Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 加藤 雅江
フリガナ カトウ マサエ
NAME Masae kato
所属学科 健康福祉学科
職 位 教授
役職・学園委員会 地域交流委員会
虐待防止委員会
ハラスメント防止対策委員会
略 歴 1990年上智大学文学部社会福祉学科卒業
1990年杏林大学医学部付属病院入職
精神保健福祉士として勤務
2020年杏林大学保健学部に異動
所有する学位 精神保健福祉士・社会福祉士
所有する資格 精神保健福祉士
社会福祉士
主要研究業績 病院における虐待防止の取り組み2016 日本重症心身障害者学会
救命救急センターにおける自殺対策とソーシャルワーカーの支援の試み2017 精神神経学雑誌
何のために情報共有するのか 子どもが希望を持てる明日のために2018 特別支援教育士資格認定協会
Constructing Systems of Community Involvement through Children’s Community Spaces 2019 杏林大学研究報告、共著
子育て支援における「子育ち」ケア視点の必要性に関する試論ー居場所作りプロジェクトだんだん・ばぁの事例からー2020杏林大学研究報告 共著
コロナ禍で見えた「家」の孤立と求められる子育て支援−2021杏林大学研究報告
所属学会 日本精神保健福祉士協会 日本子ども虐待医学会 日本子どもの虐待防止学会
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働省社会保障審議専門委員 子ども家庭福祉に関し専門的な知識・技術を必要とする支援を行うものの資格の在り方その他資質の向上に関するワーキンググループ
三鷹市要保護児童地域協議会委員
日本精神保健福祉士協会 常任理事
日本子ども虐待医学会 代議員
子どもの虐待防止センター 評議員
社会福祉法人みたか福祉会 理事
社会福祉法人 むうぷ 理事
三鷹市 鷹南学園コミュニティ・スクール委員
学外活動 NPO法人居場所作りプロジェクトだんだん・ばぁ理事長
居室・研究室 B棟510
メールアドレス mfukushi@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 火曜日 15時から17時 B棟510
学生・受験生へのメッセージ 三鷹市で子どもの居場所作りをしています。関心のある人は声をかけてください。
関連サイト 居場所作りプロジェクトだんだん・ばぁ