search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 関澤 浩一
フリガナ セキザワ コウイチ
NAME Koichi Sekizawa
職 位 講師
役職・委員(大学) 教務委員会(教務)委員、研究委員会(共通施設・設備)委員、教職課程運営委員会委員、教職課程小委員会委員
研究テーマ・分野 1) 染色体検査教育のための核型分析学習ソフトウェアの開発と改良,2) 3D-FISH法を用いた間期核における染色体テリトリーの核内配置解析,3) アリールスルフィン酸を利用した悪性黒色腫の診断及び治療の開発に関する基礎的検討
担当科目(学部) 人類遺伝学、遺伝子・染色体検査学及び実習、細胞生物学、生物学1ー2、生物学A-B、就労支援概論、社会福祉経営論、ボランティア活動、医学基礎実習、その他オムニバス形式での講義など
担当科目(大学院) 臨床細胞遺伝学特論
略 歴 1987年 杏林大学保健学部保健学科 卒業
1987年 株式会社 東機貿
1991年 杏林大学保健学部 助手
2007年 同 講師  
現在に至る
所有する学位 博士(保健学)
所有する資格 臨床細胞遺伝学認定士(日本人類遺伝学会認定:第139号),衛生検査技師免許(第44778号)
主要研究業績 <学術論文,書籍,特許>
・亀崎路子1,関澤浩一,海谷千波2,渡辺剛3 (1杏林大学保健学部、2杏林大学外国語学部、3杏林大学総合政策学部):三鷹市・羽村市の小中学校におけるインターンシップ実践報告 〜養護教諭志望学生の学校体験活動を通じた学びの成果と課題〜.杏林教職課程年報 第5号,67-78,2018
・関澤浩一,亀崎路子1,海谷千波2,渡辺剛3 (1杏林大学保健学部、2杏林大学外国語学部、3杏林大学総合政策学部):三鷹市・羽村市の小中学校におけるインターンシップ実践報告 〜養護教諭を目指す杏林大学保健学部のインターンシップ実施学生を対象とした質問紙調査および活動報告書から〜.杏林教職課程年報 第4号,85-95,2017
・関澤浩一, 平岡 厚1, 白尾美佳2 (1株式会社バイオリサーチ, 2実践女子大学生活科学部):ブレオマイシンのFenton反応によるヒト末梢血リンパ球の染色体異常誘発に及ぼす諸抗酸化剤の抑制効果について 〜培養細胞系を用いた検討〜.日本未病システム学会雑誌 23(2):11-22,2017
・関澤浩一,加藤誠久,田村高志,黒澤健司1,田辺秀之2,岸 邦和:(1神奈川県立こども医療センター・遺伝科,2総合研究大学院大学・先導科学研究科):染色体検査教育のための核型分析学習ソフトウェアの開発及びその評価.臨床検査学教育 5(1):26-32,2013
・Hiraoka A, Kondo H., Sekizawa K and Kishi K,Arylsulfonyl derivatization with arylsulfinates of dopaquinone employing endogenous tyrosinase and dopa in cultured melanoma cells. Peptide Sci. 2012, 119-122, 2013
・関澤浩一,加藤誠久:核型分析学習プログラムおよび核型分析学習装置,染色体画像切り出しプログラムおよび染色体画像切り出し装置.特許庁.特許第5121074号,特許権者_学校法人杏林学園,許登録日2012年11月2日
・Sekizawa K, Takahashi A, Kishi K and Tanabe H1,(1Department of Evolutionary Studies of Biosystems, School of Advanced Studies, The Graduate University for Advanced Studies (Sokendai), Hayama, Kanagawa, Japan.),Analysis of three-dimensionally relative positioning of chromosome 21 territories by 3D-FISH techniques in cell nuclei of cell lines established from peripheral blood lymphocytes of persons with Down's syndrome. In,Advances in chromosome sciences Vol. 3. Hiroshima, The Society of Chromosome Research, 2010. p. 173-174
・Sekizawa K, Suzuki T and Kishi K,Cytogenetic study of the induction mechanism of chromosome-type aberrations by 1-β-D-arabinofuranosylcytosine. Mutation Research / Fundamental and Molecular Mechanisms of Mutagenesis, Vol. 619: 1-8, 2007
・岸 邦和,関澤浩一,竹内千恵子,朝野 聡:大学における遺伝教育への提言 −学習指導要領・教科書・大学入学試験および大学生への調査を基に−.日本遺伝カウンセリング学会誌 24(2):101-108,2003.
