search

Menu

大学ホーム保健学部学部概要 教育方針

学部概要

教育方針

1.建学の精神 ―「眞・善・美の探究」―

「眞」とは、真実、真理。すなわち学問のことであり、大学における学問とは、自ら進んで大いに学び研究するということです。「善」とは、倫理観をもった良き人柄、人格を意味しており、他人に対する優しさと思いやりをもつ人柄に自分を作り上げるということです。「美」は、こうした「眞」と「善」を実行し、自然を愛し、他人を尊重し、自らの身を持するのに厳であれば、自然に美しい立派な風格を持った人間になるということです。
つまり、学問をして、人のために尽くすことのできる国際的な人材を育成することが本学の目的です。

2.保健学部の教育理念

保健学部は、本学の建学の精神である「眞・善・美の探求」にもとづいて、保健・医療・看護・福祉の分野で、専門知識と技術を教授し、科学的なものの見方と思いやりを涵養して、将来広い視野から物事をとらえ、人々がより健康的に生きることをサポートできる人材を育成することを目的としています。

3.保健学部に開講する学問領域

保健学とは「健康の科学」です。基礎医学的な知識と医学における疾病予防の歴史をふまえて、新たに健康を中心とする視点から諸科学を展開した学際性の高い科学です。杏林大学保健学部では、幅広い保健学の分野から、医学検査、学校保健、看護学、医工学、救急医学、理学療法、作業療法、診療放射線技術、社会福祉、衛生管理、食品衛生などに関連した授業科目を配置しています。

本学で得られる資格は、保健学分野の知識や技術を社会に活かすために必要とされるだけでなく、その知識や技術に更に磨きを掛ける指針であり、将来の目標でもあります。また、大学生として、保健学の広がりを理解し、それぞれの進路に要求される資質を伸ばすよう努めてください。

ポリシー

アドミッションポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー

ポリシーについては、こちらをご参照ください。

このページのトップへ

PAGE TOP