Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 斎藤 聖子
フリガナ サイトウ ショウコ
所属学科 臨床心理学科
職 位 助教
担当科目(学部) 知覚・認知心理学入門,心理学実験1,心理学実験2,神経・生理心理学
略 歴 【学歴】
中央大学文学部人文社会学科心理学専攻 卒業
中央大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程 修了
中央大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程 修了

【職歴】
東京都立駒込病院 非常勤職員
武蔵野大学通信教育部人間関係学科 非常勤講師
武蔵野大学 非常勤講師
昭和大学神経内科 非常勤職員
杏林大学医学部病態生理学教室 特任助教
所有する学位 博士(心理学)(中央大学)
所有する資格 公認心理師
主要研究業績 【論文】
●Midorikawa, A., Saito, S., Itoi, C., Ochi, R., Hiromitsu, K., Yamada, R., & Shinoura, N. (2019). Biased recognition of surprised facial expressions following awake craniotomy of a right temporal lobe tumor. Frontiers in psychology, 10, 1908.
●Hiromitsu, K., Asai, T., Saito, S., Shigemune, Y., Hamamoto, K., Shinoura, N., ... & Midorikawa, A. (2018). Measuring the sense of self in brain-damaged patients: A STROBE-compliant article. Medicine, 97(36).
●Shinoura, N., Midorikawa, A., Hiromitsu, K., Saito, S., & Yamada, R. (2017). Preservation of hearing following awake surgery via the retrosigmoid approach for vestibular schwannomas in eight consecutive patients. Acta neurochirurgica, 159(9),1579-1585.
●斎藤聖子・緑川晶 (2016).優柔不断尺度の作成と信頼性および妥当性の検討 心理学研究 87,535-545.
●斎藤聖子・緑川晶(2016).再履修学生の発達障害的な特性と先延ばし傾向に関する研究 CAMPUS HEALTH,53(2)127-132.
●Itoi, C., Hiromitsu, K., Saito, S., Yamada, R., Shinoura, N., & Midorikawa, A. (2015). Predicting sleepiness during an awake craniotomy. Clinical neurology and neurosurgery, 139, 307-310.
●斎藤聖子・緑川晶(2015).優柔不断さを測定する尺度作成のための予備的研究 人文研紀要 80,93-110.
所属学会 日本心理学会 日本認知心理学会
居室・研究室 看護・医学教育研究棟612
オフィスアワー 水曜11時30分―12時15分(三鷹看護・医学教育研究棟612)