・関澤浩一,朝野 聡,岸 邦和:遺伝性疾患の出生前診断と保因者診断に対する大学生の意識.思春期学 19(2):201-209,2001
・関澤浩一:アフィディコリンによるヒト末梢血リンパ球のG1期でのDNA修復合成阻害効果.杏林医会誌 30(1):85-88,1999
・関澤浩一,岸 邦和:ヒト細胞G1期の染色体組換え誘発機構 −除去修復過程の組換えへの関与−.杏林医会誌 28(3):219-227,1997
・Kishi K and Sekizawa K,Evidence for excision repair-dependent and -independent processes in AraC -induced chromosome rearrangements in G1 human lymphocytes.Environ Mol Mutagen, Vol. 22(4): 271-274, 1993
<学会発表 過去3年>
・Koichi SEKIZAWA, Tomohisa KATO1, Atsushi HIRAOKA2, Mika SHIRAO3 and Hideyuki TANABE4,(1Faculty of Health Sciences, Kyorin Univ., 2Bioresearch Inc., 3Faculty of Human Life Sciences, Jissen Women’s Univ., 4Department of Evolutionary Studies of Biosystems, School of Advanced Sciences, SOKENDAI),Inhibitory effects of various antioxidants on bleomycin-induced chromosomal aberrations.The 68th Annual Meeting of the Scociety of Chromosome Research, akushikaikan, Hiroshima Univ., Higashi-Hiroshima,Oct. 5-7, 2017
・平岡厚1、関澤浩一、長嶋潜2、近藤浩文1 (1 株式会社バイオリサ−チ、2株式会社ナックテクノサービス):C-F結合を持つ有機化合物を投与された細胞中Fのイオンクロマトグラフィ−による定量.第27回クロマトグラフィー科学会議,2016年11月16-18
・Sekizawa K, Kato T1, and Tanabe H2,(1Faculty of Health Sciences, Kyorin University, Mitaka, Tokyo, Japan and 2 Department of Evolutionary Studies of Biosystems, School of Advanced Studies, The Graduate University for Advanced Studies (Sokendai), Hayama, Kanagawa, Japan.) , Interphase FISH technique using the scalp hair follicle cells: basic evaluation as a chromosomal test. The 67th Annual Meeting of the Scociety of Chromosome Research, The University of Tokyo Yayoi Auditorium, Ichijo Hall / Annex, Tokyo, Nov. 3-4, 2016
・Sekizawa K, Hiraoka A1 and Shirao M2 (1Bioresearch Incorporated, Kobe and 2Faculty of Human Life Sciences, Jissen Women,s University, Tokyo), Suppressive Effects by Antioxidants on Bleomycin-Induced Chromosome Aberrations in Cultured Human Lymphocyte Cells. The 26th Symposium on Role of Metals in Biological Reactions, Biology and Medicine (SRM2016); Sapporo, Hokkaido Univ. Jun. 17-18, 2016
・Sekizawa K, Kato T1, and Tanabe H2 (1Faculty of Health Sciences, Kyorin University, Mitaka, Tokyo, Japan and 2 Department of Evolutionary Studies of Biosystems, School of Advanced Studies, The Graduate University for Advanced Studies (Sokendai), Hayama, Kanagawa, Japan.) : Computer simulation analysis of the three-dimensional relative positioning of chromosome 21 territories in the human 21 trisomy cell nuclei. The 13th International Congress of Human Genetics (ICHG 2016), Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto), Apr. 3-7, 2016
・田辺秀之1,加藤誠久2,関澤浩一(1総合研究大学院大学・先導科学研究科,2杏林大学・保健学部) : トリソミー細胞における染色体テリトリーの核内配置解析.第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会合同開,松島,2016年1月12-14日
・Hiraoka A1 and Sekizawa K (1Biores. Inc.) : Enhancement by arylsulfinates of the bleomycin-induced damage to cultured melanoma cells. The 52th Japanese Peptide Symposium 2015, Hiratuka, Japan, November 16-18, 2015
所属学会 染色体学会,日本環境変異原学会,日本人類遺伝学会,杏林医学会,日本思春期学会,日本遺伝カウンセリング学会,染色体研究会,日本未病システム学会,他
居室・研究室 井の頭キャンパス A棟4階420,B棟3階315 他
メールアドレス sekizawa@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 平日 8 :00から9 :00までと12:20から13:00まで  A420室
関連サイト ヒト核型分析学習ソフトウェアのダウンロード
このページのトップへ

PAGE TOP