Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 加藤 庸介
フリガナ カトウ ヨウスケ
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 助教
所属研究室 臨床血液学研究室
担当科目(学部) 血液学、血液検査学、血液検査学実習
略 歴 2002年4月-東京慈恵会医科大学附属第三病院中央検査部
2020年4月-東京慈恵会医科大学附属病院中央検査部
2021年4月-杏林大学保健学部臨床検査技術学科
所有する学位 保健衛生学士
所有する資格 臨床検査技師
認定血液検査技師
認定骨髄検査技師
一級臨床検査士(血液学)
主要研究業績 論文
1.横山雄介,加藤庸介,中田瞳,高山智美,森田由紀,阿部正樹,中田浩二:XE-5000を用いた胸水中腫瘍細胞検出の試み.日本検査血液学会雑誌,19巻3号,297-305,2018
2.加藤庸介:検体検査のピットフォール(血液学検査).臨床病理,第64巻5号,586-594,2016
3.高山智美,加藤庸介,中田瞳美,横山雄介,平田龍三,大西明弘:XE-5000を用いた骨髄有核細胞数自動測定法の検討.日本検査血液学会雑誌,第17巻3号,313-321,2016
4.井上寛,酒井香菜子,丹羽厚子,加藤庸介,吉田栄,井出尚一,渡邊孝子,池田勇一, 大西明弘:新しい凝固マーカー「可溶性フィブリン(SF)」の有用性.東京慈恵会医科大学雑誌,第126巻5号,199-200,2011
5.石本歩,上村彩乃,下條文子,鳥塚純子,石井敬子,星野陽子,小野瀬志美,加藤庸介,宮本博康,秋月摂子,白石正孝,平井徳幸,大西明弘:動脈硬化の指標,血圧脈波(CAVI)検査の当院における現状.東京慈恵会医科大学雑誌,第125巻2号,74,2010
6.加藤庸介, 吉澤辰一, 軽部紀代美, 宮本博康, 鈴木晴美, 横山雄介, 井出尚一, 平徳幸, 大西 明弘:思わぬ検査のピットホール.東京慈恵会医科大学雑誌,第123巻3号,181-182,2008
7.鈴木晴美, 渡邊優子, 加藤庸介, 宮本博康, 横山雄介, 木杉玲子, 阿部郁郎, 大西明弘:当院教職員健診データの解析 尿・血液検査.東京慈恵会医科大学雑誌 第123巻1号,48-49,2008
講演
1.加藤庸介:たかが赤沈されど赤沈.(社)埼玉県臨床検査技師会 生涯教育研修プログラム,大宮,2016年2月25日
2.加藤庸介:検体検査のピットフォール(3)血液学検査.第27回日本臨床検査医学会関東甲信越支部総会,柏,2015年11月14日
3.加藤庸介:赤沈の必要性を検査室に!! 臨床データの見方と最新検査法.第52回日臨技関甲信支部医学検査学会,長野,2015年10月17日
4.加藤庸介:赤沈を学ぼう!! 最新の全自動測定装置ROLLER20PNの基礎的検討の報告.第51回日臨技関甲信支部医学検査学会,日光,2014年9月27日
学会発表
1.加藤庸介,高山智美,横山雄介,阿部正樹,中田浩二:当検査部で経験した脾濾胞辺縁帯リンパ腫SMZLの2症例.第20回日本検査血液学会学術集会,奈良,2019年7月6日
2.加藤庸介,高山智美,横山雄介,阿部正樹,中田浩二:XN-1000を用いた胸水中腫瘍細胞検出の試み.第18回日本検査血液学会学術集会,札幌,2017年7月22日
3.加藤庸介,高山智美,横山雄介,平田龍三,大西明弘:自動赤血球沈降速度測定装置ROLLER20PNとESR6000-BPの比較.第16回日本検査血液学会学術集会,名古屋,2016年7月11日
4.加藤庸介, 井上寛, 井出尚一, 根本淳, 竹内行浩, 福永真治, 池田勇一, 大西明弘, 山口祐子, 薄井紀子:flower cellとは異なる低分葉したリンパ球を認めたATLLの1例.第12回日本検査血液学会学術集会,岡山,2011年7月11日
5.加藤庸介,井出尚一,宮本博康,渡邊孝子,池田勇一,大西明弘:B-cell lymphoma,unclassifiable with features intermediate between DLBCL and BLの1例.第11回日本検査血液学会学術集会,東京,2010年7月24日
6.加藤庸介,宮本博康,伊藤照美,木杉玲子,中嶋孝之:TBA-200FRによる高感度CRP測定試薬の基礎的検討.第53回日本医学検査学会,富山,2004年5月14日
所属学会 日本臨床衛生検査技師会 、日本検査血液学会 、日本臨床検査同学院
居室・研究室 A522
メールアドレス yosuke-kato@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜、火曜、木曜、金曜の10-12時、14-16時