Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 水谷 奈津子
フリガナ ミズタニ ナツコ
NAME MIZUTANI NATSUKO
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 准教授
所属研究室 分子生物学
研究テーマ・分野 悪性腫瘍に対する特異抗体作製、悪性中皮腫、乳癌、悪性リンパ腫を中心に
担当科目(学部) 病理学総論、病理検査学実習
略 歴 1983年4月 杏林大学保健学部臨床検査技術学科入学
1987年3月 杏林大学保健学部臨床検査技術学科卒業(学士)
1987年4月 牧田総合病院臨床検査科入職
1988年8月 牧田総合病院臨床検査科退職
1988年9月 杏林大学医学部付属病院病院病理部入職
2010年4月 順天堂大学大学院医学研究科入学(社会人)
2014年3月 順天堂大学大学院医学研究科卒業(医学博士)
2019年4月 杏林大学保健学部臨床検査技術学科へ移籍 現在に至る
所有する学位 博士(医学)(順天堂大学・甲)
所有する資格 臨床検査技師
細胞検査士
国際細胞検査士
二級病理技術士
特定化学物質4アルキル鉛等取り扱い主任者
有機物取り扱い主任者
主要研究業績 (学術論文*邦文は筆頭のみ)
1.Establishment of anti-mesothelioma monoclonal antibodies.
BMC Res Notes (2016) 9:324
Natsuko Mizutani1, ,2, Masaaki Abe2 , Shuji Matsuoka2*, Kazunori Kajino2 , Midori Wakiya2,3, Naomi Ohtsuji2 , Ryo Hatano4 , Chikao Morimoto4 and Okio Hino2
1 Department of Pathology, Kyorin University School of Medicine, 2 Departments of Pathology and Oncology, Juntendo University School of Medicine, 3 Department of Pathology,
Tokyo Medical University Hachioji Medical Center, 4 Therapy Development and Innovation for Immune Disorders and Cancers, Juntendo University School of Medicine
(抗CD10抗体、国際特許2017年)

2. Histopathological and clonal study of combined lobular and ductal carcinomas of the breast.
Pathology International 2013; 63: 297–304
Eri Tazaki,1,2 Yukiko Shishido-Hara,2 Natsuko Mizutani,2 Sachiyo Nomura,3 Hirotsugu Isaka,1 Hiroki Ito,1 Kentaro Imi,1 Shigeru Imoto1 and Hiroshi Kamma2 Department of 1 Surgery and 2 Pathology, Kyorin University, School of Medicine and 3 Department of Gastrointestinal Surgery, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Tokyo, Japan

3. Assessment of Preoperative Pancreatic Biopsy, EUS-FNA, and a Clinicopathological/
Cytological review: A Laboratory-Based Study
(submitted)

4.脳腫瘍における細胞外基質たん白質
医学検査 1994年 43巻 2号
水谷奈津子 杏林大学医学部付属病院病院病理部

5.乳腺原発Nuroendocrine carcinomaの1例
日本臨床細胞学会誌 1998:37(2):186-190
水谷奈津子、前川傑、内ヶ崎新也、住石歩、小松明男、福島久喜、山口和克
杏林大学医学部付属病院病院病理部、同医学部病理学、同第二外科

6.穿刺吸引細胞診で肺重複癌が疑われ、剖検にて確診し得た四重癌の1例
診断病理19巻1号(25-28)2001.01
水谷奈津子、前川傑、市川美雄、谷口浩和、関原正、藤岡保範、坂本穆彦
杏林大学医学部付属病院病院病理部、同医学部病理学、同第二外科

(その他)
1.脳腫瘍における細胞外基質蛋白質について−一般抄録・討論
神経病理学 1993年 12巻 3号
水谷奈津子、佐和弘基
杏林大学病理部、同医学部脳神経外科
神経病理学会発表後に討論内容も記載

2.虫垂を利用したグラム染色陽性コントロール切片の作り方
Medical Technology(0389-1887)30巻6号 Page683-686(2002.06)
水谷 奈津子, 岡崎 充宏
杏林大学医学部付属病院病理部、同病院中央検査部

3.細胞診 感染と細胞所見 ガードネレラ
臨床検査(0485-1420)50巻2号 Page124-125(2006.02)
水谷奈津子、海野みちる、坂本穆彦
杏林大学医学部付属病院病院病理部

4.細胞診 感染と細胞所見 アメーバ
臨床検査(0485-1420)50巻10号 Page1078-1081(2006.10)
水谷奈津子、海野みちる、坂本穆彦
杏林大学医学部付属病院病院病理部

5.腫瘍の細胞診 乳腺良性腫瘍
臨床検査(0485-1420)51巻1号 Page4-6(2007.01)
水谷奈津子、海野みちる、坂本穆彦
杏林大学医学部付属病院病院病理部

6.腫瘍の細胞診 乳腺悪性腫瘍
臨床検査(0485-1420)51巻2号 Page126-128(2007.02)
水谷奈津子、海野みちる、坂本穆彦
杏林大学医学部付属病院病院病理部
所属学会 日本臨床細胞学会、日本癌学会、日本乳癌学会、日本病理学会、日本医学検査学会、杏林医学学会
学外活動 順天堂大学医学部協力研究員
居室・研究室 井之頭キャンパスF301 内線6320(居室)
メールアドレス natsuko@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 水木10〜16時(事前にメールか電話必要)左記以外も居る時は大丈夫です
学生・受験生へのメッセージ 資格を取って臨床経験を積む事はとても大事で苦労も多いですが、4年制大学なので可能ならその先も是非目指してください。

http://mizutani-kenkyu.cocolog-nifty.com/blog/