Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 井上 孝隆
フリガナ イノウエ ヨシタカ
職 位 准教授
所属研究室 救急救命学科
兼務・兼担 医学部兼担
略 歴 産業医科大学医学部医学科卒(平成16年卒業)
留学経験:米国ハーバード大学 MGH 外科
所有する学位 博士(医学)(杏林大学)
主要研究業績 Inoue Y., Liu YM., Otawara M., et al.: Resolvin D2 Limits Secondary Tissue Necrosis After Burn Wounds in Rats. J Burn Care Res. 2018 Apr 20;39(3):423-432.
Shoji T., Tarui T., Inoue Y., et al.: Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta Using a Low-Profile Device is Easy and Safe for Emergency Physicians in Cases of Life-Threatening Hemorrhage. J Emerg Med. 2018 Apr;54(4):410-418.
Jones CN., Hoang AN., Inoue Y., et al.: Microfluidic assay for precise measurements of mouse, rat, and human neutrophil chemotaxis in whole-blood droplets. J Leukoc Biol. 2016 Jul;100(1):241-7.
Inoue Y., Yu YM., Kurihara T., et al.: Kidney and Liver Injuries After Major Burns in Rats Are Prevented by Resolvin D2. Crit Care Med. 2016 May;44(5):e241-52.
Boneschansker L., Inoue Y., Oklu R., et al. Capillary plexuses are vulnerable to neutrophil extracellular traps. Integr Biol (Camb). 2016 Feb;8(2):149-55.
井上孝隆, 山口芳裕, 島崎修次(分担執筆):(臨床工学技師のための)外傷学総論. 臨床医学総論. 篠原一彦, 小谷透, 東京, 医歯薬出版株式会社, 2012. P.269-284.
井上孝隆, 山口芳裕(分担執筆): 成人の脾損傷. 脾臓 基礎と臨床. 冲永功太, 東京, へるす出版, 2011. P.83-89.
井上孝隆, 山口芳裕, 島崎修次(分担執筆): 災害医療. 薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト. 日本病院薬剤師会, 日本臨床救急医学会, 東京, へるす出版, 2011. P.323-327.
井上孝隆, 山口芳裕(分担執筆): 外傷、熱傷患者の栄養管理. 臨床栄養医学. 日本臨床栄養学会, 東京, 南山堂, 2009. P. 451-456.
居室・研究室 F棟 201号室
オフィスアワー 火曜日 12:00-13:00