染症、抗微生物薬、感染制御、病院管理学
担当科目(学部) 感染症・免疫学、内科学、疾病の成り立ち(保健学部)、臨床総合演習(医学部)
担当科目(大学院) 呼吸器病学、感染管理論(保健学専攻・看護学専攻博士)
兼務・兼担 医学部 臨床総合演習
略 歴 平成2年 杏林大学医学部医学科 卒業
平成10年 杏林大学大学院医学研究課程 修了
平成11年 コペンハーゲン大学付属王立病院 留学
平成12年 杏林大学第一内科 助手
平成14年 杏林大学医学部感染症科 講師
平成22年 杏林大学保健学部看護学科 教授
平成26年 厚生労働省関東信越厚生局 指導医療官
平成27年 厚生労働省関東信越厚生局 医療監視員
平成28年 杏林大学保健学部臨床検査技術学科 教授
現在に至る
所有する学位 博士(医学)杏林大学
主要研究業績 1.小林 治.高齢者への抗インフルエンザ薬早期使用の問題点は?.日本医事新報 4870, 2017, 60-1
2.小林 治.善き臨床医、善き保険医.都医ニュース 619, 2017, 4
3.北村 浩、井戸田一朗、岡山香里、大河戸光章、佐野彰彦、佐野麻里子、小林 治、河合 伸、古瀬純司.拡大肛門鏡検査によるHIV陽性者の肛門管上皮内病変の診断と治療.日本エイズ学会誌(20)1, 2018, 25-31
4.小林 治.アレルギー・呼吸器疾患 3)感染症.大気・室内環境関連疾患の予防と対策の手引き2019.日本呼吸器学会大気・室内環境関連疾患 予防と対策の手引き2019作成委員会 編.平成31年1月10日、メディカルビュー社、東京
所属学会 日本内科学会(認定内科医)日本呼吸器学会(専門医、指導医)、日本感染症学会(専門医、指導医、評議員)、日本化学療法学会(評議員、監事)、日本環境感染学会(評議員)、日本エイズ学会(認定医)、日本バイオフィルム学会(評議員)、他
公的な委員会等の役員・委員歴 日本化学療法学会雑誌;編集委員
Journal of Infection and chemotherapy ; Senior editor
日本女子体育大学医学系研究倫理審査部会 外部委員
関東信越厚生局東京事務所 保険指導医
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会専門委員
臨床工学技士試験委員
内科系学会社会保険連合委員
学外活動 東京女子医科大学呼吸器内科 非常勤講師
居室・研究室 井の頭キャンパス
オフィスアワー 毎週火曜日12時から13時 B510
学生・受験生へのメッセージ 「人生で一番勉強した」という学生生活をサポートします